2月5日

IMG_5742
blueover     Mikey

color       NAVY BLUE

price       19800+TAX

SIZE       23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
IMG_5745
朝晩と日中の寒暖差が大きくなり徐々にではありますが、春の足音が感じられる季節になってきました。
そろそろ本格的に足元が重たいブーツから軽やかなスニーカーに移り変わってくる時期でもあります。
「新しく変わらない」をコンセプトに掲げ、一味違った良質な日本製のスニーカーを作りだしている″bueover” 
独特なフォルムと1枚革で構成されている包み込む様なフィッティングは、スニーカーというよりは革靴にも似た履き心地で
それに加えソールを固く仕上げているので、履き慣れてくると少し反り返りがくるのも特徴だと思います。
足元が重すぎず軽すぎずに履けるので、僕自身は丁度今頃の季節の変わり目に良く履く靴の1つです。
他にはないデザインは勿論の事、ランニング等でも使用出来るシューズとしての機能性も持ち合わせていますので
長時間歩かなければならない出張や旅行の際にも重宝するのではないでしょうか。
rasikuでは以前から展開していました″NAVY BLUE″と″TAUPE”の他に″CAMEL”を加えた3色をセレクトしています。
ブランドロゴや大きく主張する何かがある訳ではありませんが、そういった所に惹かれてセレクトしていますし
このブランドにしか出来ないオリジナリティを感じさせる点と普遍的な価値を見出している所も好みです。
IMG_5747

IMG_5749
ラストは甲が低く、横幅も細く設定されています。
アッパーの素材がピックスウェードなのである程度の伸びはありますが、甲高もしくは幅広の方には合いにくいかもしれません。
足の幅や長さを計測する機械がございますので、出来る限り適切なアドバイスをさせて頂きたいと思っておりますので
先ずは一度ご試着をして頂ければと思っております。
IMG_5751

IMG_5753
ソールは見た目が薄く感じるかもしれませんが、履いた感覚はどっしりとしていてそのギャップに驚かされます。
靴自体のボリュームがあまりないので、ボトムスと合わせた際に主張が少なくあくまでもコーディネートの一部として
馴染み易いというのも履いてみて感じた部分です。靴だけを見ているのと洋服を合わせた時のイメージが
がらりと変わるのも″Mikey”の面白さかもしれません。僕自身は表現として良く掴みどころのない靴と
言っているのですが、ルックスが飛びぬけて良いという訳ではないですし・・・
何処か懐かしくもあり新しくも感じ取れるという感覚は、プロダクトとしての完成度の高さに繋がるのもしれません。
IMG_5755
blueover     Mikey

color       TAUPE

price       19800+TAX

SIZE       23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
IMG_5760

IMG_5762

IMG_5684

IMG_5690

IMG_5694

IMG_5702
FilMelangeの様なスウェット類との合わせは、今の気分や″Mikey”のイメージに対して一番しっくりくる合わせです。
スポーティーなアイテムとのコーディネートは、スニーカーの持っている良さを最大限に引き出してくれると思いますし
あれこれ考えずに気張らずリラックスして履ける良さがあります。

IMG_5763
blueover     Mikey

color       CAMEL

price       19800+TAX

SIZE       23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28

IMG_5769

IMG_5771

IMG_5707

IMG_5713

IMG_5724

IMG_5734
カラー″CAMEL”は落ち着いた印象が強く、茶系の革靴を履くような感覚で合わせるとすっきりとバランス良く
履いて頂けると思います。今までもスニーカーは色々と試してきましたが、履き心地や見た目の印象など
凝り固まっていたスニーカーに対する新しい感覚を得るきっかけになりました。
季節が移り変わる時期は、どんな装いをしようかと考える愉しい時期でもありますから
ひとつの案として、新しい靴からこの春をイメージしていくのも良いのではないでしょうか。

rasiku sasaki

PageTOP