3月4日

IMG_7412
STYLE CRAFT WARDROBE   JACKET♯4

color       OBSIDIAN    

price       48000+tax              

SIZE         /  Ⅱ  /   
IMG_7425

IMG_7430

IMG_7434
rasikuでは初めての展開となるSTYLE CRAFT WARDROBEのジップとボタンで開け閉め可能なブルゾンタイプのジャケット。
コットン98%ポリエステル2%の通気性にも優れる比較的ライトでシャリ感のある生地を用いています。
カラー″OBSIDIAN″は黒曜石という意味で、黒とネイビーを掛け合わせたような深みのある色合いが特徴。
僕自身は今まであまりブルゾンタイプを手にしてこなかったのですが、パンツのベルトループがしっかりと隠れる着丈の長さと
身頃・腕周りのゆったりとした作りに「今」着たいと思える1枚に出逢えた様な気がしています。
インナーの合わせはシャツも勿論良いですが、スタンドになる衿を活かすのであればシンプルにカットソーの方が
首元がスッキリとして納まりが良いように感じました。STYLE CRAFT WARDROBEらしくシンプルなデザインですが
着ると適度なリラックス感がありながら凛とした雰囲気を持つ、大人がきちんと着れるジャケットだと思います。
IMG_7442

IMG_7474

IMG_7475
フロントの合わせが釦とジップの2通りで、それを使い分ける事によって表情豊かに着る事が可能。
ジップと釦を両方を使用する事で風などの侵入を防ぐ役割を果たすと共に、機能性と汎用性のどちらも
兼ね備えているディティールと言えると思います。コンパクトに折り畳む事も可能ですので旅行や出張などにも
嵩張らずに持ち運べるのも重宝すると思いますし、バッグから出してシワなどを気にせずに着れるのも◎です。
僕自身は真ん中の釦のみを留めて、インナーの色を少し覗かせる着方が好みでインナーの使い方次第で着こなしの幅が
ぐんと広がってくると思います。
ブルゾンタイプに良くありがちな、シャツをインナーに合わせた際にシャツのテールの長さに対して、ブルゾンの丈が短すぎて
納まりが良くない・・・と言った事が多々あるのですが、着丈が長く設定されていて、且つ裾のテンションが
きつくないので、そういった僕自身がブルゾンに対して気になっていた点もカバーされた形だと思います。
袖を通す事で納得させられるディティールが多いのは″STYLE CRAFT WARDROBE″の特徴と言えます。
IMG_7469

IMG_7440

IMG_7446

IMG_7448
この手のブルゾンやジャケットはどうしてもスポーティーな印象が強く出てしまうのですが、そういった雰囲気というよりは
クラシックな一面がバランス良く出ているように感じます。型にはまらないモノ作りをするブランドらしく実際袖を通しても
良い意味で好みが分かれるのも、ここにしか出せない雰囲気があるからこそと思います。
合わせもデニム・チノ・軍パンなどベーシックなボトムスはどれも好相性で、古着などの匂いのあるアイテムと合わせても
格好良いなと思っています。
IMG_7457

IMG_7454

IMG_7464
裏地は前身頃のみブラックウォッチの生地が付けれています。
袖を通したくなる洋服というのは、こういった見えない部分にまでしっかりと拘りを感じますし
着ていて心に満足感が得られるというのも大切な要素の1つだと僕は思います。
IMG_7470

IMG_7461

IMG_7459
店頭でハンガーにかけておいてあるだけでも、ちょっと気になります・・・と言って試着される方が多いのも
STYLE CRAFT WARDROBEの持っている雰囲気の良さであったり、しっかりとしたモノ作りあってこそで
そういった洋服を自分達で提案出来るというのも、とっても嬉しい事です。
ブランドタグや情報のみに頼るのではなく自分に合ったモノを感覚で選んでみるのも洋服を着たりするうえでは
とても重要な要素だと思っています。
是非、男性に格好良く着こなして頂きたい!と心から思うジャケットです。
サイズが揃っていますので、袖を通しにいらして下さい。
rasiku sasaki

3月4日

IMG_7358
STYLE CRAFT WARDROBE   COAT ♯20

color       BLACK    

price       45000+tax              

SIZE         /    /   SOLD 

IMG_7364

IMG_7372

IMG_7375
STYLE CRAFT WARDROBEから、がっしりとしたリネン素材のコートが昨シーズンに引き続き入荷しております。
今シーズンは首元をレギュラーカラーからスタンドカラーに変更し、よりスッキリとしたデザインに昇華しています。
身頃・袖周りとゆったりとしたパターンから独特な生地の落ち感を楽しめるハーフコート。
初めて袖を通した時はシルエットに若干のクセがあるので、直ぐにこのコートのは良さが伝わらないかもしれませんが
打ち込みの良いリネンの生地感と厚み、着込んで身体のラインに馴染んできた頃には春も秋にも重宝する
汎用性の高いコートとして、想像以上に使い勝手が良いと感じる1枚になっていると思います。
普段から古着などの多少歪なシルエットの洋服を取り入れている方や、直感と嗅覚で洋服を選ばれる様な
自分軸がしっかりとある方にSTYLE CRAFT WARDROBEは好まれているように感じています。
春のコート選びは展示会で見ていてもなかなか理想のモノに出逢うのが難しく、特に岩手の春は気温も低く風が冷たいので
生地の厚さとある程度の防寒性を重視して選んでいます。COAT ♯20に使用されているリネン素材は上記の条件を満たす
素晴らしい素材感なので是非店頭で確かめて頂きたいです。
IMG_7381

IMG_7385

IMG_7387
首元はスタンドカラーで、BLACKのリネン素材がより相まってクラシックな印象が出ていると思います。
巻き物が苦手ではない方でしたら、コットンやリネンのストールなどを活用するとより雰囲気が増すと思いますし
クルーネックのカットソーやバンドカラーのシャツと合わせると、首元のデザインがより活かされるのではないでしょうか。
カラーもBLACKというよりはスミクロに近いカラーで、天然素材100%を使用している事もあり全体が重たく見えすぎないのも
このコートの特徴の1つで普段はBLACKをあまり手に取らないという方にもお勧めしたい1枚です。
IMG_7378

IMG_7389

IMG_7390
両サイドに大き目のパッチポケットが付きます。サイドから手を入れる構造になっています。
IMG_7391

IMG_7399
腕周りはたっぷりとしているので、中に厚手のニット等を着込んでもストレスなく羽織る事が出来ます。
コート選びにおいてストレス無く動けること、そして手に取ってぱっと着て出掛けられるというのは
羽織る・纏うアイテムにおいて重要な要素。このコートは特にその部分が満たされるだけに納得の作りだと言えます。
IMG_7408

IMG_7409
コートは洋服の中でも気に入る一着が見つかれば共に過ごす時間が長いアイテムになると思います。
昨シーズン、同素材のコートを購入して下さったお客様が着ていらしたのを見せて頂きましたが
随分と良い具合に生地が馴染んでいて、気兼ねなくデイリーに着て頂いているのが手に取る様に分かりました。
経年変化が全てではないのですが、愛着が深まる要素でもありますし一定期間クローゼットにしまっていて
また時期がくれば引っ張り出してきて着れるといった喜びにも繋がってくると思っています。
そういった側面も含めて間違いなくお勧めしたいコートです。
rasiku  sasaki

PageTOP