12月10日

img_0564
STYLECRAFT WARDROBE  JACKET♯3

color      GRAY BLACK

price      49000+TAX

SIZE         /   Ⅱ   /   Ⅲ
img_0573
ここ数日で盛岡も北東北らしい気温と気候になり、セーターや厚手のコートを何も考えずに手に取って着てしまう
本格的に冬籠りを考えてしまう、そんな季節になりました。
来年の事を想像しながら過ごしていると1日1日があっという間に終わってしまい、2016年も残り僅か。
秋冬にオーダーした商品も最後の納品が続いていますが、STYLECRAFT WARDROBEから楽しみにしていた
ジャケットとベストが届いています。
毎シーズン春夏・秋冬とオーダーをし続けている″JACKET♯3″
ディティールやシルエットの変更はせずに毎シーズン作られていて、その完成度の高さは自分自身も気に入って良く着ているので
良く分かります。展開をずっと続けているお陰で、ジャケットに関しては、一着購入された方が素材違いで欲しいと
リピートして下さる事もあり、とても嬉しい気持ちになります。
パンツに関しては素材違いで・・・というのは良くあるのですが、ジャケットで同じモデルを素材違いで購入するのは稀で、
気に入って着て下さる方にとっては、日常生活で無くてはならない存在になっていると思うと、今後もずっと
提案していければいいなという想いが強くなります。
ジャケットとカバーオールを足して割ったようなシンプルで洗練されたデザイン。
身頃に絞りをいれずにアームホールなどもゆったりとしているので、窮屈さや着難さを感じないのがいつでもジャケットを着たいと
思える理由なのかもそれません。
img_0575

img_0574

img_0576
今シーズンのウールを用いた生地は、WOOL50%・SILK50%を掛け合わせた混合素材に滑りの良い裏地が付きました。
表情もよりふっくらとして袖通りが良くなり保温性もアップしております。インナーはシャツの合わせも良いのですが、ジャケットの
雰囲気から肩の力を抜いて着る方がバランスが取り易いのでクルーネックのスウェットやセーター、もしくはハイゲージのタートルネックなど
を合わせるのがお勧めです。
STYLECRAFT WARDROBEのジャケットはラペルをきっちりと設けていないので、スタンドにして着るのも◎
シャツなどを着て綺麗に着る場合には別として、普段使いであればこういった着方もお勧めで首元の保温性が格段に
上がりますし、見た目の抜け感もより表現出来ると感じています。
img_0579

img_0582

img_0583
フロントは3つ釦にパッチポケットが2つ付きます。
それ以外に内ポケットなどは付かない作りで、デザインは極力無駄をなくしたシンプルさを追求しているように思います。
シルエットが特徴的で、身頃はかなりゆったりと設定しているのに対して着丈は短め。
ワークジャケットの様な井出達にも見えるのですが、素材に用いられているウールの生地感も相まって着ると何処か品があって
不思議な感覚にさせられるジャケットだと思っています。着たら直ぐに格好良い!!と思うという訳ではなく、
徐々に自分なりの着方が見えてくるのだろうと想像しています。それは数日か、数週間か数か月かは分かりません。
何年後かもしれません。直ぐにはやってこないしっくり感。だからこそ、自分の中でその服がやっとしっくりと
自分の服になった時の喜びは一入で、その気持ちがつい、素材違いで・・・というのに繋がるのかなと思います。
ある意味完成されたデザインというのは、使う側にとっての少しの隙間があるというはどの分野でも
共通項な気がしています。
img_0581

img_0585

img_0586

img_0589
ジャケットの良さは・・・と考えてみると気分によってシャツと革靴に合わせて綺麗にも、または足元スニーカーでカジュアルに
着崩す事も出来て、いざっていう時にも一枚あると便利。何より、服をちゃんと着よう。っという感覚を
その都度、取り戻させてくれるところに在ると僕は感じています。
デイリーに穿くデニムやチノにスウェットを着てその上から羽織るも良し、同素材のパンツがあればセットアップで着たりと
その人の着こなしの幅がぐっと広がるのがジャケットの良さだとも思います。
自分自身、昔よりもちゃんとジャケットが着られるようになってきたかなとも思うのですが、時々着てくださる
年上男性のこなれたジャケットスタイルを目の当たりにすると、まだまだだなと痛感しています・・・
いずれにせよ、毎日ではなくとも男性には、特別な日にはジャケットを羽織って貰いたいなと。ふと。
img_0594
STYLECRAFT WARDROBE  VEST♯2

color      GRAY BLACK

price      30000+TAX

SIZE      Ⅰ   /      /   
img_0602
同素材を用いたベスト。
着丈が長くVゾーンが狭く設定されていて、重ね着をする際に1枚ベストを挟むだけで保温効果が随分変わってきます。
カットソーだけでは見た目の物足りなさを感じる場合や、室内で体温調整をしたい時などにあると便利なのがベストだと
僕自身は思っています。出張や旅行に行く際には必ずベストを着るかバッグに忍ばせておいて、長時間移動の乗り物内で
身体が冷えてきた時や、目的地に着いて思ったより寒い!なんていう場合にはとても重宝をしています。
肩がないので重ね着をしても着膨れはしませんし、何をするにも動き易いのがメリットです。
img_0610

img_0616

img_0618
STYLECRAFT WARDROBEが作るベストは後ろの着丈が長めに設定されているので、前は比較的すっきりとしたバランスに
見えるのですが、シャツなどを合わせた際にテールの長さが丁度良く収まる様に作られています。
機能美を感じるベストだと思いますし、2枚仕立てになった事により風が抜けにくく温かさをより実感して頂けると思います。
img_0606

img_0607

img_0608
室内で作業が多く細かな温度調整をしたい方や冬の装いにちょっとだけアクセントを付けたいという方、また近年随分と
選択肢が増えてきた中綿入りのタイプではなく、質感であったり雰囲気で着たいなと思う方に試して頂きたいです。
ベストは見るよりも着てみるとより機能的な部分を実感できるアイテムの1つだと思っていますし、一度着だすと手放せなくなる
くらい無くてはならない存在になるはずです。
クラシックなデザインのものは飽きが着難く、手持ちの洋服と合わせると意外とすんなり合わせられる事が多いので物は試し
くらいの気持ちで袖を通して頂ければと思っております
ジャケット・ベスト共に全てのサイズが揃っていますので、サイズ違いでも着比べてみて頂きたいです。
サイズⅠ.に関しては女性にもお勧めしていて、お選び頂く機会も増えてきました。
男性・女性に関係なくお勧めしたい素晴らしいデイリーウェアです。是非。
rasiku sasaki

PageTOP