11月11日

img_9465
ANDERSEN-ANDERSEN   THE NAVY TURTLENECK

color      OFF WHITE 

price      42000+TAX 

SIZE      XXS  /  XS  /  S  /  M
img_9473
color      BLUE 

SIZE      S  /  M
img_9470
color      BLACK 

SIZE      XXS  /  XS  /  S  /  M
img_9384
冬の寒さを凌ぐ為の道具の役割を果たしてくれる″ANDERSEN-ANDERSEN″のフィッシャーマンセーター。
海と隣り合わせで生活をするデンマークの人々にとって、生活の一部として愛されてきたフィッシャーマンセーターですが
大量生産の風潮から効率を優先するあまり、セーター本場の国においても非効率なセーターを作る工場やニッターが著しく減少。
後世に受け継がれていく様な、ほつれた箇所はお直しをしながらでも着たいと思える愛着を持てる本物のセーターを
作りたいというデザイナー(ピーター ケアー アンデルセン)の想いから2009年にブランドを創業。
最小限に抑えられたシンプルなデザインは飽きがきにくく、カラーも汎用性を重視した展開なので、ぐっと惹きつけられます。
初めて袖を通した感覚としてはお世辞にも着易いとは言えない、どっしりとした昔ながらの風合いを感じます。
2年前に夫婦で1枚ずつ購入してから着用をしていますが、冬の寒さが厳しい岩手で生活をする僕達にとっては
無くてはならないアイテムの1つで、お洒落をして着る感覚というよりは寒さから身を守るための手段として重宝しています。
徐々に身体に馴染んでくるヘヴィーウェイトのセーターは好みがはっきりと分かれると思いますが、クラシックなスタイルを好まれる方や
何となくでも物から伝わってくるオーラに着てみたいと思って頂ける方がいらっしゃったら嬉しいです。
5ゲージのずっしりとしたタイプはタートルネックのみのセレクトで、ホワイトとブラックのみXXS(女性のMサイズ)から展開しています。
img_9388

img_9389
素材は南米産のメリノウールを用いて、理想のフィッシャーマンセーターを作る為にオリジナルの糸を作る事から始まりました。
気持ち良さを感じる柔らかさと、着ても型崩れなどがし難い耐久性のどちらも持ち合わせるのが条件でしたが
イタリアの紡績工場で協力をしながら糸を生成して、上記の条件に見合うANDERSEN ANDERSENオリジナル素材を開発。
しっとりした質感と肌触りでローゲージなニットながらも大味な雰囲気は皆無で、むしろ繊細さを感じる雰囲気で
使用されている糸1本1本の繊維が長く、例え伸ばしてもしっかりとキックバックのある唯一無二のニットに仕上げています。
サイズ感を合わせる際に、大き目めのサイズを選んでしまうよりはジャストサイズくらいから徐々に身体に馴染ませていく
イメージでお勧めをしています。着用して3年目くらいで気持ち良く着れるのが理想です。
img_9396

img_9397
適度なフィット感のあるシルエットで、インナーにはシャツを着ても良いですしカットソーどちらでもバランス良く着て頂けると思います。
直接ニットが肌に触れる感覚が苦手な方は薄手のタートルネックを1枚挟むとストレスが少なく保温効果もアップします。
急な寒さで、昨日から慌てて着用をし始めましたが身体を包み込む様なニットの感じは着ていて安心感がありますし
重さに関しては、温かさと引き換えな部分もありますので慣れてくればという表現が正しいかなと思っています。
軽くて温かいものを求めている方には不釣り合いなニットだと感じますし、昔ながらの表現かもしれませんが
インポート製品ならではの少し痩せ我慢も必要なのかもしれませんね(笑)どんな製品にも言える事なのかもしれませんが
一長一短があって、着る人がどう捉えるのか・・・ただそれだけの様な気がしています。
僕自身は岩手の様な寒さの厳しい地域に住む以上は防寒用のニットとして必要だと感じているので、需要があるなしに
関わらず出来る限り提案し続けていきたいですね。
img_9392

img_9401
今シーズンはカラー″BLACK”が気になり展開をしています。
″BLUE”よりもシックで落ちついた雰囲気で、ワークジャケットやダウンベストのインナーとしてあえて綺麗なイメージで着てみるのも
お勧めです。パンツもブラックで合わせて、コートはベージュもしくはオリーブでまとめるのもありだと思います。
今まであまり展開をしてこなかったカラーなので、ネイビーやグレーなどのニットをお持ちの方は是非挑戦して頂きたいです。
img_9408

img_9413

img_9416
カラー″OFF WHITE”は糸の柔らかさがより表現されている1枚で、男性は勿論ですが女性にもお勧めしたいセーターです。
昨年はレディース用に作られたパターンのモノを展開していましたが、今シーズンはサイズレンジを小さく落とし込んだヘヴィーな
セーラーセーターを提案しています。ここまで作り込まれたセーターはレディースブランドで探すとなると殆ど出てこないと思いますので
多少重くても着たいと思って頂ける方に手にとって頂けたら嬉しいです。
王道の合わせかもしれませんが、仕立ての良いベージュやネイビーのトレンチコートと合わせて着て頂きたいですね。。
img_9419

img_9425
落ち着いたカラーだと目立ちにくいのですが、色目が明るくなると畦編みの凹凸がはっきりと見えてきます。
身体のラインをシャープに見せる効果もありますし、冬に着る″OFF WHITE″は色で気分転換も出来そうですし
コートやジャケットなどが重い色が増える時期だけに、アイテム自体よりも組み合わせるとしっくるとくる場合が多いです。
特に男性が着る″白″のニットはぐっと心を掴む「何かが」ある気がしています・・・
img_9427

img_9430

img_9432

img_9433

img_9436
店頭で接客をしていて聞かれる事が「着ていて重くないですか?」と「着易いニットですか?」というのが大半です。
流石に毎日着ていれば疲れてしまいそうですし、何を基準に着易いというのかも難しいのですが
たまに着るから楽しかったり、気候や気温に合わせて最適に過ごせそうな洋服の選択肢の幅が少しでも広ければ
持っていて良かったと思えるのではないでしょうか。その場凌ぎの一過性的な考え方ではなく、ある程度の時間の
経過と共にしみじみとモノの良さを感じる事が出来れば、重さや着易さといった断片的な部分は然程気にならなく
なってくると思っています。世の中にはもっと着易くて温かく過ごせるアイテムが沢山存在していますし、無数にある
選択肢の中から″ANDERSEN-ANDERSEN″のフィッシャーマンセーターが僕自身は良いと思って提案をしています。
もう一型7ゲージのタイプも入荷をしていますので、そちらはまた明日に紹介をしたいと思います。
rasiku  sasaki

PageTOP