2月19日

IMG_6563
INDIVIDUALIZED SHIRTS  STANDARD FIT

color         GRAPH CHECK(WHITE×BLUE) 

price         23000+TAX

SIZE         14H  /  15  /  15H SOLD
IMG_6498
INDIVIDUALIZED SHIRTSの数ある生地の中から、今シーズンは新色でリリースされた2種類をご用意しました。
1つ目は細かいブルーの格子柄で、カジュアルなシャツよりはドレスシャツなどに多く用いられている柄だと思います。
オン・オフ問わない汎用性の高さが特徴の1枚で、デニムやチノなどのデイリーに履くボトムスとも相性が良く洗いざらしのまま
ラフに合わせるのがお勧めです。近くで見るとはっきりと柄が表れてきますが、光の当たり方や遠目からですと
無地にも見えるので、ジャケットなどを羽織った時にはシャツの柄を主張させない絶妙なバランスで着て頂けると思います。

IMG_6502

IMG_6503

IMG_6505
日本人体型に合わせた″STANDARD FIT”を採用。タックイン・タックアウトのどちらでも対応出来る着丈の長さに設定を
していますので、その時々のスタイルに合わせて着こなしを変えて頂ければと思っています。
一時期はタックインしてこそ″インディビ″といった固定概念がありましたが・・・今は合わせるボトムスとジャケットの着丈によって
使い分けながら着ています。その方が圧倒的に着こなしの幅は広がりますし、自分への変なプレッシャーも感じずに!?
リラックスした気持ちで着て頂けると思います。僕自身も様々なシャツを持っていますし、お店でも展開してますが
着丈が長く設定されていて綺麗にタックイン出来るシャツというのは意外と限られてしまいます。
そういった意味でも希少なブランドの1つだと思いますし、アメリカのシャツブランドらしい質実剛健の作りで肩ひじ張らずに
着られる点がINDIVIDUALIZED SHIRTSの良さであり、素材違いでリピートする方が多いのも頷けます。  
IMG_6510

IMG_6506

IMG_6508
LEVI’SのデニムにINDIVIDUALIZED SHIRTSをさらっと合わせて着るのが、ここ最近のお気に入りのスタイル。
アメリカブランド同士の組み合わせですが、靴をSHOES LIKE POTTERYのスニーカーを履いたりTEMBEAのバッグを持つ事で
シャツの存在感が際立ちすぎずに、力の抜けた表情になるのが僕は好みです。
如何にもといった着こなしよりも、様々なアイテムをフラットに見ながら組み合わせる事でよりシャツが引き立つと思います。  
IMG_6512

IMG_6513

IMG_6515

IMG_6555
INDIVIDUALIZED SHIRTS  STANDARD FIT

color         GINGHAM CHECK(NAVY) 

price         25000+TAX

SIZE         14H  /  15  /  15H
IMG_6525

IMG_6529
もう1色は″GINGHAM CHECK″の新色。
鮮やかなブルーベースの細かなチェック地でしっかりとした張りのある生地感です。
毎シーズンギンガムチェックは欠かさずに展開していますが、はっきりとしたブルーは1枚で着た際に存在感が際立って
ミリタリーベースのボトムと合わせると、より一層鮮やかな色目が引き立つと思います。
スタンダードな柄ですがシャツ専門ブランドが作る1枚となると、お手持ちのモノとはまた違った良さを感じて頂けるはずですし
春先にクルーネックのスウェットやコットンニットのインナーに合わせても、衿の見え方が美しく着こなしの幅が出てくると思います。
INDIVIDUALIZED SHIRTSを初めて購入するという方にもお勧めしたい柄です。
IMG_6534

IMG_6536

IMG_6539
フランス軍のタック入りのチノパンを合わせたコーディネート。
年代が古くてにおいのある軍パンなどと綺麗なアイテムとを組み合わせる事で、トップスとボトムスとのギャップが出るのが
好きな合わせの1つで、こういった時にベストなどを羽織るとより一層雰囲気が増します。
IMG_6545

IMG_6551

IMG_6549

IMG_6546

IMG_6542
基本に忠実なシャツらしい作りのシャツをしっかり着こなせるようになると、様々なブランドからリリースされるシャツを
着こなせる幅が大きく広がってくる様に思います。全てのスタイルに合うという訳ではないのですが、基礎となる部分をINDIVIDUALIZED SHIRTSを着てみて感じましたし、これからも変わる事のない僕にとって無くてはならない存在です。
どちらも通年で着て頂ける素材感ですので、春の着こなしを想像しながら是非店頭でご覧になってみて下さい。
rasiku sasaki

2月19日

IMG_6383
susuri      ドロシーシャツコート

color       dry corn  

price       32000+TAX

SIZE        S  /  M  SOLD
IMG_6394

IMG_6399
susuri 2016 spring & summer ゆっくりとスタートしています。
雪が降り白い世界が戻ってきた盛岡ですが、日が沈む前はどこか暖かくもなり。
冬と春がいったり、きたりしているのでしょうか。春のコートの出番はもうすぐかと思います。
susuriから届いたドロシーシャツコート。わたしのクローゼットにも早々にスタンバイされ、出番を待っている状態です。
今シーズンはdry corn・black 二色の展開となります。
色違いの印象の違い、前身と後身のはっとする様な二面性、気持ちの良い生地。
知っているけれど、何度も何度も、美しいなぁいいなぁと思うコートです。
IMG_6412

IMG_6416
着る人によって見え方が変わる・・・とはよく言いますが、このコートに関しては
実際に着方にもバリエーションが幾つかあって、同じ服でも違うものに見えてくる程に異なる表情
異なる着こなしが出来てしまう。その為の細やかな仕掛けが施されています。
小さなラペルも自由自在。衿下に隠れたボタンを留めるだけでも顔周りの印象が変わります。
トップの釦のみ留めて、下にずらっと並ぶボタンは外したままウエストにゆるーくリボンを・・・
というのが、自分の中ではこっそりブームです。
IMG_6417
すべっとした質感の黒い小さな釦は、控えめながらもコート全体に不思議な存在感を与えます。
IMG_6421

IMG_6424

IMG_6426
ウエストに付属する細身のドローコード。
ウエストにリボンが・・・というとなんだか大袈裟に感じたり、巧く扱えなかったりと思う方も少なくないと
思うのです。私自身もリボンが付属する服を着たりしていますが、着方が単調になってしまったり、
付属の紐は結局あまり使わなくなったり・・・するのも確かです。
ただこのコートに関しては結ぶ場所、ボタンの留め方となどなど組み合わせでコートの表情をがらりと
変えてくれたり、コートのシルエットに綺麗な動きが生まれたり。と、紐を結ぶだけでもこんなに変わるのか
という事に驚きの方が強く、そしてとてもワクワクしてしまう。
また紐は共布ですし華奢な分、そこまで大袈裟な見え方になりません。
IMG_6438

IMG_6439

IMG_6431

IMG_6434
このコートを着ていると、よく後のデザインを褒めて頂く事が多いです。
わたし自身も大好きな部分。あれこれ言わずとも見ると・着るときっと伝わると思います。
自分では見えない部分が、こんなにも丁寧に美しい仕様になっていると思うと
それだけで背筋も伸びますし、このコートを着て颯爽と出掛けたり歩き出したくなります。

IMG_6450
color       black  

price       32000+TAX

SIZE        S  /  M SOLD
IMG_6458

IMG_6459
よりシックな空気を纏うのがblack。
見た目はとてもきりっとしていますが素材はあえて光沢を持たせる加工はせず、シワ感を出して
着始めから馴染む様な風合いに仕上げています。
打ち込みの良い生地ですが、決して畏まりすぎずに硬さと柔らかさの両方を感じ取れる
susuriらしいとても気持ちの良い生地だなと思います。
IMG_6464

IMG_6467
凛とした佇まいが特別な日の装いにも合います。
すっきりとした肩周りから裾にかけてのAラインなので、スカートでもパンツでもワンピースにも合わせ易い。
ドローコードを無くすとすっきりとしたコートになりますし、ボタンを全て留めれば小柄な方はワンピースとして
着て頂いても良いです。
色目は落ち着いていますが、ありそうで無いデザインひとつひとつから静かな華やかさが感じられるのも特徴。
IMG_6469

IMG_6473

IMG_6475

IMG_6488

IMG_6491

IMG_6492
今シーズンのテーマは「serve」
誰もが日々生活する中で感じたり求めたりする、日常と非日常
そんな日常と非日常のいったりきたりを、デザイナーが旅したイタリアで、目にしたモノ口にしたモノ。
生きる人々の姿や景色などの実際の体験と、映画や雑誌などに触れ頭の中に広がってゆく空想の世界を
日常の服の中に落とし込んだcollectionとなっています。
私達が日々触れる洋服というものにも、このrasikuという場所にも、自分達の生活の中にも
日常と非日常とのバランスについて感じたり、考えたりする事が時にあります。
非日常の中に在る日常に落ち着いたり。日常の中に在る非日常が大切だったり。
ここでは何ともうまく言えないですけれど、出逢って下さった方が其々に着ていく場所や着方を想像し
楽しくなったり、嬉しくなったりぎゅっとしたくなる様なそんなお洋服になるといいなと思っています。

rasiku  sasaki

PageTOP