6月23日

IMG_3830
homspun    36/2ウェポン フロント釦PT

color      カーキ                 

price      19000+tax 

SIZE      S  /  M SOLD
IMG_3833
color      ベージュ                 

price      19000+tax 

SIZE      S  /  M
IMG_3835
color      ネイビー                 

price      19000+tax 

SIZE      S  /  M SOLD
IMG_3841

IMG_3846
あまりBLOGではご紹介する事が多くないのですが、このhomspunの釦パンツの素晴らしさや、
それらについてはこのボトムの存在を良く知るお客様とは店頭でつい暑苦しいぐらいの
熱量で話している事だったりして・・・それだけお薦めのボトムなのですが
案外このボトムを知っている方は、そう多くは無かったりします。
このお店で、極々限られた人の中で、だけですが知る人ぞ知る。な″釦パンツ″ 
ウエストポイント、通称・ウエポンと呼ばれる綾織のコットン地はアメリカ陸軍の制服規格に基づいて作られた丈夫な生地で
homspunではこの生地を用いたパンツは定番として長く作り続けられています。
今回のフロントに釦がずらずらと並んだモデルは、ここ3シーズンぐらい継続されているモデルでウエポン以外にも
デニムなど、他の生地でも作られていてその都度欠かさずにオーダーしています。
ヘビーに穿いても型崩れする事も生地が直ぐにクタクタになる事も無く、絶妙な光沢感があるので
デイリーにも穿けてちょっと小奇麗にも見せてくれるという、頼もしく優秀なパンツ。
選んで下さる方も、カジュアルになり過ぎず仕事でもがしがし穿ける!と気に入って下さる方が多いです。
IMG_3849

IMG_3851

IMG_3853
フロントの釦も特徴的ではありますが、腿のちょっと変わった位置に付いた玉縁のポケットも、
更には一際homspunらしさが光るヒップ部分の丸い切替えのデザインも、それぞれがさり気なく良いアクセントに。
また実際にヒップラインを包み込むような立体的なパターンにより、女性体型を上手くカバーしてくれる履き心地が
本当に堪らなくいい。全体がゆったりという訳では無くゆとりのある部分と締める部分のバランスも絶妙で
膝下からすっきりとテーパードさせているのですが、そこも細くなり過ぎるとまた印象が変わってきてしまう所を
程良い太さを保ちながらすっきりさせる事で、きりっとした格好良さもあり無骨な生地が映えるシルエットに
仕上がっている様に感じます。
IMG_3745

IMG_3749

IMG_3754

IMG_3776
明るすぎない深みのあるカーキ。
ハードな印象になってしまいがちな色目も、homspunの作るパンツはどこか柔らかい。
カーキもワードローブにあると穿く機会の多い色だと思います。
軍パンが苦手な女性の方には、このぐらいの色目から一度試して頂きたいです。
IMG_3784

IMG_3761

IMG_3765
裾は捲くってもそのままでも良いと思います。見た目の好みやどんな場面で穿くかなど、
その都度希望を聞いて、丈詰めの有無をお客様と相談して決めています。
裾が細過ぎないのでボリュームのある革靴とも合いますし、日常着で穿く場合はスニーカーでも。
ブラウスにパンツといった何気ないスタイルでも、homspunの服を身に付けるとちょっと気分が違うのです。
普通なようで、普通では無い。シンプルな見た目ですが、細かな部分を良く良く見てみると考え抜かれた
パターンであると同時にしっかりと作り込みがされていて、私達が思う最高の普段着。だと思います。
年代問わずに支持されているのにはきちんとした背景や理由があるなと、いつも思ってしまいます。
IMG_3790

IMG_3791

IMG_3795

IMG_3819
お仕事着として選ばれる事の多い色はネイビーと、そしてベージュ。

IMG_3807

IMG_3814

IMG_3810
BLOGなどでは紹介していないけれど展開し続けているアイテムが幾つかあります。私達の中では勝手に隠れ名品と
呼んでいます・・・(笑)情報を出す事もひとつですが、あえてそうしない事での特別な出逢いも大事。
そんなスタンスも自分達らしくて良いと思っていますし、実際、好きな方は自分の好きなモノを良く分かっていて
こういうのを探していたんです!と見つけて頂けたりすると、嬉しい気持ちと・そうですよね!という気持ちが
溢れてきます。。
人が良いと言ったモノが全て当てはまる訳では決してないと思いますし、ご自身の眼で見て触って何かを感じて
頂ければと思います。いつでも置いておきたい、お勧めのパンツです。ぜひ。
rasiku sasaki

PageTOP