11月5日

img_0077
susuri    ブリューゲルワンピース 

color     check

price     29000+TAX

SIZE     M SOLD
img_0078

img_0085
susuri立ち上がりシーズンから続くブリューゲルシリーズ。
ある時はコートの形で、またある時はチュニックとして、その時の気分だったり時代や物語のイメージに沿って変化し続ける
susuriのアイコンとも言える服。今シーズンはワンピースとなってその姿を現しました。
袖を通すと、身体と生地の間にはふわっとした空間が生まれ、触れたり触れなかったりする生地との余白を
ただサイズカが大きいと捉えるのか、その部分も含めてこの服だと捉えるかによって見方も変わるワンピース。
かくかくっと四角いシルエットも、だぶっとした長い袖も、誰かに合わせたサイズ感という事ではなく、
誰にでも合う自由さを持った服。誰にでも合う・・・というのも、ちょっと違うのかもしれません。
基本や軸とする部分はあれど、好きなら細かなことは気にしない!そんな風にざっくりと服を着られる方は、
着ていて自由に楽しめる服だと思います。
img_0089

img_0092

img_0100
ワンピースとして一枚で、ばさっと着るのも雰囲気あって良いですし、写真の様に色々なボトムを組み合わせて
チュニックとして着る楽しみもあります。
チェックの柄とも絶妙にマッチしている直線的なシルエット。
肩幅も身頃も、たっぷり。袖幅もそして袖の長さもゆったり。
袖はくるくるっと捲くっても良くて、また袖口がきゅっとしているので釦を留めて、わざとゆったりと
もたつかせた袖の形も、とても良かったりします。
ぴたりとジャストサイズで着る洋服は当然しっくりと馴染みますし何より気持ちが良いものです。
それも勿論洋服の醍醐味なのですが、そういう理想の服に出逢う事はなかなか難しい。
そんな理想の服に出逢うまでの寄り道が楽しいという事、そして合わない(と思っている)サイズや形を
自分の体型に合わせて着るという事の面白さ。特にこういったサイズがあって無いような服に出逢うと、
どんな方が試されてもその都度新鮮で、同じ印象にはならないので本当に面白いですし、自分で決めつけて
選択肢を狭めてしまうのは勿体ないなぁ。と、そんな事を想わせてくれます。
img_0104
垂らしても結んでも、良い紐。
ブリューゲルシリーズの目印のような、ディテール。
img_0105

img_0108

img_0116

img_0117
背中の中心にきゅっと寄せられたギャザー。フロントには両サイド低い位置に大きなポケットが二つ。
柔らかくて優しい印象のオフホワイトの生地にのせられた、近くで見るとはっとする様な細やかなチェック柄。
可愛らしいとも思いますが、ただそれだけでは無く、繊細でとても力強い芯の強さを感じられる服です。
デザインも生地感も、画像を見るだけでは伝えきれない事の方が多いsusuriの服。
寒くなって暗めの服の出番も必然的に増える頃ですので、コートの下からちらりと覗かせて見ては如何でしょうか。
img_0126
susuri    クアードロギャザーロングシャツ

color     check

price     28000+TAX

SIZE     MM
img_0128

img_0136
もう一型は、同じ素材を使用した前開きのロングシャツ。
こちらはサイズMMと、一番大きいサイズのみの展開で男女問わず、着て頂く事の出来るシャツです。
スタンドカラーのすっきりとした首元。
マフラーやストールを合わせたり、ベストやショール、ロングカーディガンを纏ったりと、小物遣いや重ね着もし易い
スタンドカラー。この衿の形の良い所は、どこか雰囲気が和らぐというかキマり過ぎずにふわっと中和されるので
そのどちらにも寄りすぎずの曖昧な所の良さを求めて下さる方には、お勧めしたいです。
img_0138

img_0144

img_0146

img_0148

img_0150
裾まで真っ直ぐすとんと落ちる美しい縦のライン。
先に紹介したワンピースと、確かに似ているけれど形が変わると気分がまたがらりと変わる。
サイズ感は同じようにゆったりで、やはり余白は感じるものの、些細な部分がきちっとする事で
背筋がすっと伸びる様になる。シャツというのは凄い。サイドのスリット、ガゼット、こういう部分もきっと
気付かない所で、身体や心に影響している。
img_0153

img_0158

img_0161
近づいてよく見ると、また更に心が震えるのはこのチェックの存在があるから。
程良い厚みと強さのある生地も、このぽこぽことしたジャガードのチェックによって温かみを感じさせます。
美しすぎる縫製に一瞬見落としてしまいそうですが、フロントの中心部と、型には四角い切替を入れていたり。
見れば見る程、その生地の良さに感動してしまう。
susuriの服はデザインに惹かれるのは勿論ですが、同じくらい目の前に現れた瞬間、布にときめく。
というのも、もう毎回の事なのです。
オリジナルで作られる生地は、本当に職人さんの技術も含め、関わった全ての人の力を感じさせられますし、
そこを決して言葉に出さずとも肌に触れたり、実際に着用を繰り返すことでの経年変化を自分達も身を以て
体感しているので、自信を持ってお薦め出来ます。当たり前の事ですが、当たり前では無いのだと思うので
そう思える服と出逢えて、自分達もとても嬉しい。
img_0164

img_0166
susuriは基本的にユニセックスのブランドですが、rasikuでの展開は今の所レディースが多めです。
ですが、モデルによってはMMサイズをオーダーする事もあり、人知れず密かにメンズのラックに並んでいる事も。
今季はコートもMMサイズをセレクトしていたりしますので、ぜひ気になった方は女性も男性もどちらでも
お試し頂けると良いなと思います。

rasiku  sasaki

PageTOP