定休日のお知らせ

img_0226
明日30日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

11月29日

img_0196
susuri     プラウパンツ

color      BLACK              /           BEIGE

price      29000+TAX

SIZE      M   /   MM                  M   /   MM
img_0199
とても穿き易くて、シルエットがとにかく綺麗、そして毎回素晴らしい仕上がりの生地。
susuriの作るパンツの形が好きで、ワードローブに少しずつ増えていき、今ではほぼ一年中スタメンで活躍中。
サイズが多少緩くても、腰に突っかかりさえすれば、たるんとしたシルエットも一つの表情・穿き方となり、
サイズで選ぶと言うよりは自分の穿きたいイメージで選ぶ事の方が多いパンツだと思います。
時には夫婦二人で兼用する事も多く、枠にはまらず、かといって極端にデザインに寄り過ぎていないsusuriの
パンツは女性だけでは無く、男性にもぜひお試し頂きたいなと思います。
今季オーダーしたプラウパンツは、M / MM 2サイズ、BLACKとBEIGEの2色展開となっております。 
img_0202
プラウパンツは近代の農耕作業者の姿をイメージしてデザインされたパンツ。
フロントはボタンフライでこの仕様も女性にとっては好みが分かれるところでもありますが、フロント部分の釦のみ
優しい手触りの包釦になっていて、なんだかそれだけでもちょっと気遣いが感じられて嬉しかったりします。
ウエスト・ヒップ・ワタリはややゆったり目の設定になっています。ウエストにはサスペンダー用の釦が付くので、セーターもしくは
シャツにボトムをサスペンダーで吊ってハイウエスト丈短めで、足元はウールのソックスにミドルカットのブーツなど。
少しだけクラシックなワークウェアのイメージに寄せた着こなしも良いなと思います。
反対にゆったりサイズをそのまま腰で落として裾にわざともたつきを出して穿くのも良い。
裾にかけてラインがすっきりしていて見た目は綺麗な印象のパンツを、少々野暮ったく見せる。
正統派も天邪鬼も、好きな様に着る事が出来る、不思議な幅を持ち合わせたパンツです。
img_0204

img_0208
表地は、しっとりと柔らかくやや毛羽立ちのある生地。
素朴なツイル地を時間をかけて染め上げたものを使用しています。
いつも思うsusuriらしい、なんとも表現し難い、優しく深みのある色目と生地感。
内側には表地と異なるコットン100%の生地を張っているので、ウールパンツを穿いた時の様なふわっとした
暖かみもあり、それでいて滑々とストレスの無い肌触りは、本当に言葉が出なくなる程に気持ちが良い。
寒くなってくるとコットン100%のパンツはすーすーして身体にも堪えます。中にタイツを穿いたりレギンスを重ねたり
あれこれ工夫をすれば寒さもしのげますが、それでもやはりウールのパンツなど穿くと、その違いにはっとします。
ウールのパンツ程まではいかずとも、裏地が付くだけでもぐっと保温性は上がりますし、季節的にも今から真冬・春・・・
きっと真夏以外は穿けると思います。
ウールのパンツ程、季節が限定されないので、きっと重宝するのではないかなと思います。
img_0111

img_0116

img_0117

img_0119

img_0124
ジャンルとかブランドを気にせずにフラットな着方を最近は好んでしてしまいます。
力を抜くというのは中々難しいかもしれませんが、単純にお洒落なイメージというよりは何だか分からないけれど
雰囲気が良く見えるような、そんな服装を少しずつでも提案していきたいですね。
img_0130

img_0131

img_0132

img_0133

img_0136
ゆったりですが、すっきりして見えます。履き心地も同様にゆったりなのにすっきりなんです。
susuriのパターンの巧さは、コートやワンピースでも良く感じられるのですがパンツも同様に巧さを実感します。
出すところは出して、引くところは引く。といった感じで、絶妙。
きっと男性には新鮮に感じて頂けると思いますし、そんなに多くの方に好まれるタイプの洋服では
無いとしても、穿いてみると案外何という事なく、普通に感じる方もいるのではないかと思います。
デイリーに穿くボトム、プラスアルファの部分で手にしてみては如何でしょうか。
img_0145

img_0150

img_0161

img_0165

img_0168
綺麗な色のセーターが、より一層映えるベージュのパンツ。
シャツをタックインしてサスペンダー無し有り、どちらでも。ジャケットやベストを重ねて、マニッシュな装いも合うパンツですし、
裾にかけて細くすっきりしているのでチュニックや着丈の長いシャツなどとも相性が良いです。
裾は捲くると配色の裏地が色を覗かせてアクセントにもなります。
ざっくりとしたシンプルなセーターに、パンツの丈を短めにして可愛い柄の靴下をちらり、足元は恰好良い革靴で。
冬は冬で寒いけれど、やはり小物遣いを考えると楽しいです。
img_0172

img_0181

img_0183
susuriのパンツを男性モデルでご紹介したのは初めてかもしれません。
いつもスカートやキュロットなどオーダーが女性モノがメインだった事もありますが、今季はコートに続きボトムもサイズ展開を
広げています。男女関係なく着て頂きたいなと、今回は特にそう思ったコレクションかもしれません。
susuriらしい世界観を、ぜひ洋服から感じて頂けたらなと思います。

rasiku sasaki

08コーヒーキャラバン

img_0880

img_0881

img_0882

img_0883

日時 12月3日(土曜日) 10:30~19:00
    12月4日(日曜日) 10:30~16:00

場所 rasiku店内

秋田にあるコーヒー屋さん。08COFFEEの児玉さんが出張喫茶&SHOPというカタチで
12月3日(土曜日)と4日(日曜日)の2日間、rasikuに来てコーヒーを淹れて頂けることになりました!
企画名は、その名も「08コーヒーキャラバン」
店主の児玉さんとは年齢が一緒で、お互い過去にどっぷり運動漬けだったという共通の話題があったりで
意気投合し、自分の中でもふとした時に話がしたくなったり、何も言わないけれど児玉さんの活動に勝手に
刺激を受けたりと、秋田で地道にコツコツと地域に根付くお店のオーナーとして、とても尊敬しています。
僕らも一度、08COFFEEの旧「HANARE」・現「豆と暮らしの販売所」にて、出張SHOPをさせて頂いた事があって
爽やかな風が抜ける気持ちの良い時期に、ボーダー祭りの楽しい時間を過ごさせて頂いたのですが
今回はrasikuで、08COFFEEのコーヒーをお楽しみ頂く機会を、ということで喜んで引き受けさせて頂いた次第です。
コーヒーに纏わるあれやこれや、もしくは児玉さんの生い立ち、ラグビーのはなしなどなど。どこまで聞けるかは
その時の気分次第だと思いますが、色々とお喋りしながら、ハンドドリップのコーヒーを楽しんで頂けたらと思います。
店内ではコーヒー豆やコーヒーに纏わる道具なども一緒に販売させて頂きますので、是非この機会に足をお運びください。
僕も08COFFEEのいちファンとして楽しみにしています。
今回の企画に至った児玉さんのBLOG(毎回、良い話。)が、とても良いなぁと思ったので、
こちらのBLOGもご覧頂けたら。
ちらっとでも児玉さんの人柄が伝わるかと。でも実際は逢って話す。コーヒー頂く。のが一番!かと。
寒くなってきましたが、心も体もほっと暖まる時間になればいいなと思います。
ぜひ二日間お誘い合わせの上、美味しいコーヒーを飲みにいらしてくださいませ。

11月27日

img_0097
STUFF    HADLE TOTE NO.3

color      WASH BLACK

price      26000+TAX

SIZE      51×49×10 
img_0077
STUFF    HADLE TOTE NO.3

color      DARK NAVY

price      22000+TAX
img_0079

img_0083
通年を通して持つ事が出来る布素材のバッグですが、秋冬の装いを考えた際にコートやセーターの素材感がほんのすこし
重たくなる時期に、見た目の軽さを出せるという点でもお勧めです。
今シーズン″STUFF”でオーダーをした素材は2種類。
打ち込みの良いリネン100%を用いたタイプのWASH BLACKと、しっかりとした厚みがあり斜めに畝が入る
コットン50%・ジュート50%を掛け合わせた素材のDARK NAVY。
STUFFに用いられる素材は全てオリジナルで作製されていて、リネンに関して言えば、ここまでしっかりとした
生地感のものはそうお目に掛かれないのではと思います。
STYLE CRAFTが提案する布バッグだけあって、天然素材を用いることで生まれる印象の柔らかさに加えて
どこか凛とした緊張感が伝わってくる。布バッグでもまた全然違う空気を持ったバッグです。
男性が年齢問わずに格好良く持てる布のバッグだなと感じて展開を決めたので、洋服だけで完成させるのではなく
バッグなどの小物もコーディネートの一部として、色々と組み合わせて頂けたら嬉しいです。
img_0086

img_0093

img_0095
初めて展開をしました″HADLE TOTE NO.3″は、バッグそのものは大きく見えますが底面のマチが無いので、
見た目よりも容量はそこまで大きく無いというのがポイントです。フラットなカタチなのであまり荷物を入れ過ぎると
型崩れしてしまって背負った時にあまり恰好良く見えないので、ファイルや雑誌などの縦長の物を入れたり、
持ち物は多く持たないけれどバッグ好きな方にお勧めしたいデザイン。
幾らでも何でも入ります!というような汎用性の高いバッグも好きなのですが、用途などがある程度限定されている
融通の利かないものにも心が惹かれてしまいます。こんなに入りそうなのに、あんまり入らない。
でも見た目がすきだなぁと、あっけらかんと思える心の余裕があれば、きっと良いと思います。
インナーは両サイドにZIPポケットとスラッシュポケットを完備。STUFFのバッグは外側に一切の仕切りやポケットなどはありませんが
内側にさり気なく機能性を持たせているので、お財布や携帯細々としたアイテムを収納するのにとても重宝します。
img_0012

img_0010
STYLE CRAFTのバッグにも共通する部分ですが、STUFFもショルダーの長さに余分が出ないように設定をしています。
使う人によってはアジャスト出来た方が良いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、デザインと機能のバランスを
どちらも最大限活かした作りなので、使いながら慣れて頂くのが一番だと思っています。
これから冬にかけて厚地のコートを着た際には斜め掛けは難しいかもしれませんが、そんな煩わしい一面も僕は好みです。
年齢を重ねるにつれて機能的な事が全て良い訳ではないなと感じるようになりました。デザインあってこそのモノ作り
というのも重要だと思いますので、見た目の美しさというのも愛着が持てる理由の1つになるのではないでしょうか。
img_0022

img_0025

img_0024

img_0019
コットン×ジュートの素材は素材自体は柔らかいのですが、厚みがあって生地の強さもしっかりと感じて頂けるはずです。
自然光で写真を撮っているので少し明るめに感じるかもしれませんが、ブルーとネイビーが混ざったような独特な色目で
ちょっとぐっとくるカラー。斜め掛けにすると身体にしっかりとフィットしてずれたりする感覚が殆どありませんので、
普段自転車で移動される方にもお勧めです。
コートやジャケットにウールやナイロン素材を着て、布のバッグを合わせる事で生まれる程よい抜け感が良いなと思っています。
img_0051
STUFF    SHOULDER NO.3

color      WASH BLACK

price      36000+TAX

SIZE      45×42×13 SOLD
img_0057

img_0060
STUFFの展開をはじめた1年半前にも、セレクトしていた″SHOULDER NO.3″
打ち込みの良いリネンキャンバスを用いたバッグは、パラフィン加工(蠟引き)されているので使いはじめは硬さがありますが
徐々に蝋が無くなり生地が馴染んでくると、自然に蓋が閉じるデザインが活かされ、格好良さが増します。
同じ物を購入をして頂いて使用しているのを見させて頂いた事があるのですが、衝撃を受けるくらい別物と言っても
良いくらいに良い雰囲気に生まれ変わっていました。新品の状態もこれはこれで良いのですが、ガシガシと使い込まれた
キャンバスのバッグはぐっと人を惹きつけるものがあります。
img_0063

img_0067

img_0074
長さを調整するアジャスターの金具もBLACKで統一。きちんと艶消しがされていますのでバッグと同様にマットな表情で
パーツの1つ1つもしっかりと作り込みがされていて、妥協の無い物作りは製品そのもののオーラ―に繋がってきます。
内ポケットは両サイドに吊りポケットが完備されています。底面のマチが広く設定されているのである程度荷物を
入れても型崩れしにくく、ZIPなどで閉じる設定ではないので容量がそれなりに欲しいという方にお勧めしています。
img_0027

img_0031
ショルダーの長さはアジャスターが付くので調整が可能ですが、一番長く設定をして斜め掛けが可能。
バッグの開け閉めは自然に蓋が閉じるように作られているので、機能美という言葉がしっくりと当てはまります。
僕らも素材違いで使用していますが、ショルダーバッグの見方が変わるくらい夫婦で毎日使い続けています。
男性・女性問わずにお使い頂けるので、ご家族でシェアするのもありだと思います。
img_0035

img_0043

img_0044

img_0038

img_0039

img_0045
使い込まれて、その人の相棒の様になっているバッグを見ると単純に良いなと思ってしまいます。
デニムや革靴もしかりですが、一緒に旅をしたり日常生活を共に過ごす中での時間の経過が自然に刻まれた
服や物だったり道具は、持つ人の癖や使い方が意図せず表れていて、わざとらしいエイジングとはまた別物で、
新しい発見をもたらしてくれたりもします。
布バッグはお手入れもあまり気にせずに経年の変化を一番に感じられるのも好きで、気が付くとそればかり
使ってしまう。このお店の規模に対して、この布バッグの量・・・自分でもたまに呆れますが、好きだから
仕方がないです(笑)良いと思える物はこれからも提案し続けていきたいと思っています。

rasiku sasaki

11月26日

img_9961
FUJITO    SINGLE P-COAT

color      NAVY

price      55000+TAX

SIZE      M   /   L   /   XL 
img_9968

img_9973
FUJITOから着丈を長めに設定した、クラシックで大人な雰囲気漂う″SINGLE P-COAT″が入荷をしています。
rasikuではDUFFLE COATは毎シーズン欠かさずに展開をしていますがP-COATを扱うのは初めての事。
自分自身もコートが好きと言う割に、実は今まで手にしてこなかった事もあり、いつか自分が着たい!と
思えるものに出逢えたら展開しようと思っていたアイテムの1つ。
しっかりと作り込みがされている上に、一番の決め手は子供っぽく見えない点に心が惹かれました。
素材はガチガチの厚地メルトンでなく、中肉でしっかりと目の詰まったものにチェックの裏地を張り合わせている仕様。
袖を通した印象としてはコートとジャケットの中間を着るくらいの感覚で、汎用性という面においても申し分ないと思います。
お尻が隠れるくらいの着丈なので裾の干渉が少なく、普段車移動の多い方や、そこまで本格的なコートや厚地のものを
求めていない方にお勧めしたい1枚です。保温性の違うコートを、その日の気候や気分に合わせて何枚かを使い分けながら
冬を過ごすのが好きなので、中肉のメルトンコートは想像よりも使い勝手が良い1枚になると思っています。
保温効果が少し物足りなさを感じる場合には、薄手のインナーダウンを1枚挟んで着るのもお勧めです。
img_9983

img_9984
通常P-COATの釦は左右に並んで付きますが、あえてシングルにした事により見た目がすっきりとした印象に映ります。
FUJITOらしい解釈で落とし込まれたコートは、クラシックな一面は残しつつもP-COAT全体の印象を殆ど崩していない
という点が素晴らしく、ヴィンテージなどの古き良きものに精通しているデザイナーだからこその足し引きのバランスの
巧さが際立っていると思います。古着で探してもなかなか良いモノが見つかり難いアイテムだと思っているのですが
新品で作っているブランドの多くは、どちらかと言えば着易くというか着丈が極端に短かったり、素材が柔らか過ぎて
しまったりと、大人が格好良くきちんと着られるP-COATは選択肢が少ないと僕自身は感じています。
img_9985

img_9995
首元のチンストラップは冬の冷たい風から身を守る為に必要なディティールの1つ。
チンストラップを収納できるスペースも衿の裏に完備しているので、スタンドにはせずに巻物をして着るのも良いと思います。
img_9988

img_9997

img_9992

img_9994
デザインソースは軍モノからですが、素材選びや絶妙なシルエットでエレガントに現代的に作り変えるのがFUJITOの真骨頂であり
コレクションブランドという立ち位置ですが、年数を重ねてもデザインが古くさく感じさせない良さがあると思っています。
ジーンズに合う洋服を作るというぶれない軸があるからこそで、SINGLE P-COATもお気に入りのデニムに合わせて
足元は軽さを出してキャンバスのスニーカーでも良いですし、男らしくプレーンな革靴で合わせるのも◎だと思います。
img_9986

img_9998

img_0003
コート自体は無骨な雰囲気がありますが、何処か柔軟さを持ち合わせている点もFUJITOらしいモノ作りの特徴でもあり
ファッション性を意識しながらも日常着としての機能があってこそというのがしっかりと伝わってきます。
チェックネルの裏地、袖は滑りの良いストライプのキュプラ、表から見えない部分にもきちんとした拘りを持って作られている洋服は
袖を通す度に気持ちが上がりますし、無意識的な感覚でついつい手に取ってしまう気がしています。
特にコートに関して言えば着心地はとても重要で、表地・裏地共にクオリティの高い素材を使用しているので袖を通した時の
感覚で納得して頂けると思っています。天然素材ならではの温かみのある生地感、深みのあるネイビーは冬が来る度に
引っ張り出してきて擦り切れるくらいまで愛着を持って着たいと感じさせてくれる1枚になると思いますので
じっくりと時間をかけて付き合って頂けたら嬉しいです。
今シーズンはこの他にもう一型、FUJITOのコートが入荷していますので、また後日ご紹介致します。
rasiku sasaki

PageTOP