7月14日

IMG_4903
JUJUDHAU   BIB TUNIC

color       LINEN COTTON NAVY

price       19500+TAX

SIZE       F SOLD    
IMG_4916

IMG_4924
雨が降り続き、蒸し蒸ししています。朝天気予報を確認して、そこまで気温が高く無かったので
袖のある服を手に取ったモノの、うーん・・・若干暑い。。温度調節が難しいこの頃です。
本日はjujudahauから届いている二型のチュニックをご紹介致します。
素材はリネン×コットンのシャリ感のある生地で肌に触れる感覚もカサっとしていて、袖があっても纏わりつく様な
暑苦しさを感じません。冷房が効いた室内だとかえって袖ありのシャツを捲くったぐらいが丁度良かったりも。
何度も言うようですが、夕方になると突然寒くなる盛岡の気候には物凄くマッチした生地感だと思います。
IMG_4929

IMG_4933

IMG_4935

IMG_4950
今までにも何度か展開してきました個人的にも好きなモデルでもある、BIB TUNIC。
以前は前開きではなくBIBの部分のみに釦が並びプルオーバータイプでしたが、新たにフルオープンとなって
羽織っても着られる様になりました。好きなBIBのデザインはそのまま変わらずに残しつつ、
そのBIBの下に細やかに寄せられたギャザーなど、ちょっとした部分には変化が加えられ、
新しいのにどこかちょっとアンティークドレスの様な雰囲気もあり、またエスニックな要素もあり。
見る人によって色んな捉え方が出来るモデルだと思います。
なんとも表現し難い独特なバランス感を持つ服ですが、着るとそんな難しく重厚なものではなくて
案外さらっとしているのがjujudhauの良さでもある。と改めて。
なので、ボトムには普通にデニムやチノもしくは、あえて古っぽさを漂わせるのであれば軍パンなど。
その人のイメージする着方で合わせるのが良いと思います。
IMG_4942
撮影する際に一瞬、捲くろうかと悩んだけれど、ギャザーの感じが良くてそのままにした袖。
IMG_4947

IMG_4949
ポケットから、その下にちらっと見えるガゼットの存在もまた良しです。
IMG_4953

IMG_4956
前と後ろの大胆な着丈の差など、感覚的に違和感というか不思議な感じを覚えるのですが
それは悪い意味では無くて、そのちぐはぐさが楽しいと感じたり個性的で面白かったり。
その部分の主張が強すぎると、手持ちの服との合わせ方が難しくなってしまいそうですが、
jujudhauの服はその加減が絶妙で、何と言う事無く普通に着られる良さ。そして生地の気持ち良さ。
さくっと着れてなんだか雰囲気も良くて、気兼ねなく洗える。私達がいいなと思うそんなちょっとした
良さを感じて下さり、選んで頂けたら嬉しいです。
IMG_4964
JUJUDHAU   SHIRTS TUNIC

color       LINEN COTTON NAVY

price       20500+TAX

SIZE       F SOLD
IMG_4965

IMG_4973
似ている様で、異なるもう一型のSHIRTS TUNIC。
こちらも前開きの仕様で、羽織りとして着るのも良いと思います。
デザインもBIB TUNICよりシンプルで、身頃はゆったりですがシルエットはすっきりとした印象。
IMG_4977

IMG_4981

IMG_4984

IMG_4995

IMG_4990

IMG_4992
ゆったりな身頃に対して袖はやや細め。
七分袖にスリットが入る事で、見た目もほんの軽やかな印象になっています。
BIB TUNICと似ている様で違う部分には裾の形も。ぱつんと真っ直ぐスクエアなBIB TUNICと
柔らかにラウンドしているSHIRTS TUNIC。
ほんのちょっとした部分の違いですが、やはり前・横・後ろと全体で見た際の印象が変わります。
IMG_5000

IMG_5002
濃いはっきりとしたネイビーではなく、どこかグレーの混ざったような色目も好みです。
jujudhauの服の特徴としては、デザインは大きく変わらずに生地がそのシーズンによって変わったりするので
好きな色や柄、触り心地のものに出逢うと、その同じ生地で揃えて違う形を選ぶ事が多く
今回もこの生地が好きで、同じ色の服がずらっと並んだ箇所が店内に存在しているのですが
どれも同じ形では無いので、もしそのコーナーに出逢った方一瞬戸惑うかもしれませんが、
じっくりご覧頂けたらと思います。どれも違って、どれも良いのです。

rasiku sasaki

PageTOP