定休日のお知らせ

IMG_4215
明日29日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

6月28日

IMG_4135
KVIVIT     ドットプリントVネック 半袖PO

color       ブラック 

price       35000+TAX

SIZE       F

IMG_4140

IMG_4144
KVIVITよりオリジナルのドットプリント地を用いたシリーズが届いております。
着る着ないはもはや別として、どうしてこんなにもドキドキさせてくれるのか水玉は。。。
それくらい着ている方を見るだけでも楽しくなりますし、お客様でも街行く人でもつい見てしまいます。
水玉であれば何でもいいという訳では無いのですが、歳を重ねていく程に、可愛らしく且つ大人っぽく
雰囲気良く水玉の服を軽やかに着れる女性になりたいなとは思うのです。
そんな理想というか目標を掲げられるのも、来て下さるお客様であったり、周りの方の存在が大きく
良い刺激を沢山頂けているからこそ。
本当に素敵にチャーミングに服を着られている方を見ると、自分の中で自分らしく服を着熟すまでは
まだまだ道のりは長いなぁとつくづく思います。ドットアイテムもそのうちの一つなんです。
IMG_4150

IMG_4152
ラフなTシャツにさっと一枚羽織るだけでこんなにも印象が変わる・・・それくらいのインパクトというか
惹きつける力は水玉にはあると思いますし、きっと好みで言えば分かれる部分だと思います。
個人的にもドット柄の服を可愛いとも思いますが、それだけですと選ぶのを躊躇していまいます。
真逆ですが格好良いと感じられる要素があると、ぐっと引き寄せられてしまいます。
それは素材で合ったりシルエットであったり、着方の事もあるのですが、可愛くて格好良いが大事。
そんな目線で選んだドットのコートワンピースです。
IMG_4154

IMG_4158
素材はコットン100%。スルスルと滑りの良いブロードの生地、袖を通すとぴしっと気が引き締まります。
袖は半袖ですが、五分袖までいかないくらいのやや長めの印象。首元のVのラインも自分にとっては新鮮で
女性らしい部分と凛々しさが感じられてとても良いなと思います。
フロントは大き目の釦が印象的です。共布のベルトが付属するので、きゅっと結んでウエストマークしてみたり
後ろで結んでみたり、肩から垂らしてみたり・・・自由にアレンジを楽しんで頂けます。
ウエストにベルトループは無いので外した場合は外しっぱなしになりますが、フロントにポケットもあるので
いざと言う時はさっとポケットの中に忍ばせてくと良いかもしれません。
IMG_4168
大きいボタンなのでスムーズに釦が留めやすい。
ボタンを留めずにさっと羽織りとして着るのも、今時期の気候には丁度良いのではないかと思います。
IMG_4174

IMG_4182

IMG_4186
KVIVITのアイテムは基本的にサイズ感はコンパクトです。小柄な方や細身な方にお選び頂く事が多いのですが
このアイテムに関しては肩と袖が若干きゅっとしていますが、身頃に関しては幾分余裕があります。
そして、もう1つKVIVITらしい特徴がこの水玉のプリントにあるのですが・・・。
じいっと水玉模様を見て頂けたら分かると思います。
さりげなく印象的なKVIVITの服は、一度見るとふと頭の片隅に残る服。なんです。
同素材を用いたワンピースとスカートも届いております。ぜひ気になった方はお試しください。

rasiku sasaki

6月27日

IMG_4111
JUJUDHAU    DOUBLE BUTTON

color        LINEN  COTTON  YELLOW 

price        16500+TAX

SIZE        F SOLD 
IMG_4126
color        LINEN  COTTON  NAVY 

price        16500+TAX

IMG_4119
color        LINEN  COTTON  WHITE 

price        16500+TAX

IMG_4066
jujudhauから毎シーズン欠かさず展開している、顔馴染な二型が届いています。
梅雨明けそして、夏本番の時期になると大体その時期に着る物は大方決まってきてしまい、
早く秋にならないかな・・・と思ってしまう方もいると思います。
暑い日でも毎日楽しく装いに変化を付けられればそれが一番ですが、やはりマンネリ化してしまうのも正直な所。
であれば、同じ物でも繰り返し着たくなる様なお気に入りの物を着たいなと思うのです。
洗濯してはまたすぐに着たくなTシャツは色違いで揃えたり。さらっと風通しの良いブラウスやワンピースなど。
多くは持たなくとも、そればっかり着てしまってもう一枚欲しいと思える服があっても良いなと思います。
中でもjujudhauのリネンもしくはリネンコットン素材の服は雨が降ったり、湿気が多かったり、暑かったりと
忙しい気候の変化にも慌てずに、気持ち良く過ごしていられるので手にする頻度も多いです。
似た様な形・・で持っている。のは勿論、同じモデルで生地違いで。というのもお構いなしであります。
お客様でも気に入って着て下さる方は、ユニフォームの様に着て下さるのがとても嬉しい。
IMG_4072

IMG_4074

IMG_4077
肩から身幅にかけてはゆったりと余裕を持たせ、丈は短めのボックス型シルエット。
フロントには縦に二列並んだボタン、一列はフェイクで一列のみボタンで開け閉めをします。
前開きでカーディガンやジャケットの様に羽織っても良いのですが、どうしても仕様上開けた両方に
ボタンが並ぶのでこのダブルの見た目がお好きな方は、ぴしっと締めた方がしっくり落ち着くかと思います。
両サイドに付く大きなポケットもハンカチなど入れておけて、やはり便利です。
IMG_4091

IMG_4082

IMG_4085
ムシムシと暑い日もカンカン照りの夏の日も、シャリ感のある身体に纏わりつかない生地はさらっと触れると涼しい。
インナーにタンクトップ一枚でその上に着ると、汗をかいても不快感もなく速乾性もある生地が心地良いです。
夕方の気温がぐんっと下がる日がありますが、そんな時もゆったりとしたシルエットなので薄手のカットソーを挟んで
嵩張らずに着れます。首元はきゅっと少し詰まった形ですが、アクセサリーをポイントにしたり巻物をプラスしたりと
ちょっとした小物遣いでも、気分転換になったり楽しさを増してくれるきっかけになりますね。
IMG_4093

IMG_4098

IMG_4106
サイドにはちょこっとスリット。着丈の長さはスカートやワイドパンツ、変形パンツなどあれこれ合わせ易いと思います。
気分的に着たくなるのは間違いないWHITEに加え、明るく可愛らしいYELLOWはとっても気になるお色で
店内でもぱっと目を惹く存在です。意外と黄色を好きな方がいらして驚き?と嬉しい気持ちでいますし、
「良い黄色!」とのお墨付きも頂けてにやりとしました。とは言え中々無いお色だと思いますし、
自分達でも出逢ってしまったと思う色や形があるというのは、洋服の魅力だと思いますので
ぜひ試してみて頂きたい。ネイビーは墨っぽい色目がぐっときます。いつでもネイビーを選んでしまう方にも
改めて良いお色なのでお勧めです。
IMG_4026
JUJUDHAU    12 BUTTON

color        LINEN  COTTON  YELLOW 

price        16500+TAX

SIZE        F 

IMG_4033
毎シーズン選ぶ12buttonですが、jujudhauの生地のバリエーションの多さから毎回新鮮な気持ちで迎えます。
早くも残すところ一色のみとなっておりますが、シーズンカラーのYELLOWの着た際の色の可愛いさをぜひ
ご覧い頂けたらと思います。(写真ではやや白っぽくなってしまっています。もうすこし着色味が濃いです。)
IMG_4036

IMG_4040

IMG_4043

IMG_4050

IMG_4052
全体的にコンパクトなサイズ感です。身頃や袖周りはどちらかというと余裕がありますが
肩の位置や袖の長さがどことなくきゅっとしていて、お選び頂く方でも小柄な方が多い印象です。
jujudahauの他のアイテムと比較するとコンパクトです。という表現が正しいのかもしれません。
肩周りがすっきりしている分、うえに薄手のカーディガンを羽織ったりベストを合わせたり、
コーディネートの幅は広がりやすい気もしますが、個人的には12のボタンが十分に印象的なので
一枚で着るのが良いかなと思ったりもします。
IMG_4054

IMG_4055

IMG_4057
くしゃっとした生地が独特の風合いの良さを感じさせるjujudhauの服。
似た様な柔らかくてくったりとしたボトムを合わせるとエスニックな雰囲気が増しますし、反対にハリのある
生地感のボトムを合わせると全体的に引き締まる様にも思います。
結局楽しくなると何に合わせようかと試行錯誤してしまうのですが、気楽だけどだらしなく見せずに
ぱっと手に取り着ることが出来る気分の上がる服というのは今からの時期、間違い無く重宝します。
jujudhauの服を手にしてしまう理由はそういったバランスをうまく落とし込んでいるからだと感じていますし
好きな生活の流れにぴたっと合うと、たちまちクセになる不思議な魅力を纏った服でもあります。
今着たい服です。ぜひ。

rasiku sasaki

6月26日

IMG_3997
FilMelange  TRENT W

color      Melange                 

price      28000+tax 

SIZE      3  /  4

IMG_4005
FilMelangeの得意とするスウェット生地と2重織の布帛生地を用いたパンツ″TRENT W”
カットソーのイメージが強いブランドですが、ここ数シーズンは張りがあって心地良い布帛素材にも力を入れています。
前面は旧式の織機を使って織られたぱりっとした強さを感じるオリジナル生地を使用。
裏面は度詰めされた杢グレーのスウェットを大胆に用いて、見た目の面白さは勿論ですが運動量を確保した
理にかなったパンツに仕上げています。素材を熟知しているからこそのデザインで″遊び心″と″ファッション性″のどちらも
感じて頂けると思います。僕自身の中ではスウェットを穿く感覚というよりは、グレーのスラックスに近い合わせでいくと
イメージが沸き易くて、写真で着ているジャケットであったりスポーティーなブルゾンなどと相性が良いように思います。
ワードローブの中心で穿く様なパンツでは無いと思いますが、気分転換したい場合や心地良い洋服に身を包みたい時
それ以外にも旅行などで動き易い服装をしたい時などにお勧めです。
大人がきちんと穿ける究極のリラックスウェアだと思います。
IMG_4007

IMG_4011
シルエットは全体的にやや細身でウエストはゴムである程度アジャストが出来て、内側にさらに調整出来るように紐が付きます。
ワタリから裾にかけて綺麗にテーパードして、裾はゴムで処理する事によってスポーティーな印象を受けます。
股下にガゼットクロッチの様なマチを付けいているので、多少の負荷が掛かっても問題ない様に作り込みをしています。
スラッシュポケットとバッグポケットで合計4つのポケットが付きますので、機能的にも申し分ないと思います。
IMG_3933

IMG_3940

IMG_3941

IMG_3948
この手のパンツを穿いた際に、足元の選択肢を悩む事が多いのですがシンプルにスポーティーなスニーカーが一番しっくりくると
僕自身は思っています。テーパードする裾のボリュームに対してやや存在感が出るスニーカーの合わせはバランスが取りやすく
動き易さという面でも間違いない合わせな気がしています。裾に入ったリブもちょっとしたアクセントになりますし
ソックスなどの小物使いで着こなしの深みを出すのが良いと思います。
IMG_3951

IMG_3953

IMG_3956
前から見る印象と後ろからの見え方は全く別物ですが、布帛生地で後ろポケットを付ける事によって繋がりが出て
穿き難さが軽減されているように感じます。直ぐに履きこなすのは正直難しそうですが、徐々に自分なりの着方が
見えてきそうな気がします。自分なりの″色″をどう出すのか、楽しみなパンツでもあると思います。
IMG_3965

IMG_3961

IMG_3962

IMG_3957

IMG_3958
FilMelangeらしいファッションを意識した目線でのモノ作りも個人的にはとても好きな部分でもあります。
カットソーがメインのブランドではありますが、強みを活かしながら新しい試みを次々と展開していくのは選ぶ僕らとしても
毎シーズン楽しみでありますし、ファションと言う自由な発想を持ち続けてそれをモノ作りにしっかりと反映させていると思います。
穿く事に喜びと楽しさを感じる事が出来るパンツを是非お試し頂ければ。
rasiku  sasaki

6月25日

IMG_3880
STYLE CRAFT  BELT

color         NUME BLACK         /       NUME DARK BROWN

price         22000+tax

SIZE         S   /   M   /   L         S   /   M   /   L

IMG_3882
STYLE CRAFTはバッグをメインに展開をしていますが、革小物に関してもラインナップは充実しています。
オリジナルの真鍮素材を用いたバックルとオイルをしっかりと含ませた牛革で作製されたベルトは、見た目以上にしっかりとした
存在感があります。ベルトは頻繁に買い替える物でも無いですし、なんとなく隠れているし・・・でどうしても
後回しになってしまうアイテムではありますが、実際には使う人であればほぼ毎日の様に使うものなので、
自分の目で見て納得できるモノに出逢えたら、その時に手にしておくのも良いと思っています。
ベルトの幅は2.5CMと細すぎず太すぎずで、殆どのベルトループに対応可能。
カラーは汎用性の高い″BLACK″とカジュアルな装いに合う″BROWN”の2色でご用意を致しました。
サイズに関してはベルトの付け根からの長さでS=89 M=97 L=105の3展開でベルト穴は7つあいています。
店頭で接客をしていると女性がするベルトが案外少ないと言われる方が多々あります。、柔らか過ぎる゙ザインやベルトの幅が
極端に細過ぎたりとバランスの良いのが見つかり難いのかもしれません。STYLE CRAFTの製品はユニセックスですし
私達夫婦もベルトを共有して使っていたりしますので、是非お試し頂ければと思っております。
IMG_3887

IMG_3890

IMG_3898

IMG_3900
僕自身が重要視したい部分はメインとなるレザーもさる事ながら、バックルの素材や大きさがデザインにバランス良く
マッチしているかどうかを注視して見ています。ブランドを主張するデザインやバックルが大きくなり過ぎてしまうと
レザーの雰囲気が伝わってこないですし、逆にチープな素材を使用してしまうと見た目が台無しになってしまいます。
ある程度どんなパンツにも合わせても主張が強すぎる事無く、すっと馴染んでプラスαくらいの見え方が丁度良い
バランスだと思っています。そういった条件で探してみると中々しっくりくるのが見つからないのがベルトだったりします。
パーツの1つ1つも拘りぬいて作製するブランドだけにその完成度は折り紙つきで、レザー同様に真鍮の経年変化も
楽しみながら使って頂くと、より愛着も増してそれこそ永く身に付けていたいと思う存在になるのでは。
IMG_3863

IMG_3857

IMG_3862
最近は軍パンにブラウンのベルトの合わせが自分の中でしっくりときて良いなと思っています。
気候・気温とトップスとの兼ね合いもあると思うのですが、重たい見え方になり過ぎない点もよく
今、とても好きな組み合わせです。
この先、秋冬になればツィードのグレーのパンツやフラノのネイビーパンツとの合わせなど、ちょっと早いですが
うっすら思い浮かべたりして楽しみにしているところ。
IMG_3869

IMG_3865

IMG_3870
白いシャツに色の落ちたデニム、足元は黒の革靴。今時期はタックインが断然お勧めです。
若い頃はシャツをタックインする事が殆どなかったというより似合わなかったのですが、年齢を重ねる程にシャツをきちんと
着る事の重要性が少しずつ理解してきたようにも思います。その際にベルトは必需品になりますのでカラー″BLACK”は
全体を引き締める意味においてもとても重要な役割を果たしてくれる存在です。
IMG_3903
STYLE CRAFT  K-DS-01

color         DARK BROWN      /      NAVY      /      INK BLACK

price         12000+tax

SIZE         8×7×5
IMG_3923
※NAVY
IMG_3927
※BLACK
IMG_3905
※DARK BROWN

IMG_3910

IMG_3915
rasikuでは初めての展開するコインケース″K-DS-01″
素材はしなやかでシボが細かな″GOAT”(山羊革)を用いて、巾着の様な立体的な構造に目を奪われます。
コインケースに関しては、お財布で十分という方も多いと思いますし持つ持たないがハッキリと分かれるアイテムではありますが
昔からポケットやバッグから気の利いたデザインのコインケースがさっと出てくる方を見ると、その所作も素敵ですし
その方の心の気持ち良さを感じたりします。
僕自身もコンビニやちょっとお茶を飲みに行く際には、長財布ほど大袈裟にならない小銭入れを持ち歩くように
しています。わざわざ分けるのは手間な部分もありますが、その仕草であったり手間を楽しむ心と時間に余裕を
持たせて過ごす方が、なんだか面白いのではないかと思っています。
カラーは3色展開で、ちょっとした贈り物などにしても喜ばれるのではないでしょうか。
IMG_3916

IMG_3920

IMG_3918

IMG_3977

IMG_3989

IMG_3996
サイズ感としてはそう大きくは無いので、使い易いどうこうという部分はその人の感覚でしかないと思います。
STYLE CRAFTの小物はバッグと同様に美しさを感じるデザインが多く、明らかに使い易く誰にでも合うような機能的な
側面は持ち合わせていないのですが、出来る限り自然に近いカタチを残そうとする部分に魅力を感じています。
1つ1つのモノとしての完成度の高さに加えて、質感や持っていて気持ちの高ぶりもレザーならではだと思います。
洋服が少し落ち着いてきたタイミングに、身に付ける小物類を充実させておくのも色々な広がりが出て
今までとはまた違った着こなしやちょっとした変化が楽しめるのではないでしょうか。

rasiku  sasaki

PageTOP