2月9日


FilMelange    ANDY

color        melange           /           navy  

price        17000+TAX

SIZE        3  /  4  /  5             3  /  4  /  5

前回のシーズンからFilMelangeの新定番としてリリースされている、オーガニックコットンを贅沢に使用した裏起毛のスウェットシリーズ。
見た目は何の変哲もなく感じますが、要所要所にしっかりとポイントを押さえた作りになっています。
FilMelangeと言えば、その極上の着心地に秀でた物作りで定評がありますが、このシリーズに関しては
どこか1つに特化したというよりは、素材・シルエット・着心地3つのトータルバランスに優れているイメージで
ワードローブの中心になり得るような汎用性と、普遍的な価値を感じさせてくれます。
素材ですが、空紡糸という空気の力を利用して紡ぐ方法を用いて作製されています。
着心地はややふんわりとしていて編目は詰まっているので、柔らかさと硬さの2つの表情を持ち合わせています。
紡績する段階であえて古く生産効率の劣る機械を用いる事で、ヴィンテージアイテムや古き良き時代の物作りに対して
限りなく近い表情で合ったり着心地に仕上げられていますし、現代の物作りに於いてそれ以上のものを作りたい
というカットソーブランドならではの探求心を沸々と感じます。


首元はしっかりと詰まったクルーネック。
身頃はスウェット特有の縦方向に伸びてしまうのを極力抑える工夫で、生地の字の目を横方向に使用しています。
洗濯をしたりある程度ヘヴィーに着用したとしても、カタチが極端に大きく崩れるのを防ぐと共に見た目においても
ヴィンテージのディティールを踏襲することでクラシックな雰囲気に仕上がります。


シルエットに関しては身頃はゆったりと設定されていますが、着丈は割とすっきりとした印象を受けます。
スウェットはサイズ感とシルエットの選び方がとても重要で、あまり大きく着過ぎるとだらしなく見えてしまいますし
着方によって清潔感をどう出すかという点も、大切な要素だと思っています。
とは言えこう着なきゃいけないという事がある訳では無いので、どう着たいかが大事です。
インナーにサマールや白いTシャツなどを着て、少し裾から覗かせる事でバランスを楽しむのも良さそうですし
見た目がとにかくシンプルなので、ちょっとした部分に自分なりのポイントを入れるのがお勧めです。


ここ最近はクルーネックの着合わせを考える際に、自分のイメージに近いカタチで着れる事が増えてきたように感じています。
少し前まではクルーネックですと首がすっきりとした感じになり物足りなさがあって殆ど着てこなかったのですが、
好きな物や事は変化していくものだとスウェットを着る度に思ってしまいます。
食わず嫌いにならない方が何事も楽しめるのかもしれませんね。。
パンツはもっぱら古着の軍パンやチノを合わせる事が殆どですが、トップスにFilMelangeのようにカタチが整ったアイテムに対して
野暮ったさのあるパンツを合わせる事によって、両者が程よく中和されて肩の力が抜けた様な自然な雰囲気が出せるので
肌触りの良さ着心地も含めてとても落ち着く感じがしますね。

FilMelange   ANNAKIN

color       navy  

price       19000+TAX

SIZE       3   /   4   /   5

プルオーバータイプのフードは久しぶりに店頭に並びました。
最近はずっとクルーネック押しだったので、フードに関してはフルジップアップタイプを中心に展開をしていましたが
そろそろ気分転換ではないのですがプルオーバータイプが目に留まりました。
素材は″ANDY″と同様で、フードがしっかりと綺麗に立体的に立ち上がる点は特筆すべき作りだと思います。
基本に忠実なオーソドックスなカタチでなので、素材感とシルエットで良さを実感して頂けるはずです。
春になったら一枚でさらりと着て頂きたいイメージで、色落ちの良いデニムや雰囲気の良いペインターパンツなどと
合わせるのは如何でしょうか。


汎用性を考えてしまうとフルジップタイプが断然に使い勝手が良いですが、被りのタイプはプルオーバーにしか出せない
魅力があるように感じてしまいます。ベストなどを合わせると前の合わせが綺麗にすっきりと納まりますし
ディティールとしてカンガルーポケットがある事で抜け感のある表情もポイントになります。
一度着てしまうと脱ぎ着の面倒な点もありますが、着こなしのバリエーションとして持っていても良いアイテムだと思います。


FilMelangeの定番アイテムの魅力は吊り裏毛を用いたふんわりとした着心地を追求したものでしたが、それとはまた違った
ニュアンスで作製された新定番の空紡裏毛シリーズも負けず劣らずの素晴らしいアイテムだと感じています。
スウェットと一言で言っても、素材感やシルエットなどラインナップは幅広く存在しますし実際に肌に触れてサイズ感や着心地などを
試してもらうのが良いと思っているので、カットソーの選択肢はこれからも提案をし続けていきたいと思っています。
新たな定番を是非店頭でお試しください。

PageTOP