1月9日

img_1514
TEMBEA    PARK CAP アジャスター

color       BEIGE  

price       5800+TAX

SIZE       F
img_1512
color      OLIVE SOLD
img_1520
TEMBEAから遊び心を感じるCAPが2型入荷しています。
TEMBEAは帆布を用いたバッグをメインに展開していますが、毎シーズン気の利いた帽子や小物を作っていて
特に帽子に関しては僕自身も毎シーズン購入して、TATAMIZEのワークキャップと共にほぼ毎日愛用しています。
今シーズンは程良い厚みのコットンパラフィンを用いた6枚剥ぎのBASEBALL CAPが目に留まり、
くすんだ色目が好みだったので″ベージュ・オリーブ″の2色を展開しています。
クラシックなスタイルの一か所にハズシで合わせるのも良いですし、スポーティーなブルゾンやジャケットなどずばりと言った
服装と組み合わせて被るのもお勧めです。
帽子の後ろ側にアジャスターが付きますので、頭のサイズも然程関係なく、幅広く被って頂けると思います。
新品のぱりっとした状態も良いですが、何度か洗って生地が馴染んでくるとより雰囲気は良くなって
その頃には自分なりの被り方やコツがきっと掴めているはずです。
img_1524

img_1522
帽子を被った際の深さは浅すぎずで、ツバの長さが絶妙に感じます。
被る角度を浅目にすると野暮ったく見え過ぎずに、顔がすっきりと見える印象を受けます。
img_1526

img_1530
帽子の裏側は綺麗にパイピングされており、ツバの裏側はネイビーで色が切り替えられています。
アジャスターは金具で簡単に調整が可能です。
img_1481

img_1484

img_1494

img_1493
帽子は被り慣れれば、その人のアイコンにもなったりするので面白いアイテムだなと思っているのですが
普段被らない人や抵抗がある方からすると、試着も抵抗が在ったりするかもしれません。
何かきっかけであったり、トライしてみようかなと思ってもらえたらなと、帽子は色々と展開しています。
僕自身も学生時代に帽子を毎日嫌という程被っていたので、数年前までは一切被り物をしていなかったのですが、
TATAMIZEのワークキャップに出会い、1つの帽子がどうしても似合う様になりたいと思って被り始めてからは、少しずつ
他の帽子も被れるようになってきました。
勿論合う合わないはあると思いますが、TEMBEAの作る帽子は表情が硬くなり過ぎずに柔軟さがあって
比較的馴染みやすいと思って展開をしています。幾つかTEMBEAの帽子を持っていますが、何度か被って洗ってを
繰り返していくうちに生地が馴染んでしっくりくる物が多い様に感じます。
最近は少し浸透してきたのか、一度購入された方がリピートして下さることも増えてきました。
被っていて、なんか良かったから・・・と言って頂けると、僕等も嬉しくなりますね。
img_1542
TEMBEA    PARK CAP ゴム

color       CHARCOAL  

price       6500+TAX

SIZE       F

img_1544
color       NAVY×CHARCOAL SOLD
img_1546
color       CHARCOAL×GREY
img_1548

img_1550
昨シーズンも展開していたモデル″PARK CAP”ですが、カタチ自体は殆ど変えずにゴムのアジャスターを付ける事によって
今までよりも更に被り心地の良いフィッティングを実現しています。
素材は目がしっかりと詰まったWOOL100%。単色とツバで切替した2TONEを展開しています。
アジャストする為のゴムが付きましたので、サイズ感に関しては大よそですが頭周りが58CMくらいから60CMくらいの方が
ストレス無く心地よく被って頂けると思います。ウール素材なので当然ですが保温性も高く、暖かな見た目もアクセントになるので
男性・女性に関係なく試して頂きたいです。小物で季節感を出すのも洋服を楽しむ為の1つの方法だと思います。
img_1552

img_1554

img_1556
内側はコットンパラフィン同様にコットンに生地で綺麗にパイピング処理されています。
カタチはクセがなくプレーンなイメージですが、被る人にとっての空白というか自分自身で何とかしなければならない
帽子だと思っています。被って直ぐには馴染まないと言うのか・・・被り方や合わせ方をイメージして身に付ける、
その遠回り感が好みで、ブランドロゴや分かり易い何かがある訳ではない部分に惹かれています。
帽子がウールなのでコートやジャケットをコットン素材で組み合わせてみるのも変化が付けられますし、自分なりのイメージを持って
楽しみながら被って頂けたらと思っています。
img_1496

img_1500

img_1503

img_1509
帽子は本人が被りたいと思わない限り、似合ってくる事も板に付く事もないと思っています。
rasikuではワークキャップを中心に展開をしていますが、購入された方を見ていると少しずつですが時間を掛けて
自分なりの落としどころを見つけているように感じています。顔に近いアイテムということもあって髪型なども
影響しますし、見慣れるまでの時間も洋服以上に必要だと思います。
それでも、いつしか被らずにはいられない・・・となるくらい好きになってしまう可能性も
あるのだから、人ってどこで変わるか分からないですし、そこが面白いですね。
やっぱり良いなと思わせてくれるTEMBEAの帽子。少量での入荷ですので、是非店頭でお試しください。
rasiku  sasaki

PageTOP