12月22日

冬至の日。
今日まで大きな怪我もなく一年過ごせたこと、そしてまた明日からも日々健康で
過ごしていけます様にと。
さて、年末年始の営業日程などのお知らせがまだでしたのでご案内を後程。
そして明日は23日祝日ですが、rasikuは定休日となっておりますので
お間違いないよう、どうぞよろしくお願い致します。
IMG_4003
homspun   TOPメルトン VネックショートJK

color     ネイビー 

price     32000+TAX

SIZE     M SOLD 

IMG_3939
homspunのアウター、今季はダッフルがメインでしたがもう一型どうしても外せなかったのはこのVネックジャケット。
北国ではアウターとして着るには、もしかすると心もとないかも・・・とは一瞬考えましたが、
それはそれ、これはこれ。室内だったら丁度良いのでは?車の人なら丈も短くて良い!と
理由を付けてオーダーいたしました。ですので、ショート丈アウターお探しの方はぜひ!とお勧めしたい一着です。
IMG_3912
素材はウール100%の目が詰まったメルトン。ダッフルコートよりは薄手になりますが、
それでもしっかりとした生地感は何とも言えぬ安心感があります。
サイズ感は元々そこまで大きくなく、コンパクトな印象だったのでMサイズのみのオーダー。
Vネックに三つ釦。カーディガンの様なジャケットですので、肩ひじ張らずに着て頂けると思います。
IMG_3929

IMG_3933

IMG_3935

IMG_3937

IMG_3941

IMG_3943
さり気ない肩のドロップ具合に、心擽るポケットの形。
homspunならではのステッチワークは今回もしっかりと内側まで行き届いています。
華やかな可愛さとはまた異なる、homspunにしか生み出せない可愛さというのがあるなと
いつも届く洋服を見る度に思いますし、それは自分にしか分からない部分かもしれなくても
それでもいいなと思ってしまう様な、清々しい満足感を得られるのです。
IMG_3948

IMG_3950

IMG_3952

IMG_3925
横から見た際の裾の形は、シャツでも良く見られるディティールで、個人的にもお気に入りです。
後姿は至ってシンプルですが袖付けのデザインによりどうしても腕後ろ付近にもこもこっと
生地が溜まります。着始めは生地も固いのでよりですが、馴染めばもう少し見え方も変わると
思いますが、どううしてもそうなってしまうので気になる方もいるかもしれません。
このデザインだから好きだなぁと思って頂ける方に、出逢ってもらえたら嬉しいです。
メルトンのジャケット、他にはなかなか無い一着だと思います。
IMG_3955
homspun   120/2 ポプリン リボンタートルBL

color     ブルーストライプ 

price     21000+TAX

SIZE     M SOLD  

IMG_3962
ジャケットの下からちらちらと覗いていたストライプシャツ。こちらもhomspunのものですが、同じくなかなか
無いであろうなと思う、シャツ地のタートル。展示会で見た際にも、まずは着方を教わるほどの
手強さですが、それ以上に可愛さと好奇心が勝って選んだ一枚です。
IMG_3964
どういうデザインで、どの様にして着るか・・・。は説明が長くなりそうで見て頂くのが一番ですが、
先ず、左肩に並ぶ包み釦は飾りでは無く一つ一つ外さないと頭が通りません。
釦も慣れるまではスムーズにいきませんので、着る際には時間に余裕を持って着て下さい。
というのはお伝えしたいです。笑
IMG_3965

IMG_3970
肩周りや身頃はすっきりですが、袖は気持ちたっぷりとしたサイズ感。
ぱりっと爽やかな生地は普段の日にも着て頂きたいですが、ほんの少し特別な日
気合を入れたい日の装いとして、きりっとスカートやパンツに合わせてヒールなど。
そんな合わせも試してみて頂きたいなと思いました。
IMG_3973
タートル部分を包むように首の後ろでリボンを結ぶ。何と言っても惹かれたのはこの姿です。
リボンといってもブラウスと同布なので決して甘すぎないですし、ジャケットやカーデを羽織った際に
ちらっと後ろにリボンが覗いるなんて想像すると、素敵です。
IMG_3985
カフスも同様に包み釦。
IMG_3990

IMG_3992
ジャケットとも相性ぴったりだった裾のカッティング。
全体的に前と後ろで印象が違うのも、このブラウスのポイントです。
IMG_3995
タートル部分は綺麗に形を整えても良いですし、すこし折り曲げたり、くしゃっと無造作にしたり
また着方の工夫次第ではリボンを首後ろで結ばずに、前で棒タイのように垂らしてみたり・・・など
着る人次第で見え方も変わるブラウスだと思います。
ジャケット同様、誰にでも合う服では無いかもしれませんが、だからこそ着たいと思う方に
出逢って頂けたら良いなと思います。どちらもきっと、わくわくして頂ける服です。

rasiku  sasaki

PageTOP