2月19日

IMG_6563
INDIVIDUALIZED SHIRTS  STANDARD FIT

color         GRAPH CHECK(WHITE×BLUE) 

price         23000+TAX

SIZE         14H  /  15  /  15H
IMG_6498
INDIVIDUALIZED SHIRTSの数ある生地の中から、今シーズンは新色でリリースされた2種類をご用意しました。
1つ目は細かいブルーの格子柄で、カジュアルなシャツよりはドレスシャツなどに多く用いられている柄だと思います。
オン・オフ問わない汎用性の高さが特徴の1枚で、デニムやチノなどのデイリーに履くボトムスとも相性が良く洗いざらしのまま
ラフに合わせるのがお勧めです。近くで見るとはっきりと柄が表れてきますが、光の当たり方や遠目からですと
無地にも見えるので、ジャケットなどを羽織った時にはシャツの柄を主張させない絶妙なバランスで着て頂けると思います。

IMG_6502

IMG_6503

IMG_6505
日本人体型に合わせた″STANDARD FIT”を採用。タックイン・タックアウトのどちらでも対応出来る着丈の長さに設定を
していますので、その時々のスタイルに合わせて着こなしを変えて頂ければと思っています。
一時期はタックインしてこそ″インディビ″といった固定概念がありましたが・・・今は合わせるボトムスとジャケットの着丈によって
使い分けながら着ています。その方が圧倒的に着こなしの幅は広がりますし、自分への変なプレッシャーも感じずに!?
リラックスした気持ちで着て頂けると思います。僕自身も様々なシャツを持っていますし、お店でも展開してますが
着丈が長く設定されていて綺麗にタックイン出来るシャツというのは意外と限られてしまいます。
そういった意味でも希少なブランドの1つだと思いますし、アメリカのシャツブランドらしい質実剛健の作りで肩ひじ張らずに
着られる点がINDIVIDUALIZED SHIRTSの良さであり、素材違いでリピートする方が多いのも頷けます。  
IMG_6510

IMG_6506

IMG_6508
LEVI’SのデニムにINDIVIDUALIZED SHIRTSをさらっと合わせて着るのが、ここ最近のお気に入りのスタイル。
アメリカブランド同士の組み合わせですが、靴をSHOES LIKE POTTERYのスニーカーを履いたりTEMBEAのバッグを持つ事で
シャツの存在感が際立ちすぎずに、力の抜けた表情になるのが僕は好みです。
如何にもといった着こなしよりも、様々なアイテムをフラットに見ながら組み合わせる事でよりシャツが引き立つと思います。  
IMG_6512

IMG_6513

IMG_6515

IMG_6555
INDIVIDUALIZED SHIRTS  STANDARD FIT

color         GINGHAM CHECK(NAVY) 

price         25000+TAX

SIZE         14H  /  15  /  15H
IMG_6525

IMG_6529
もう1色は″GINGHAM CHECK″の新色。
鮮やかなブルーベースの細かなチェック地でしっかりとした張りのある生地感です。
毎シーズンギンガムチェックは欠かさずに展開していますが、はっきりとしたブルーは1枚で着た際に存在感が際立って
ミリタリーベースのボトムと合わせると、より一層鮮やかな色目が引き立つと思います。
スタンダードな柄ですがシャツ専門ブランドが作る1枚となると、お手持ちのモノとはまた違った良さを感じて頂けるはずですし
春先にクルーネックのスウェットやコットンニットのインナーに合わせても、衿の見え方が美しく着こなしの幅が出てくると思います。
INDIVIDUALIZED SHIRTSを初めて購入するという方にもお勧めしたい柄です。
IMG_6534

IMG_6536

IMG_6539
フランス軍のタック入りのチノパンを合わせたコーディネート。
年代が古くてにおいのある軍パンなどと綺麗なアイテムとを組み合わせる事で、トップスとボトムスとのギャップが出るのが
好きな合わせの1つで、こういった時にベストなどを羽織るとより一層雰囲気が増します。
IMG_6545

IMG_6551

IMG_6549

IMG_6546

IMG_6542
基本に忠実なシャツらしい作りのシャツをしっかり着こなせるようになると、様々なブランドからリリースされるシャツを
着こなせる幅が大きく広がってくる様に思います。全てのスタイルに合うという訳ではないのですが、基礎となる部分をINDIVIDUALIZED SHIRTSを着てみて感じましたし、これからも変わる事のない僕にとって無くてはならない存在です。
どちらも通年で着て頂ける素材感ですので、春の着こなしを想像しながら是非店頭でご覧になってみて下さい。
rasiku sasaki

PageTOP