12月17日

IMG_3630
comm.arch   Mid - Neck Hand Knitted Jumper

color      Camel    

price      42000+tax              

SIZE       4 SOLD  
IMG_3634

IMG_3636

IMG_3645
メンズニットブランド″comm.arch”から届いたのは、年々と少なくなっている希少な日本人のニッターにより
作られている最高峰のハンドメイドニット″Mid - Neck Hand Knitted Jumper″
その見た目の美しさであったり、触れた瞬間に指先から伝わる感触・空気にぞくっとさせられます。
展示会で見た時にも一際存在感を放っていたニットで、僕自身も興奮して真っ先に試着させてもらったのですが
身体にストレスを感じない包み込む様な程良いテンションと温かみのある素材感、手編みというのにこの価格設定という
事に対してとても驚かされました。その後デザイナーの高橋さんとお話をさせて頂いたのですが″comm.arch″
というブランドを具現化する為に欠かす事の出来ないアイテムの1つで、手に取り易い価格でハンドメイドニットを体感して
頂きたいという想いがあって作り続けているとの事でした。
手編みは手編みしか出来ない良さがあり、機械編みには機械編みにしか出来ない事があるのでどちらが良いとは
言い切れないですが、絶妙なテンションの塩梅は人の手でしか出来ない匠の技があると思うのと同時に
こういった手仕事がされているものを、扱う側としてお客様にきちんと伝える義務があると感じました。
今までも幾つか手編みのニットを購入し着てきましたが、それとはまた違った日本人の繊細さを感じられる素晴らしい
着心地で、これから体型が圧倒的に変わらない限りメンテナンスをしながら愛着を持って着ようと思っています。
ニットはカットソーなどと違って消耗品にはなりにくいメリットがあるので、大切に扱う気持ちがあればカタチも崩れずに
じっくりゆっくりと付き合える大事な1枚になる得ると思います。
IMG_3648

IMG_3656

IMG_3657
首元は少しだけ高さを出したモックネックタイプでインナーにシャツの合わせも良いのですが、個人的にはサーマルなどを合わせて
すっきりと魅せる方が、このニットには相性が良い様に感じています。
素材には南米産のベビーアルパカとオーストラリア産のウールを混紡してミドルゲージに仕立てています。ベピーアルパカ自体は
高級糸として有名でそれを惜しみなく全体の40%程使用をしています。カラーに関してもあえて染色を行わずに
糸本来が持っている原毛をそのままを用いています。柔らかで弾力性を持ち合わせた糸は自然本来の深みのある
発色でニット専門ブランドならではの拘りと良さを十分に感じて頂けると思います。
IMG_3649

IMG_3650
シルエットは身頃が程よくゆったりとした作りで、肩線は身頃に対して直線的についていますので肩を少し落として
着るようなイメージになります。
IMG_3652

IMG_3658
袖・裾のテンションの具合もきつ過ぎず緩過ぎず丁度良く絶妙なバランスに仕上がっています。
どちらも編地を2段階に変えているのが特徴で、日本人ならではの繊細な手仕事を感じる事の出来る
ディティールだと思っています。
IMG_3659

IMG_3661

IMG_3663

IMG_3665

IMG_3677
僕自身も岩手県に来てから4年になりますが、以前に住んでいた所と比べると手仕事のモノをより身近に感じる事の
出来る土地だと実感しています。だからと言って手仕事のモノが全て良いという考えではなく、それに見合うデザインや
普段使い出来る汎用性や価格設定などバランスが一番重要だと思っています。
comm.archが作る″Mid - Neck Hand Knitted Jumper″はそういった事を複合的に判断して素晴らしい逸品だと
思っていますし、袖を一度通して頂ければ他との違いをしっかりと感じて頂けると思います。
人の手の温もりを感じる事の出来るニットを是非店頭でお試しください。

rasiku sasaki

PageTOP