6月5日

IMG_2654
veritecoeur  VC-1305  リネンインディゴタックOP 

color       INDBLUE  

price       38000+TAX

SIZE       F SOLD
IMG_2659

IMG_2661
ずらりと並んだお洋服の中でも、勝手に目に飛び込んでくると言っても良い程展示会でもピンポイントで
選んでしまうアイテムのひとつが、インディゴのワンピース・・・いえ、インディゴアイテム全般好きです。
他に似た様なものも在ったかもしれないと思いつつ、基本的にはお構い無しでオーダーしてしまうぐらい。
今季選んだインディゴワンピースはveritecoeurらしい胸下で切り替えられたタックにより生まれる優しくゆらゆらと
波が揺れ動くようなシルエットが綺麗で、そして何よりもインディゴならではの色目に惹かれました。
大きく膨らみ過ぎない様に、また全体的な見え方も甘さだけが主張し過ぎない様に、首回りや袖のデザインは
すっきりとシンプルに仕上げられており、写真の様に下にワイドパンツやキュロットを重ねてもワンピースの裾の広がりと
重ねたボトムの広がりが層になって、またひとつ着方としての楽しみが見つかるかなと思います。
IMG_2664

IMG_2669

IMG_2671

IMG_2672
袖はやや長めの五分袖丈。
着丈はモデル身長166cmで、丁度膝が隠れるぐらいの長さになります。
実は二枚仕立てのワンピースで中にはコットン100%の裏地が付くので、一枚でも透けを気にする事も無く
さらっと着られます。外側リネン100%の生地はシャララっと着ていて身も心も軽やかにしてくれる生地感。
気温が高くなるとやはり自然と身体が欲するもの、食べ物にしても場所にしてもそうですが、
自分の中にも移り変わりを感じます。その時に必要とする物に触れると、それだけでも何だか
気分が楽になったり、リフレッシュしたり元気になったりしますね。洋服に限らず旬に触れるということは、
きっと単純に自分が楽しく生きる事にも繋がってくるのだなー等と、何となくですがそんな風にも思ったり。
IMG_2677

IMG_2679

IMG_2689

IMG_2697
二色選んだうちの一色、インディゴブルーはもう一色のインディゴネイビーをブリーチした色目になります。
グリーンを含んだグレーの様などこか不思議な色合いはそれだけで醸し出す雰囲気の良さを感じさせます。
初夏の太陽の下ではどう映るのか。着る時の楽しみのひとつにもなりそうです。
IMG_2699
color       INDNVY  

price       38000+TAX

SIZE       F SOLD
IMG_2707

IMG_2710
ザ・インディゴとでも言った様な深く染まった濃紺が美しい、もう一色のインディゴネイビー。
自分が着る事を想像すると、やはりちらっとでもボトムを重ねて丈を伸ばしたい気持ちですが
もう少し小柄な方が着られると、何かを無理に足そうとせずともそのままシンプルに一枚で着るのでも
十分に様になると思います。
色の濃さの為に着た時のシルエットも見ため以上にすっきりとした印象を受けます。
シンプルに一枚でも・・・と書きましたが、シンプルな洋服こそちょっとした小物遣いが楽しめるので
サンダルに麦わら帽子であったり、フラットシューズにスカーフなどなど、ぜひイメージを膨らませて
ワンピースに自分なりの色を添えて見て頂けたらと思います。
IMG_2713

IMG_2716

IMG_2720

IMG_2727

IMG_2730

IMG_2734
ふんわりとしたシルエットのワンピースですが、きちんとすっきりとふんわりのバランスがとれている形であったり
首のラインが綺麗なもの、色に深みがあって落ち着きのあるもの・・・ただただふんわりで可愛い!という
だけではなく、ちょっとした部分の違いが着た際に印象を大きく変えてくれるという事に気付かされます。
店内に並ぶ様々なワンピースの中でも、そこまで形にクセも無いタイプだと思いますし、何よりインディゴにしか無い
凛とした空気や経年変化は、着る度に気持ちまで高ぶらせる特別感も一緒に与えてくれます。
IMG_2740
普段パンツスタイルが多いのですが、時々無性にふわりと裾をなびかせてワンピースを着たくなります。
がらりと印象の異なる服を着ると、気分転換にもなりますしお客様の反応も新鮮だったり。
普段ワンピースを着られる方にもお勧めしたいですが、着てみたいなと思っていたり
ちょっとした変化を求めている方にも、ぜひ試してみて頂けたらと思います。

rasiku sasaki

PageTOP