6月14日

IMG_3287
TEMBEA     BAGUETTE TOTE LOGO

color        透明×NATURAL                 

price        13000+tax 

SIZE        23×37×14

IMG_3292

IMG_3296
TEMBEA LOGO シリーズの新作は、透明なビニール素材のバゲットトート。
懐かしい!と声にする方も多く、まさに夏のプールバッグを想い出す佇まいに思わずにニヤリとしてしまいます。
外側の持ち手はヌメ革のレザーを用いた異素材のコンビ。中には取り外しが可能なキャンバスの内袋が付いています。
あえて中の物を見せて持つのも軽快で楽しげ。何を入れて、どんな使い方をしようかと想像を掻き立てられます。
展示会で初めて見た時のインパクトもそうでしたが、発想の面白さと大胆さに惹かれました。
初めは自分の中でも持つイメージ出来ていたかと言うと難しかったのですが、季節が進み装いが軽くなるにつれて
エッジの効いた小物を持ちたくなったのと、やはり持つ人によって印象が変わるであろうモノとしての面白さが光る
物は自然と選びたくなります。自分が使ってみたいと思うもの。それが一番の理由です。
このちょっとした遊び心がTEMBEAというブランドの世界観の1つでもあり、人が思わず笑顔になってしまうモノ作りは
絶妙なさじ加減とプロダクトとしての完成度の高さが相まってこそ出来る事だと思います。
女性の方が持つイメージがし易いかもしれませんが、男性にもハズシのアイテムとして持って下さったら嬉しいですね。
IMG_3298

IMG_3300

IMG_3301

IMG_3308
カタチはTEMBEAのアイコンとも言えるバゲットトートで、あえて真ん中にしていない持ち手が印象的です。
メインがビニールでハンドルがヌメ革、インナーが帆布と全く違う3種類の素材が1つに組み合わせる事によって
今までに見た事のない立体感と面白さが生まれます。
バゲットトートの良さは、名前の通りバゲットを入れる為に作られた形なので縦長の物の収納に優れています。
また底面のマチが大きく設定されているので、見た目以上に荷物の収納が出来るのも使って実感する良さだったりします。
通常のバゲットトートと違って、内袋が付きぎゅっと絞って中の荷物を入れておけるので安心感もありますね。
もし定番のバゲットトートをお持ちの方はこういった工夫で自分なりにアレンジしてみるのも良いのかもしれません。
IMG_3303

IMG_3309
これからの季節、川や海などで遊びに行かれた時に濡れた衣類やサンダルなどをビニールに入れておく事も出来ます。
遊び心と意外性だけではなくビニールという素材の特性を活かす事で、思いもよらぬ所で活躍してくれるバッグに
なるかと思います。ナイロンやビニールの素材のバッグは沢山選択肢があって、わざわざTEMBEAのバッグでなくても良いと
思うのですが、あえて持つ事に意味がある気がしています。心の余裕などいう言い方は簡単に聞こるかもしれませんが
何処かに出掛けたりする時のキッカケや、これを持つ事でその時間や場所を楽しく過ごすことが出来るもの。
使う使わない、便利かそうでないかは二の次にして、そういった物を選んでみるというのも、
ひとつの大切な要素だと思います。
IMG_3251

IMG_3282

IMG_3264

IMG_3266

IMG_3267

IMG_3268

IMG_3270

IMG_3271
今までに無いアプローチのバッグは洋服の面白さやファッションを楽しむという″根っこ″の部分を感じさせてくれるアイテムです。
僕らは昨年夏用にとTEMBEAのスイカ柄のバッグを購入しました。暑い日に気分をあげるアイテムのひとつとして
スイカに次いで、この夏はビニールバッグで楽しんでみようと思います。
定番と言われるような通年を通して使えるモノとシーズンを限定したモノとを上手くバランス良く取り入れてみると
今まで以上の広がりや、また違った発見があって着こなしにもより深みが出せると思います。
食べる物にしても身に付ける物にしても、その時の気分で導かれるように、はっと心惹かれるものを直感で
選んでみるのも、買い物の醍醐味だなぁと思います。
どうしても装いが単調になってしまう時期にこそ、バッグなど小物が活躍してくれるのです。
このバッグに閃いた方は、ぜひ。

rasiku sasaki

PageTOP