12月18日

img_0973
FUJITO   HOOD COAT

color     NAVY  

price     48000+TAX

SIZE     M   /   L   /   XL
img_0978

img_0987

img_1000
FUJITOの秋冬展示会を見た際に、コートやジャケットの完成度がどれも高くどの部分を切り取って提案しようかと
悩みに悩んだ結果、3シーズン対応可能な今シーズン新たにリニューアルされた″HOOD COAT″を展開する事にしました。
ビジネスにもカジュアルにも着れる懐の深いコートは、ワードローブの主力になる1枚として自信を持ってお薦めさせて頂きます。
冬場はインナーに暖かな素材のウールや薄手のダウンを着て頂ければ十分に冬を越せますし、少し季節が進んだ冬と春との
何を着ようか迷ってしまう境目に一番活躍するのではないかと思っています。寒さのピークを越えても、北東北は
そこから春の暖かさを感じられるまでが相当に長いので、張り切って薄地のコートを着るという訳にはなかなかいきません。
しっかりとした張りと肉感がある2枚仕立てコートは、クラシックなステンカラーコートをFUJITOらしいアプローチでポケットの数や
取り外し可能なフードなどオリジナルのディティールを付け加えています。今シーズンから着丈の長さも膝が隠れるくらいの
長さに設定した事によって、よりコートらしい見た目になったと思っています。
img_1002

img_1003

img_1005
素材はコットン63%・ナイロン37%の超高密度に織られた混合素材を使用。60・40クロスをイメージして頂くと分かり易いと思います。
スーツスタイルに合わせてもマッチする落ち着いた質感に落とし込んでいる辺りも、着る人にとって汎用性や利便性を
大きく広げてくれていると思いますし、中途半端にスーツ用を考えるのであれば断然こちらをお勧めします。
コートをセレクトする中で重要視するポイントが、肩がセットインスリーブではなくラグランスリーブというのが僕自身は好みです。
セットインスリーブでも着易くゆったりとしていれば良いと思うのですが、シルエットを綺麗に見せるが故に袖と肩周りが
細目に仕上げていると、どうしても中に着込む事は難しくなるので出番が限られるのが難点だったりします。
ゆったりとしたラグランスリーブなので、ジャケットを着た上からでも対応出来ますし、厚手のニットなども問題ありません。
フロントにある2段式のポケットは人其々によって使い方は異なると思うのですが、1つはハンドウォマーポケットとして
もう一方はスマートフォンや小銭入れなど普段身に付けている細々した物を入れておくのに良さそうです。
大きさは1段目よりも2段目の方が深く大きめに設定をされています。
機能と美しさの両方を兼ね備えた洋服を作るというコンセプトにもしっかりとマッチしたディティールだと思います。
img_1007

img_1008

img_1010

img_1012
商品名の″HOOD COAT”にもある通り、ステンカラーコートには珍しく釦で取り外しが簡単に出来る大き目のフードが付きます。
北海道や岩手に住んでみて気付かされた事なのですが、雪がしっかりと降っている日は意外とフードが活躍して
被って傘をささずに歩けたりして、僕自身はコートについてるフードを冬場は多用してしまうので重宝するディティールだと
思っています。フードの内側もキュプラの生地でしっかりと作り込みされているのも◎です。
首元の簡易的なチンストラップも、軍モノのコートなどに良く見かける仕様でするとしないとでは保温効果が大きく違って
きますので、小さな部分ですが実用的なスペックが詰まっています。
img_1014

img_1016

img_1017
内ポケットは左右に付きます。
裏地は前・後身頃は茶系の生地、袖はグレーのストライプの生地で、どちらも贅沢にキュプラ100%を使用しています。
滑りの良い生地なのでストレス無く袖が通りますし、フックなどにかけておいても裏地や縫製がとても綺麗なので
置いておくだけでも十分に様になります。コートは外見の部分もとても大切でハンガーに掛かっている状態なども含めて
手に取りたいと思えるか、思えないかで出番がだいぶ変わってくるとも思っています。
何処に着ていくのにも恥ずかしくないコートだと思いますし、出張や旅行などに行く際にも脱ぎ着がスムーズで
動きの制限もされにくく重宝するのではないでしょうか。
サイズ展開はM・L・XLの3サイズで、ジャストサイズで合わせるのも良いですが、オーバーコートをイメージしてセレクトをしているので
ゆったりとしたサイズ感での着用をお勧めしています。
img_1022

color     CAMEL  

price     48000+TAX

SIZE     M   /   L   /   XL
img_1025

img_1036

img_1043
もう一色の″CAMEL”は濃いベージュの様な色目で、のっぺりと見えてしまいがちなベージュのコートが得意ではない
という方にも購入して頂いたりしていて、色での着難さは殆ど感じないのでは・・・と思っています。
サイズがMのみでしたので、メンズライクなコートをお探しの女性でも着て頂けると思って着用写真を撮った次第です。
しっかりと作り込まれていてるので、お仕事用としてもお勧めですしレディースブランドではサイズ感が合わない
という方にもお試し頂ければと思っています。
img_1045

img_1049

img_1048

冬場は極端に寒くなる日もあれば、今日のように肩をすくめずに過ごせる日もあります。
どちらの気候にも対応できるコートの選択肢があると、出掛ける際に1つを酷使する事がなくなり物が長持ちするのと同時に
冬の洋服を着る楽しみが出てくると思います。ウールのしっかりとした保温効果があるコート、セーターなどで暖かさを確保し
冷たい風を防ぐ為の薄くてもしっかりと目の詰まった生地感のコート。
どちらのコートも僕にとっては冬を過ごす為に欠かせないアイテム。
FUJITOの″HOOD COAT”も皆様のワードローブの中心で活躍する1枚になって頂けたら嬉しいです。
このクオリティと価格設定。FUJITOはとてつもなく素晴らしいコートを生み出していると僕自身は思っています。
是非、店頭で袖を通しにいらしてください。

rasiku   sasaki

PageTOP