1月24日

昨日は、急なおやすみでご迷惑お掛けいたしました。
体調は回復し、今日からいつも通りの営業しております。
外はツルツルの状態ですので、足元に気を付けてお越しくださいませ。
IMG_5114
A VONTADE    SINGLE MACKINAW JEEP COAT

color         OLIVE 

price         48000+TAX

SIZE         S   /   M   /   L
IMG_5119

IMG_5124

IMG_5128
A VONTADEらしい作りこみの良さは言うまでも無く、僕自身今の気分でもあるミリタリーを
重すぎずにとてもすっきりと、巧く表現した”SINGLE MACKINAW JEEP COAT”
デザインに用いられているのは1940年代にアメリカ軍が使用していたコート。オリジナルはフロントの合わせがダブルの
仕様ですがこのコートではシングルに変更されています。ただ単純にレプリカを作るというブランドではないだけに、
オリジナルを上手く削ぎ落としながら、A vontadeらしい拘りと街着としての機能、また如何にもという要素を
前面に出し過ぎない柔軟性とを両立させた1枚に仕上がっていると思います。
表地は超高密度のオックス地を使用して仕上げにウォータープルーフ加工を施しています。
コットン100%の生地ですが防風・防水性に優れており、インナーに厚手のニット類を着込んで頂ければ寒い冬でも十分に
対応出来るだけのスペックを備えています。カラーはオリジナルのイメージに近い″OLIVE”を選びました。
これから春先にかけてオリーブ系のジャケットやコートは出番が多くなる季節だと思いますので、色の落ちたお気に入りの
デニムに足元は軽快にスニーカーを合わせるのがお勧めです。ミリタリー系の羽織はそれだけで十分に雰囲気が出せるので
それ以外のアイテムをシンプルにまとめる方が見た目が重くならず、すっきりとした着方が出来ると思います。
IMG_5132

IMG_5137

IMG_5139
首元のショールカラーをスタンドにすると首がすっぽりと包まれるスタンドカラーになります。
これだけで保温効果は断然に変わりますし見た目のクラシックな雰囲気がより一層引き立ちます。
″SINGLE MACKINAW JEEP COAT″の特徴として、インナ-にANDERSEN-ANDERSENの厚手のニットを着ていますが
腕周りと身頃がゆったりとしたサイジングになっていますので、着用時のストレスを軽減すると共に考え抜かれた
パターンからしっかりとしたコートの役割を果たしてくれると思います。
IMG_5141

IMG_5143

IMG_5144
ポケットはやや高めの位置にハンドウォマーポケットとその下に大き目のフラップ付きのポケットが付きます。
IMG_5147

IMG_5148

IMG_5153

IMG_5155
表襟と身頃の裏側にはしっかりと目の詰まったウールのフラノ生地が張り付けられています。
コート自体の厚みは然程ありませんが保温性はしっかりと保たれますので、特に岩手などの春先の風が冷たい地域には
2枚仕立てのコートは、インナーを軽く出来るメリットもありますので1枚持っていると重宝すると思います。
IMG_5158

IMG_5174

IMG_5169
展示会でデザイナーさんとの会話の中でも、このコートは中々なんですよ・・・と。
先ず実際に見て頂ければ、それだけのスペックとディティールを兼ね備えているのは一目瞭然だと思います。
クラシックなデザインのコートは着ていて飽きが来ないです。ただその分着こなしが板につくまで少しだけ
時間も掛かる気がしています。このコートに関して言えば特にウエストに付いているベルトをどう使うかで
見え方が大きく変わってきますし、さらっと前で無造作に結んで紐を垂らして着るのも格好良いと思います。
ちょっと袖口やベルトが擦り切れたり色褪せてきたぐらいに、物凄く良い感じに着れるのではとも思います。
着る人によって様々な表情を見せる1枚ですので、是非自分なりの着方を見つけて楽しんで貰えたら嬉しいです。

rasiku sasaki

PageTOP