10月31日

img_9968
TEMBEA    CLUB TOTE SMALL           X-SMALL 

color       BLACK×BLACK

price       11800+TAX                  10800+TAX

SIZE       29.5×28.5×13.5              23.5×23×11
img_9951
color       NAVY×OXFORD BLUE
img_9942
color       NATURAL×NAVY SOLD
img_9943

img_9944
TEMBEAのCLUB TOTE SMALLと、さらにもう一回り小さいサイズ X-SMALL が入荷しました。
習い事やジム、クラブに通う為のショルダーバッグ。
今まではたっぷり容量の大きいサイズのみの展開だったのですが、数シーズン前よりサイズ展開が増えた分、
お選びになる方も使い勝手の幅もぐんっと広がって、TEMBEAの数あるモデルの中でも、人気ですぐ完売ー!!
といった感じでは無いのですが、時間はゆっくりでも必要としてお選び下さる方がいて、いつも何だかんだ
姿が無くなっている、堅実タイプでもあります。rasikuでも新型として登場してからずっと並んでいるモデルで、
個人的にもBAGUETTE TOTEと同じくらい良く使うのが、このCLUB TOTEだったりします。
その中でも女性がお選びになるのが、X-SMALL の小さい CLUB TOTE。ショルダーが調節出来たり
手持ちと肩掛けの両方が出来るのも良いですし、さっとお財布と携帯、ティッシュ・ハンカチ、鍵の必要最低限の物を
入れるだけで十分という方には、この形のこのサイズ感が丁度良いのだと思います。 
img_9946
メインとは別に、フロントに小さいポケットが付くCLUB TOTE。
この部分に鍵を入れたり、小銭入れを入れたりと、ポケットなどの収納は殆ど設けないTEMBEAのバッグは
それはそれで良さではありますが、一つあるとやはり使いますし、便利ですね。な、ポケット。
img_9950
小さいバッグはサイズ感の見た目は可愛くても、結局物があまり入らないと出番が減ってきてしまうのですが
あまり物が入り過ぎても、今度は見た目が可愛くなくなってしまったり、とバランス感が重要。
CLUB TOTEは一番小さいサイズでも多少のマチがあることで、収納力はしっかり確保できますし
縦の高さもほどほどにあるので、入れる物もそこまでぎゅっと絞らずに必要な物を入れ替えて
持ち歩けるのも良い部分かなと思います。
img_9905

img_9908

img_9911

img_9913

img_9920
これからの季節着る物の色目が一段とシックになったり、素材がウールになるとどことなく印象が暗っぽくなります。
その時に何処か一つ、鞄や靴など軽快な部分があると気分も爽やかになりますね。
寒い寒いと言っても、冬本番はもう少し先。
ここ数年はあまり気にせず年中無休で使っているキャンバスバッグですが、季節によって感じられる良さが
ちょっと違うのも面白いですね。
img_9954

img_9956
毎シーズン定番カラーとシーズンカラーから選ぶTEMBEAのバッグですが、その配色センスも絶妙だったりします。
今季の一押し、というかやっぱり好きな色ってどうしても偏ってしまうと選んだ色を見ながら痛感している
NAVY×OXFORD BLUE。同系色ででもちょっと違うブルーの組み合わせは、もう直感で選んでしまう。
ネイビーに濃い目の上品なブルーにステッチの白がきらり。やっぱり選んで良かったなと思います。
img_9958

img_9962

img_9964
SMALLサイズは男性女性どちらでも持てるサイズ感で、A4ノートや雑誌サイズぐらいは余裕で収まる大きさです。
肩紐の調整は出来ないのですが予めショルダー部分の長さはそこまで長い設定では無いので、掛け難さなどは
殆ど無いと思います。大体バッグがヒップから腰、腰のやや上あたりに触れるイメージでお持ち頂けたら。
サイズ感としても持っていても、そこまで嵩張らずバッグが主張し過ぎないので、普段バッグをあまり
持ち歩かないという方にも、がしっと大きく収納力たっぷりのバッグよりは使い易いのではないかと思います。
img_9924

img_9925

img_9926

img_9930

img_9935
10月最終日。明日からは11月がはじまり、今年もあと二ヶ月になるのですね。
なんとか理解しようとしているのですが、頭と身体とが付いて行かない感じです。
そうこうしているとアッと言う間に年末がやってきそうですね。ふー。
あっという間な日々ですが、毎日毎日色々な事があったり無かったり。
昨日も、とても久しぶりにお逢いできたお客様とお話して。お逢いできたことも、
お話下さったことも、とてもぐっと来たというかなんというか。
そんな出逢いがあると、また明日からも一日一日を精一杯やろうと思えます。
また11月も、どうぞよろしくお願いいたします。
rasiku  sasaki

PageTOP