11月14日

季節が冬へと移り変わろうとしている途中で訪れた、ただただ幸せに感じる穏やかで暖かな日。
雨にも降られたからか?空気が一層澄んで、とても気持ちの良い、月曜日の朝。小春日和。
ふらりと足を運んだ近くの公園は、今まさに紅葉が見頃で、ふらっといったつもりが気付けば随分と時間が
経っていました。立ち止まっては目をつむったり深呼吸したり。
鮮やかに染まった葉の色も、既にはらりと落ちて辺り一面を埋め尽くす落ち葉も、そして雪化粧の岩手山に
晴れた空の色。全てが何もかも良かった。
落ち葉を掃いて集めて、その公園綺麗にして下さる方々もたくさんいました。
気持ち良く過ごさせて頂いて、有難いなと思いました。
あと数日堪能できるかと。お近くの方はぜひ行ってみてください。
img_9512
homspun    メルトンシングルショートコート

color      ネイビー 

price      54000+TAX 

SIZE      S   /   M
img_9513

img_9521
冬には絶対欠かせない、本気の冬のアウターと言えば。このhomspunのメルトンのコートだと言いきりたい。
定番で展開してきましたが、昨年はこのシングルコートは一旦お休みで、何人かの方には”あのコートは?”と
お問い合わせ頂く事も。その場に無くても思い出して着てみたいと思って貰えるというのは、何かしら
記憶に残る衝撃があるのではないかと。もしくはやはりあれ以上のモノと出逢えない・・・という気持ち、
でもあるのかな?と勝手に良い方に解釈しております。
あの店に確か、暖かいのがあった様な・・・と思って来て頂けたら嬉しいです。
正直、これほどにがしっと厚みもあり重さもあり、ちゃんと暖かいと思えるアウターは中々無いのでは
ないかなと思います。
img_9525

img_9527

img_9529

img_9530
綺麗な形の衿に、縦に四つ並んだ釦。
とっても厚みのある生地なのに、(なのにという事も無いかもですが)肩はドロップしていて、
着始めは腕が少し浮くというか脇が閉じないというか。生地の固さに思わず笑ってしまう程。
馴染むまではやや動き辛さも感じ、時間が必要かと思いますが、がっしりとしていて、その馴染まなさや
頑なな感じが、むしろ頼もしくて愛しくて、毎回触る度に良いなと思っています。
頑丈な生地に対しての、ドロップショルダーのシルエット、ポケットや裾の形の可愛さ、それらのギャップにも惹かれます。
img_9536

img_9538

img_9546

img_9548
肩のデザインの感じですとゆったりとしている印象ですが、身幅はどちらかと言えばすっきりタイトで
縦長のシルエットになります。中に着込むというよりは、シャツにニットやベスト、ミドルゲージのセーター一枚ぐらいが
温度的にも丁度良いかと思います。
着丈はヒップが隠れるミドル丈。半端丈は、ロングスカートやキュロット合わせづらいですよね?とご質問頂く事も
あるので、今回は個人的に好みなロングスカートを組み合わせてみました。
確かに半端丈にはなりますが、私はこのどちらでもない感じが好きなので合わなくは無いと思います。
パンツの方が綺麗に納まると思う方はパンツと合わせて頂くのが良いと思います。
裾のカッティングが綺麗なので、その分ボトムに対してちょっと軽やかさを与えてくれる感じもあります。
最終的に気になる方は、前を開けて着るのも良いのでは?
img_9551
わざと、ちらちりと、見せたくなるくらい、内側まで素敵なのですから。
img_9553

img_9557

img_9559
かれこれ4年以上、私もこのコートを着ていますが、びくともしません。まだまだ着れますし、着ます。
生地はウールが馴染んで、大分身体との距離感が縮まってとても良い状態になりました。
少しきちんとした格好の際にも、ブラシをかけて着たりします。12月になったらこのコート登場させます!
と、季節と共にこのコートを出して、着て過ごして下さる方もいてくださり、とても嬉しい。
今シーズンは、このシングルショートコートはネイビーのみでの展開になります。
同素材で、ダブルのロングコートをご用意しております。
多くは展開していないので、冬の防寒着としてのコートをお探しの方は、どうぞお早めに。

rasiku sasaki

PageTOP