11月29日

img_0196
susuri     プラウパンツ

color      BLACK              /           BEIGE

price      29000+TAX

SIZE      M   /   MM                  M   /   MM
img_0199
とても穿き易くて、シルエットがとにかく綺麗、そして毎回素晴らしい仕上がりの生地。
susuriの作るパンツの形が好きで、ワードローブに少しずつ増えていき、今ではほぼ一年中スタメンで活躍中。
サイズが多少緩くても、腰に突っかかりさえすれば、たるんとしたシルエットも一つの表情・穿き方となり、
サイズで選ぶと言うよりは自分の穿きたいイメージで選ぶ事の方が多いパンツだと思います。
時には夫婦二人で兼用する事も多く、枠にはまらず、かといって極端にデザインに寄り過ぎていないsusuriの
パンツは女性だけでは無く、男性にもぜひお試し頂きたいなと思います。
今季オーダーしたプラウパンツは、M / MM 2サイズ、BLACKとBEIGEの2色展開となっております。 
img_0202
プラウパンツは近代の農耕作業者の姿をイメージしてデザインされたパンツ。
フロントはボタンフライでこの仕様も女性にとっては好みが分かれるところでもありますが、フロント部分の釦のみ
優しい手触りの包釦になっていて、なんだかそれだけでもちょっと気遣いが感じられて嬉しかったりします。
ウエスト・ヒップ・ワタリはややゆったり目の設定になっています。ウエストにはサスペンダー用の釦が付くので、セーターもしくは
シャツにボトムをサスペンダーで吊ってハイウエスト丈短めで、足元はウールのソックスにミドルカットのブーツなど。
少しだけクラシックなワークウェアのイメージに寄せた着こなしも良いなと思います。
反対にゆったりサイズをそのまま腰で落として裾にわざともたつきを出して穿くのも良い。
裾にかけてラインがすっきりしていて見た目は綺麗な印象のパンツを、少々野暮ったく見せる。
正統派も天邪鬼も、好きな様に着る事が出来る、不思議な幅を持ち合わせたパンツです。
img_0204

img_0208
表地は、しっとりと柔らかくやや毛羽立ちのある生地。
素朴なツイル地を時間をかけて染め上げたものを使用しています。
いつも思うsusuriらしい、なんとも表現し難い、優しく深みのある色目と生地感。
内側には表地と異なるコットン100%の生地を張っているので、ウールパンツを穿いた時の様なふわっとした
暖かみもあり、それでいて滑々とストレスの無い肌触りは、本当に言葉が出なくなる程に気持ちが良い。
寒くなってくるとコットン100%のパンツはすーすーして身体にも堪えます。中にタイツを穿いたりレギンスを重ねたり
あれこれ工夫をすれば寒さもしのげますが、それでもやはりウールのパンツなど穿くと、その違いにはっとします。
ウールのパンツ程まではいかずとも、裏地が付くだけでもぐっと保温性は上がりますし、季節的にも今から真冬・春・・・
きっと真夏以外は穿けると思います。
ウールのパンツ程、季節が限定されないので、きっと重宝するのではないかなと思います。
img_0111

img_0116

img_0117

img_0119

img_0124
ジャンルとかブランドを気にせずにフラットな着方を最近は好んでしてしまいます。
力を抜くというのは中々難しいかもしれませんが、単純にお洒落なイメージというよりは何だか分からないけれど
雰囲気が良く見えるような、そんな服装を少しずつでも提案していきたいですね。
img_0130

img_0131

img_0132

img_0133

img_0136
ゆったりですが、すっきりして見えます。履き心地も同様にゆったりなのにすっきりなんです。
susuriのパターンの巧さは、コートやワンピースでも良く感じられるのですがパンツも同様に巧さを実感します。
出すところは出して、引くところは引く。といった感じで、絶妙。
きっと男性には新鮮に感じて頂けると思いますし、そんなに多くの方に好まれるタイプの洋服では
無いとしても、穿いてみると案外何という事なく、普通に感じる方もいるのではないかと思います。
デイリーに穿くボトム、プラスアルファの部分で手にしてみては如何でしょうか。
img_0145

img_0150

img_0161

img_0165

img_0168
綺麗な色のセーターが、より一層映えるベージュのパンツ。
シャツをタックインしてサスペンダー無し有り、どちらでも。ジャケットやベストを重ねて、マニッシュな装いも合うパンツですし、
裾にかけて細くすっきりしているのでチュニックや着丈の長いシャツなどとも相性が良いです。
裾は捲くると配色の裏地が色を覗かせてアクセントにもなります。
ざっくりとしたシンプルなセーターに、パンツの丈を短めにして可愛い柄の靴下をちらり、足元は恰好良い革靴で。
冬は冬で寒いけれど、やはり小物遣いを考えると楽しいです。
img_0172

img_0181

img_0183
susuriのパンツを男性モデルでご紹介したのは初めてかもしれません。
いつもスカートやキュロットなどオーダーが女性モノがメインだった事もありますが、今季はコートに続きボトムもサイズ展開を
広げています。男女関係なく着て頂きたいなと、今回は特にそう思ったコレクションかもしれません。
susuriらしい世界観を、ぜひ洋服から感じて頂けたらなと思います。

rasiku sasaki

PageTOP