7月4日

IMG_4375
MITTAN    SH-18 竹プルオーバー

color         

price       20000+TAX

SIZE       2 SOLD
IMG_4379
今日は梅雨の晴れ間で布をインディゴで染めたような青空が広がっている盛岡。
竹繊維を用いたMITTANのプルオーバータイプのシャツは、ドライなタッチとゆったりとしたシルエットで生地が肌にまとわりつかずに
風が心地よく抜けて湿気の多いこの時期は特に重宝すると思います。涼しさや着心地においてカットソーとは
また一味違った良さを実感できる1枚で、全体的に落ち感のあるシルエットも愛嬌があって面白いです。
最近は自分の中にある固定概念を一度払拭して、サイズ感や着方を今までと少し違った角度に落とし込んでみるのも
良いなと思って色々と試しています。何でも良いという訳ではないのですが、目の前にあるモノに対して自から
合わせていく様なイメージで、その中でもMITTANの洋服は袖を通して直ぐには馴染まない事が多いと思っています。
徐々に見えてくるシルエットであったり着方の部分で今までに無い感性に触れていくのが、とても新鮮で
これから更に歳を重ねた時に似合うようになってくれば良いなと思いながら袖を通しています。
IMG_4387

IMG_4388

IMG_4389
素材は竹(55%)綿(45%)の混合素材を用いています。
竹の繊維は麻よりもしなやかで、抗菌性や消臭性にも優れていると言われています。
夏場に着る素材としては申し分ないと思いますし、コットンを混ぜる事によってしっかりとした強さを感じます。
必然的にお洗濯の回数が増える時期ですが、それに耐えれるだけの耐久性も備わっています。

IMG_4384

IMG_4394
首元は″ガンジーネック″のようなスタンドになるタイプでワイドに開きがあります。
1枚で着用しても良いですし、タンクトップなどを挟んでも良いと思います。

IMG_4393

IMG_4401

IMG_4402
シンプルなデザインですが、パターンと生地との絶妙なバランスが相まって歩いているとゆらりとラウンドしたテールの
動きがしっかりと出る印象を受けます。

IMG_4396

IMG_4398
お尻がしっかりと隠れる長さになるので、細いパンツよりはワイドパンツとの合わせが今の所しっくりきています。
足元はサンダルなども雰囲気に合いまって良いのではないでしょうか。
身長178CM 体重63キロで着用サイズ2

IMG_4407
MITTAN    SH-18 竹プルオーバー

color         

price       16000+TAX

SIZE       2 SOLD
IMG_4417

IMG_4409

IMG_4411
染めを施していない″白″はより清涼感のある雰囲気に仕上がっています。
透け感がある生地ですので、インナーに1枚挟まれる方が良いと思います。
写真ではアクセサリーを付けていませんが、手元にシルバーなど合わせるとより″白″が引き立つ気がします。
IMG_4431

IMG_4420

IMG_4423

IMG_4429
カラーは染めのないタイプと藍染の2色でご用意をしています。
サイズはどちらも2で、男性・女性問わずに着て頂けると思いますし、どう着るのかを考えなければならない余白が
多いのもMITTANの特徴かもしれません。
最近の湿気の多い日にはこればかりになってしまっている自分がいます・・・
自然と手を伸ばしてしまっている理由はシンプル。心地良く過ごせるからだと思います。
是非お試しください。

rasiku sasaki

PageTOP