6月16日

IMG_3481
trippen     GIRLY

color      BLACK-BK                 

price      44000+tax 

SIZE      35  /  36  /  37  /  38  /  39
IMG_3485
梅雨入りした盛岡。今日はどんよりとした曇り空から雨が降り続いていて、まさにそれらしい一日。
動くとじんわりきますが、気温も落ち着いていて着る洋服の選択肢の幅が広がります。
梅雨の晴れ間にお勧めしたいtrippenのシューズがサイズも揃って再入荷しております。
ワンストラップという心擽るデザインと女性らしい曲線的なフォルムに、凹凸のあるtrippenソール。
そのキュートさと頑丈さが組み合わさる事で生まれるギャップに惹かれてしまうモデル″GIRLY”
素足でサンダル代わりに履くのも良いですし、柄モノのソックスを合わせて甲から覗かせる楽しみもあって
履いているお客様がいらっしゃると、ついつい其々の足元に釘付けになります。
あ、その靴下の色との組み合わせが素敵!など、見る度にやはり可愛いと思うモデルでもあるんです。
カラーは足元を引き締めて見せてくれる″BLACK”をオーダー。真冬以外の3シーズン履ける靴なのでtrippenの1足目として
お選び頂く事も多いモデル。ストラップで脱ぎ履きがし易いというのも″GIRLY”の大きな特徴と言えます。
IMG_3492

IMG_3493

IMG_3495
素材はtrippenの中では一番タフで雨などにも強いとされる″BOX CALK”を採用。
履き慣れるまで少し時間の掛かる素材ではありますが、つるりとした表面は次第にシワが入り油分を多く含んでいるので
徐々に美しい艶が増してきます。革靴は半年くらい経過してからが本来の良さが出てくるので我慢も必要になりますが、
革靴の中では取り扱いが難しくない方だと思います。
多少雨などに濡れてしまった場合でも雨染みも出来にくく、女性でも安心して履く事が出来る革靴。
出来れば3か月から半年に一回くらいのペースでオイルを入れて頂ければ革も長持ちしますし、やはり簡単にでも
自分でお手入れをする事でぐっと可愛さも倍増すると思います。
自分達も出来る限りアフターケアの対応したいと思いケアについてなど店頭でご説明しますが、お客様が購入後に
足を運んで下さりケアについて「自分でやってみたいので・・・」といらして下さる事があるのも
嬉しい事のひとつだったりします。気を遣い過ぎずに、簡単なお手入れで十分というのも革靴に対しての
距離が近くなるきっかけにもなりますし、そこがtrippenの靴が親しみやすい理由なのかもしれません。
ストラップはギボシでアジャストするタイプで、3段階にフィッティングを調節出来ます。
一番緩くなる位置で留めるとそれなりに甲に余裕が出来るので、甲高で履く靴に悩まれている方にも
お勧め出来るモデルだと思います。
IMG_3490

IMG_3504
耐久性とグリップ力に優れた″trippen sole” 
trippenのソールの中では一番重量があるのですが、地面をしっかりと掴んでいる感覚を得られるソールで
個人的にはこのソールがとても好みです。一見するとゴツっとしたソールが重く目立つのではないかと、
ご心配されたりもしますが、実際履くと思ったよりも重さを感じないという方が殆どですし、
履くとソールのしっかりとした印象に対して、レザー部分の柔らかくて優美なフォルムが丁度良いバランスで
溶け込んでいるモデルだと感じます。ワンピースやスカートでも、またメンズライクなボトムにも合うので
気分によってがらっと服の印象を変えた際にも、どちらにも合う顔を持つ靴だとも思います。
IMG_3382

IMG_3395

IMG_3396

IMG_3404

IMG_3410

IMG_3421

IMG_3428

IMG_3438

IMG_3443

IMG_3445

IMG_3468

IMG_3451
足元が締まると、装いが軽やかでも全体の印象も気持ちも何だか違います。
気温が上がり暑くなるとどうしても、洋服も力を抜きたくなります。
そういう日はそういう日であっても良いと思うのですが、ラフになりすぎると見方によっては
だらっとして見えたり、行く場所によってはどうしようかと迷ってしまう事もあります。
夏の季節には革靴を履くのが少しだけ億劫になりますがサンダルに近い感覚で履けて、見え方が涼しげなのも
″GIRLY″の良さであり、秋口にはウール素材のソックスと合わせるのも温かみがあってお勧めです。
お気に入りの靴があると、それだけで一日が気持ち良く過ごせる事もあったりします。
今日は雨でしたが、選んだ靴がTRIPPENで天気と気分にぴたりと合って良い一日だと噛みしめていました。
GIRLYも、そんな一足になって頂けると嬉しいです。

rasiku sasaki

PageTOP