12月5日

img_0390
TATAMIZE    DUFFLE COAT

color        GREY

price        72500+TAX

SIZE        M   /   L   /   XL 
img_0394

img_0396

img_0398
rasikuでは冬の風物詩の様な、僕自身にとっては冬を越すのには欠かす事の出来ない道具のひとつ。といった様な
存在で愛着も一入。毎シーズンセレクトをしている、TATAMIZEが作る″DUFFLE COAT”が入荷しています。
今シーズンは定番で展開をしていたカラー″CAMEL”や″NAVY”ではなく、普通と言えば普通の様で、でも在りそうで無い、
″GREY”を選びました。シンプルにデニムに合わせたいというそんなイメージがぱっと浮かんで、洋服のトーンが全体的に
落ち着く時期だからこそ映えるカラーに惹かれて選びましたが、実物が届いてじわっとくる良さを実感しています。
ここ最近は朝夕の厳しい冷え込みに耐えられず、既に3年前に購入したTATAMIZEのダッフルコートを投入して
通勤していますが、純粋にウール地の温もりの重要性を確認していると同時に、毎年少しずつ体が馴染んできて
年々良いなぁと思えるコートだと感じています。
保温性が高い分、重量感もそれなり・・・にありますが、それを差し引いても十分に満足して頂けると思います。
肩にずしんとくるウールの重みは次第に慣れますし、しっかりと目の詰まったメルトンは、着用を繰り返す事で
より柔らかな表情になり、いつしか自分にとって他には変え難いとっておきの1枚に変わってくるはずです。
img_0405

img_0406
TATAMIZEのダッフルコートはスッキリとしたシルエットが特徴。
着丈が長く設定されていないので、コートならではの着ればそれなりに雰囲気が出るものとは違った良さを感じます。
メルトンの厚みから考えても、これ以上丈が長いと足さばきに多少のストレスが掛かりそうですし、身頃も比較的タイトなシルエットで
下から吹いている風も入りにくく、絶妙なバランスで作られている事が着ると良く分かります。
img_0408

img_0411
ダッフルコートのアイコンとも言える麻のロープは、太くてちょっと大袈裟なぐらい迫力のあるものを使用。
使いはじめはロープの穴にトグルを通すのも、やや苦戦するほどにしっかりと力強いロープなのですが、
年数が経つにつれて輪が広がる事を想定してのことなので、馴染めばするっと留められます。

img_0412

img_0414
ポケットは左胸に1つとハンドウォマーポケットの合計3つ。プラスで小さなツールポケットが真ん中に付きます。
TATAMIZEの洋服はポケットの付き方や形状で、ブランドらしさや個性を表現している洋服が沢山あって
決してデザイン性が強いという訳ではないのですが、何処か懐かしさを感じたり不思議な魅力が詰まっています。
自分から近づかないと着熟せないような少し突き放した感じが好きで、TATAMIZEを格好良くしれっと着る人を
見ると何だか嬉しい気持ちと、悔しい気持ちが湧いてきてしまいます(笑)
img_0417

img_0421
フードの形状にも一工夫が施されています。収納が可能で折り畳んでショールカラーの2通りの着方が楽しむ事が出来きます。
パラフィンの生地で切替しているのはオリジナリティを感じる部分で、後姿を見た際にちょっとしたアクセントになります。
img_0424

img_0419

img_0429
コートは洋服の中でも特別な存在になると思います。
その中でも冬に着るコートは洋服を楽しむ事も理由として勿論ありますが、温かみを感じて身体と心を少しでも気持ち良く
過ごす為の手段としても欠かせないものになってくるはずです。一過性のものではないという事は確かな事ですし
思いきって自分に投資するというくらいの気持ちで選択をしてみも良いのでは・・・とも思っています。
軽くて高機能で暖かなコートは世の中に沢山出てきていますが、クラシックなスタイルでじっくりゆっくりと物と向き合いながら
付き合えるコートを僕はお勧めします。
rasiku sasaki

PageTOP