2月9日

IMG_5939
STYLE CRAFT   DSB-02(DEER SKIN)

color          BLACK

price         105000+tax

SIZE         57×36×15 SOLD

IMG_5941

IMG_5945
STYLE CRAFTのラインナップの中で一番大きいサイズのトートバッグ″DSB-02″
いつも展示会に行く度に圧倒的な存在感を放っていたバッグをいつもどこか気にしながら、他にも選びたいバッグや
小物が沢山あり、その雰囲気に負けてしまう自分もいてなかなかオーダーにまでに至りませんでした。が、今シーズン
ようやくよし!と気合を入れてオーダー出来たrasikuでは初展開のモデルになります。
鹿革のしなやかな質感と曲線美が相まって、醸し出す存在感には惚れ惚れしてしまいます。
この手のバッグであればビジネスシーンでパソコンなどを持ち運ぶ方などにも適した大きさですし、他にも1泊~2泊くらいの
出張や旅行の際にも活躍すると思います。僕自身も大きいサイズのレザーバッグは他でもあまり見かける事がなく、
質感やデザイン、クオリティを求めれば選択肢は絞られていきます。そういった意味ではこのサイズのレザーバッグは
出逢いのアイテムだと思いますのでぴんっとアンテナに引っ掛かる方に、手に取って頂ければ嬉しく思います。
IMG_5947

IMG_5951
両面の外側其々に内ポケットを完備しています。
内側にもう1つありますので合計3つのポケットが付いています。機能的にも多くは無いですが十分な作り。
レザーのストラップに丁度隠れてポケットの存在が見えないデザイン。必要最低限の機能性と美を併せ持った雰囲気は
“STYLE CRAFT”ならではで、無駄のないシンプルな作りだからこそ永く愛用されていく理由だと思っています。
あまりに機能的だったり、宝飾が多かったりすると使いはじめは良いものの、時間の経過とともに
飽きてしまい持たなくなるケースが僕の場合は多かったので、潔く空間の大きいバッグに心が惹かれます。
少しずつ自分なりの使い方や素材の経年変化が楽しめる事が重要で、それが徐々に愛着に変わってきて
大切なものの1つになってくるのだと思っています。レザーのバッグはオイルを入れたりブラッシングでお手入れをしながら
じっくりゆっくりと付き合っていけるので、そういった事も含めて醍醐味を堪能して頂けるのではないでしょうか。
IMG_5970

IMG_5963

IMG_5955

IMG_5958
トップ部分はZIPが付きますので、中の荷物が濡れたり見られたりする事はありません。
同系色の落ち着いたマットなZIPとレザーの持ち手が付きますので、荷物の出し入れもとてもスムーズです。
インナーにはお馴染みのワイルドヘンプを用いた生地が張られていて、これによって軽量化されると共に
中の荷物がレザーの摩擦などによって色移りするなどの心配もありません。

IMG_5931

IMG_5936
レザーのストラップ部分は一部に空間がありますので、着ていた上着などを引っ掛けておく事も可能。
こういった見えにくい部分の気の利いたディティールは使う側にとって嬉しいポイントです。
IMG_5909

IMG_5913

IMG_5922

IMG_5924

IMG_5928

IMG_5921

IMG_5930
レザーのバッグ自体は高機能ではないですし、使い勝手も雨の日などは出来る限り使わない方が良かったりと
制限される部分も多々ありますが、それを差し引いても革の質感や手触りや洋服と合わせた際の存在感は
人を魅了するものがあります。良くスーツなどを購入する際に一張羅と言われたりしますが、そんな考え方で
DSB-02の様なバッグを選んでみるということも、僕自身はきっと自分への投資になると思っています。
rasikuの店内でも一際存在感を放っているバッグを、是非店頭でご覧になってみて下さい。

rasiku  sasaki

PageTOP