お知らせ

IMG_5490
2016年がはじまり、1月も今日で終わり。
この数日は、メッセージやお花など色んな方に温かい気持ちを頂きました。
本当にありがとうございます。
正直まだまだこれから!といった気持ちですが、この場所から自分達の出来る事で、
お返しと言うよりも、しあわせになったり喜んで頂けることをし続けられたら良いなと思います。
新たな季節を知らせる洋服が各ブランドからも届いてきておりますので、楽しみにして頂けたら嬉しいです。

そこでお知らせになりますが、2月2日(火曜日)は店内商品入れ替え作業の為
お休みとさせて頂きます。3日(水曜日)は定休日ですので連休となります。
明日は通常通りの営業ですので、ぜひ
どうぞ、宜しくお願いいたします。

1月30日

IMG_5458
STYLE CRAFT   SB-02(DEER)

color          BLACK

price         86000+tax

SIZE         50×43×12 SOLD
IMG_5462

IMG_5467
DEER SKIN(鹿革)を用いたショルダーバッグ″SB-02″
以前にも一度違う素材(NUBACK)で展開した事がありましたが、今回はSTYLE CRAFTの真骨頂とも
言えるDEER SKINで最も汎用性の高いカラーBLACKでオーダーをしています。きめの細かなシボと鹿同士の角で
ついた小さな傷も、あえて風合いとしてそのまま残す自然な仕上がりになっています。
手に触れた時の柔らかな質感とキックバックのあるしなやかさは、自然本来が持っている力を感じて頂けると思います。
バッグの形状も荷物を入れて持つとフタが自然と閉じるような構造になっていて、パーツや機能性を最小限にとどめた
美しく完成されたデザインが魅了します。使用していくうちに、より自分の身体に添うようになってきますので
レザーならではの経年変化と共に一緒に年齢を重ねていけるバッグになると思います。
IMG_5487

IMG_5468

IMG_5472
素材に用いられている鹿革は見た目の大きさ以上に、手に取った際の軽さも特徴の1つ。
店頭で接客をする中でレザーのバッグは使っていて重さが気になるという方も多くいらっしゃいますが、
STYLE CRAFTのバッグ自体がとても軽く作られていて、その中でも鹿革は他の革より軽く感じられると思います。
内側はネパール産のワイルドヘンプを使った生地を組み合わせている事も軽量化に繋がっています。
これから春先にかけてコットン素材のコート等に合わせると抜群に雰囲気が出せますし、ワードローブに1つレザーのバッグが
あるだけで気分や着こなしも変わってくると思います。機能面や価格だけを見れば安い買い物ではないと思いますが
レザーにしかない持った時の質感や雰囲気は、他の素材では味わう事が出来ない特別なものになると思います。
修理やリペアなどにもきちんと対応してくれますので、一過性では無い職人気質のアイテムと付き合ってみるというのも
想像以上の新たな発見があるのかもしれません。
IMG_5474

IMG_5480
インナーは内ポケットが1つ付きます。
上記でも説明した通り、雰囲気抜群のヘンプ生地とを組み合わせて作製されています。
IMG_5448

IMG_5454

IMG_5444

IMG_5433

IMG_5434
レザーのバッグはお手入れなどを気にされたり、気軽に持つ事への不安などを感じる事もあるかもしれませんが
使っていく事で少し擦れたり、シミがついたりちょっとした味がある方が格好良く見えたりしますので、
神経質にならずに使って頂きたいです。
STYLE CRAFT本店にもサンプルとして飾ってある鹿革のトートバッグがあるのですが、底面などが擦れていて
それがとても良い表情となっていて、僕自身その鞄を見た時にこれぐらいになるまで使い込みたいと
想いましたし、持ち主が一緒に過ごした時間が歴史が刻まれた物や服には、何にも変え難い良さがあり
それは簡単に真似できるものでもないからこそ、心が動かされますね。
男性・女性問わずのデザインですが背中に背負った際のボリュームをみると、男性に持って頂きたいショルダーバッグです。
クタクタになってもリペアなどを繰り返して大切に使って頂きたい・・・そんな気持ちにさせられる逸品です。

rasiku sasaki

4

1月29日(勝手に、良い服の日と決めた日)rasikuをオープンして4年が経ちます。
月日の流れが経つのは早かったのか遅かったのかは、自分では何とも言えないでいるのですが
31歳で独立をして気付けば35歳。そう思うと、あ、4年経ったんだなという事は実感できます。
オープンした時は4年後の姿なんて想像がついていなくて、でもいざ4年経つと考え方であったり
人との繋がりだったり自分の中で変化している事があって、それがとても面白く感じています。
今こうして毎日を過ごしお店を開けていられるという事は、洋服を生み出すメーカーの方達と、
そして僕らが選んだ洋服を良いと思って購入して下さるお客様、沢山の方々の支えがあってこその事で、
こうして今日も夫婦二人で何ら変わらずお店に立っていられる事を心から感謝いたします。
4年前のオープンの日は、小学校入学式当日の様な・・・″ソワソワ″と″ワクワク″した気持ちが入り混じって
でもどこか集中しているというか気持ちが澄んでいて、今なら何でも出来る!そのぐらいの
エネルギーが溢れていた事。そんなことを鮮明に思い出します。
もっと気温が低くて、雲が空一面に架った冬らしい日だったなと・・・
景色や匂いを思い浮かべながら、今日もいつも通り店の看板を外に出しました。
IMG_5352
僕がこうして洋服屋をやる事になったルーツというかきっかけは何だったかな・・・と、ふと思う事があり
出張のタイミングでもう一度自分の目と肌で感じていた洋服との時間を振り返ろうと思ってその場所に行ってきました。
僕は20歳になるまでは神奈川県の鎌倉に自宅がありました。自分が記憶している中ではっきりと意識して
洋服を本当に好きになったと思うのは中学生の頃でした。
小学生の頃は行動できる範囲が決まっていた事もあり、それが中学生になると自転車や電車などを利用して
冒険出来る場所が圧倒的に広がったのが、洋服にのめり込んでいった理由の1つなのかもしれません。
もしこれが地元にある限られたお店だけに行っていたら、きっとこんな風になっていなかったと思うし
ある意味であの頃から貴重な体験をしていたのかもしれません。
その当時は中学生なので洋服を満足に買えるだけのお金ももっているはずがなく、たまに貰える親からの
お小遣いや遠足の前は遠足用にと洋服を買わせてくれるので、隣町の藤沢市まで自転車で約30分~40分くらい
かけて行き、古着屋さんを1軒1軒端から端まで見るというのが楽しみでもありました。
それでは飽き足らずお正月などでお年玉などを貰うと、それを握りしめてその藤沢から小田急線に乗って
下北沢まで古着を買いに行く中学生になっていました。
なぜ下北かというと良質な古着が安価で買う事が出来たのと、また当時学校で格好良い(イケテル!?)人達は
下北沢までわざわざ行って洋服を買っていた・・・という単純明快な理由から。
電車に揺られ1時間弱で目的の下北沢に到着します。駅を降りて商店街を抜けてまっしぐらに目的の古着屋に
向かって歩き始めます。お財布の中には中学生には大金となる1万円札が1枚と帰りの交通費の小銭が少し。
お昼代なんていうのは端から考えていなかった(笑)

IMG_5355
目的の古着屋は商店街を抜けてすぐの場所に、簡易的なテントを張ってその中に古着がこれでもかというくらい
ラックやテーブルにパンパンに掛かっていてどうにもこうにも掘り出さない限り、欲しいモノが見つけられない環境でした。
それが当たり前でしたし、その中から良いものを見つけるのが楽しみであり醍醐味でもあった気がします。
古着の匂いと冷たい外の匂いに混じって、雑多に置かれた灯油ストーブの音とほんのりと暖かな風。
その空気が何とも言えず好きでした。
当時はリーバイス501が人気で、如何に色落ちの良い1本を見つけられるかに必死。
中学生なので勿論ヴィンテージと言われるモノは買える訳もなく、何百本とあるリーバイス501の中から
先ずは自分のサイズに合うモノを探し出して、そこから極力色落ちとコンディションの良いものを吟味する。その繰り返し。
そして最後にこれだっと胸を打つ1本を買う!!という作業をリーバイスに限らずに1つ1つの洋服に対して
永遠のループで繰り返していました。その間に他のお店を見たりしているので、とにかく下北沢にいる時は
ずっと洋服に触れている状態でした。
お昼ご飯も何かしらは食べていたはずですが、そういう記憶は全く残っていないのに自分でも驚きます(笑)
朝から夕方まで一日中そんな事をやってるものだから日が暮れる頃には、体力の塊の様な中学生でも
さずがにヘトヘト。ただパンパンのラックにテーブルに山積みされた洋服の山の中からアンテナに引っ掛かる1枚を探す。
これを何度も何度も繰り返していると、いつしか自分の中でも好きなものを見つけられるようになっていて
審美眼?というのか見る目が勝手に鍛えられていった・・・のかもしれません。
帰りの小田急線は直通が少なくて町田で乗換をしなければならない事が多くあり、寝過ぎて乗り過ごす事だけを
注意しながら藤沢までの道のりを帰っていたような気がします。
そこで購入した新しい(古着ですが)洋服を、部活がない休みの日に着れるのが嬉しくて嬉しくて
何かの発表会!?の様な感じで自転車を漕ぎ、友人が集まる公園に繰り出していました。
IMG_5359
何年振り・・・久しく足を運んでいなかった下北沢の駅を降りた瞬間に当時の事が鮮明に思い出されました。
再開発が進んでいる状況でしたが、それでもまだ良い意味で雑多な商店街もありそこを抜けたあたりに
僕の好きだったビニールテントの古着屋さんがあって、勿論今はもう無くなっていて違うお店になっていましたが
懐かしさは感じる事が出来ました。今も尚、当時よりは大分少ない気がしますが、それでも数多く古着屋さんが
存在している下北沢。時代は変われど、その土地に永く根付いた文化というのは受け継がれるものだという事を
改めて実感してきました。これから5年目そしてその先に向けての、確認作業が出来た気がしています。
洋服に対する想いも考え方や着方に関しても、20年前も今も根本的には変わっていないですが、
ただ以前と比べれば、凝り固まった薀蓄中心の固定概念が薄まり、ある程度柔軟に受け入れて
何でも着てみようと着こなしの幅も広がった様な気がしています。
そういった自分の中の変わらない部分と変わっていく部分を、rasikuと言う場所で
古着も新品も分け隔てる事無く、今の時代だからこその僕らの感性や気分を洋服の着方や、
提案する洋服を通じて伝えられたら良いなと思っています。
これからrasikuが目指すべき姿は、ここにある事が当たり前になって、ドキドキもするけど何だか落ち着く。
特別だけど特別じゃない、いつも着ている白いシャツやボーダーのTシャツ、デニムやチノ、キャンバスのバッグにスニーカー。
日常の風景に溶け込む洋服や、気分が上がる心地良い服。自然と笑顔がこぼれるモノやコト。
ここにくれば何か素敵な出逢いがあって、じっくり吟味して選べる。
僕らの作る店はそんな場所でありたいと思っております。
毎日眺めている中津川の穏やかな流れのように、これからもゆっくりと洋服に向き合っていければと
思っていますので5年目のrasikuもどうぞよろしくお願い致します。

1月28日

雪も解ける様なあまりの暖かさに、いつもより薄着でも良さそうー!?と思ってしまう、
そんな天気が続いています。昨日今季初出張だった店主、東京はもう春のようだった!とのこと。
いくら暖かくてもうっかり薄着で出た日には、決まって帰り際にしまった・・・となるのが盛岡。
寒い日も、ほんのり暖かい日も、まだもうしばらくは冬の装いに身を包んで、確実に近づきつつある
春へと向かう時間を洋服と共に愉しみましょうー。
IMG_5365
veritecoeur  VC1141  Box pleats jacket 

color       Gry  

price       30000+TAX

SIZE        F SOLD
IMG_5376

IMG_5384
昨年から度々提案してきているセットアップ。veritecoeurからは後姿まで好みなジャケットと、
大人な可愛さを感じるアコーディオンプリーツが素敵なワンピースのセットアップをご紹介です。
どちらもそれぞれ単品でも使えるので、いざという時にも着る事が出来るのは勿論、
さらっとカジュアルな場面にも着られるような、そのぐらいのバランス感のアイテムは案外探すのが難しいです。
気軽に羽織れる畏まりすぎないジャケットや、一枚でもきちんと感の出せるワンピース。などは自分でも欲しいなと
思っていたのと、お客様との話の中でも無いですか?とお問い合わせ頂く事もあったので
今回、色々組み合わせが出来るようにオーダーしてみました。
お陰様で、もう一色のBLACKは既に完売しているのですが、これから春に向けての行事毎で
必要な方がいらっしゃいましたら、ぜひ見て頂けたらなと思います。
IMG_5401

IMG_5402
生地はwool 98% polyurethane 2% のふっくらと程良い厚みがあり、4月でもおかまいなく
雪が降るときは降る岩手の春先には、薄すぎずで丁度良い生地感ではないかなと思います。
夏以外の3シーズンは着て頂けます。
大きめな衿と、ユニークな釦の位置。正面の胸下には切り替えがあってその切替部分には密かに
ポケットも用意されています。
IMG_5406
元から袖は短めの設定ですので、袖の長さが合う合わないという心配がないのも嬉しい。
フリルのついたシャツなどを合わせて、シャツの袖がちょっと覗いたりも素敵ですし、
着る場面によって可能であれば白いカットソーでさらりと着ても格好良いです。
IMG_5407

IMG_5410

IMG_5427
後ろ身頃にはボックスプリーツが入り、その分とても身動きが取りやすい。
身頃に関しても元々ゆるりとAラインになっており、それに背後のプリーツがある事により
ジャケットを着ていても、身体がリラックスしているのが感じられてとても気持ち良いのです。
からだの動き合わせて、裾が振れたりする様子もとても可愛らしいなと思います。
IMG_5393

IMG_5394
ジャケット単体でも十分に使い勝手がありそうなので、デニムやスラックスなどパンツを合わせたスタイルで
ご紹介するのも良いかなと思いましたが、丁度同素材のワンピースも店頭にあったので
せっかくならとセットアップで着てみました。
着丈も長すぎずパンツスタイルでも合うジャケットですので、ジャケットをお探しの方も遠慮せずに試してみて下さい。
IMG_5413
veritecoeur  VC1143  Accordion pleats dress 

color       Gry  

price       30000+TAX

SIZE        F SOLD

IMG_5415
細やかなプリーツがアクセントになっているので、他は思い切りシンプルに仕上げられたワンピース。
袖は半袖なのでシャツやカットソーを挟んでも良いですし、半袖のままで着て頂いても問題ありません。
ブローチやネックレスなど装飾を加えると、より華やかにもなりますし、講習会や勉強会などスーツほど
カチッとしなくともある程度落ち着いた装いが必要な時には、さらりと一枚で十分様になると思います。
IMG_5421

IMG_5426
veritecoeurのRELAX FORMALラインの洋服達は、普段使いも出来てそれでいてきちんと見える。
という、とても微妙なニュアンスをとてつもなく絶妙な良い塩梅で提案して下さっています。
この手のアイテムは頻繁に着る訳ではないですが、いざという時にセットアップであるととても心強いです。
お仕事で気分を上げたりここぞという時に着るという方や、お子さんのいる方は季節の行事の際に
必要だったり、何となくジャケットが着たい、綺麗なワンピースが欲しいなどなど、
様々な目的に対応してくれそうな懐の広いジャケットとワンピースだと思います。
気になった方はぜひ足をお運びくださいね。

rasiku sasaki

定休日のお知らせ

IMG_5331
明日27日(水曜日)は、定休日となっております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

PageTOP