11月3日

img_0034
FilMelange    BUSH 

color       MELANGE

price       40000+TAX

SIZE       1(LADY’S)  /   3   /   4
img_0039

img_0041
FilMelageが秋冬シーズンに定番で作り続けている素材の1つ、最高級のメリノウール100%を贅沢に用いたフリース素材。
見た目からも化学繊維のフリースとは明らかに違う、ふわふわとした気持ち良さそうな質感を感じて頂けると思います。
防縮した糸と未防縮の糸を掛け合わせる事で手触りはさらりとしながらも、糸1本ずつの質感をはっきりと感じれ、
着心地に徹底的に拘るブランドだからこそ出来る、天然素材100%のオリジナルフリース生地を作り出しています。
ファッションシーンでは勿論ですが、機能的に見ても化学繊維よりも断然に優れているので、アウトドアや旅行などにも
シーンを選ばずに幅広く力を発揮してくれるはずです。軽くて暖かな素材、そして何よりも天然素材という所に
惹かれて毎シーズン欠かさずにオーダーをしているアイテムの1つになります。
img_0044

img_0045
何型かデザインはあるのですが、今シーズンは前開きのフルジップタイプを選びました。
昨シーズンはプルオーバーをセレクトしましたが、機能的な側面と着易さを考慮するとこのフルジップがベストに感じました。
季節的に考えるとインナーはニットやスウェットがベターだと思います。フードの合わせもなしではないのですが、
首元がスタンドですので、デザインを活かすのであればクルーネックとの合わせが好相性かもしれません。
今時期はZIPを閉めて着るとアウター代わりとしても十分活用出来ますし、気温が更に低くなってきた際には
コートのインナーとして着るのも良さそうです。身頃に厚みが出ますのでコートを着る際にはゆったりとした
オーバーサイズのコートを羽織るのがお勧めです。
img_0048

img_0049

img_0051
脇、裾はネイビーのパイピングの処理で統一。
首元のリブの切り替えしと共に、ネイビーが入る事によって全体を引き締める効果がありますしアクセントにもなります。
縫製はカットソーブランドらしくフラットシーマを用いて、ポケットにあたる部分を上手に組み合わせています。
目には見えにくい縫製技術の高さもFilMelangeの製品に共通している部分だと思います。
img_0047

img_0054
ZIPは別注の「F M」が刻印されたオリジナルジッパーを使用。
裏地は肌辺りの良いコットンの別生地が貼られていています。裏地選びは意外と重要で着用する度に心地良さを
感じさせてくれる洋服と言うのは気が付くと手が伸びますし、季節が巡る度により大切に着ようと思えるはずです。
贅沢な素材を用いている為に誰もが手にし易い価格設定ではありませんが、着るという事に喜びを実感できる1枚に
なると思いますし、見ると着るとでは全く感覚が変わるベストだと思いますので、一度店頭でお試し頂けたら嬉しいです。
img_0056
FilMelange    BYRD3 

color       LT.MELANGE

price       18000+TAX

SIZE       1(LADY’S)  /   2   /   3   /   4
img_0059

img_0061
インナーで着用していたスウェットも同ブランドのロングセラーアイテム″BYRD3″
細かなモデルチェンジを繰り返しながら作り続けられているアイテムで、下目に付いたパッチポケットがアクセントになっています。
何てこと無さそうな井出達ですが、袖を通すと着心地の良さは勿論の事、やり過ぎていない絶妙なグレーの霜降り具合に
目が奪われます。何色か展開をしているのですが、rasikuでは毎シーズン″LT MELANGE”のみをセレクトしています。
img_0063

img_0064

img_0065
素材は超長綿を作る過程で振い落された良質な繊維を集めて作ったリサイクルコットンを表面のみに使用。
裏面にはオーガニックコットンを用いて、吊り編み機でじっくりゆっくりと時間を掛けてオリジナル裏毛を作製しています。
FilMelangeのラインナップの中でも、一番柔らかで一緒に空気を纏うような感覚を感じて頂ける1枚だと思います。
唯一の注意点としてお洗濯をガンガンしてハンガー干しをしてしまうと折角の風合いが損なわれてしまったり、
型崩れしてしまいますので、優しく手洗いをして風通しの良い所に平干しするのがお勧めです。
どんな素材にもメリット・デメリットが必ずありますので、少しずつでも理解を深めて上手に付き合っていくと当然ながら
長持ちもしますし洋服をより好きになる1つのきっかけにもなると思います。
img_0068

img_0067

img_0066
肩は可動域が大きいラグランスリーブを採用。ポケットは左胸のやや下目の位置に付きます。
袖・裾共に強すぎない絶妙なテンションですので、着ていて裾が上がってくることも殆どありません。
こういった普通なアイテム程奥が深く、デザインやシルエットを足したり引いたりしてブランド色を強く出そうとするのですが
BYRD3に関しては、ブランドの色を殆ど感じさせない極力シンプルに削ぎ落とした″普通さ″が良かったりします。
img_0069

img_0070
贅沢な素材を用いていますが、デイリーに気兼ねなく着れるというのがFilMelangeの良さだと思っています。
良い素材を使った洋服は時間が経過した後も雰囲気が良く、より身体に馴染んでいくのが実感できると思いますし
ボロボロになるまで着続けるという事が多いような気がしています。何年か何十年後か分からないですが、
ヴィンテージと言われる洋服になり得るくらい素晴らしいプロダクトだと思っていますし、僕自身は作り続けられている限りは
ずっと着ていたいと思わせてくれる希少なカットソーブランドです。ベスト・スウェットどちらもお勧めの逸品ですので是非。

rasiku sasaki

PageTOP