3月31日


COMMONO reproducts  Dr. COAT

color       NAVY

price       38000+TAX

SIZE       C1 SOLD


3月も今日でおしまい・・・いよいよ新年度のはじまりですね。
出張月間でもあったからか、週の流れが異様に早くてなんだか記憶がイロイロとごちゃまぜになっています。
寒さが和らいだかと思えば、雪が降り、晴れたかと思えば、雨が降り、天気もごちゃまぜ。
まぁ言ってもこれが3月の天気だよねと、自分に言い聞かせるように静かに会話する日が多かった3月でした。
そんな中でも春を感じられる瞬間がぽつぽつっとあって、その都度心浮かれて、服装も気持ち軽やかにしたり
色を取り入れたりしています。コートも少しずつ薄手に変わってきて、それだけでも嬉しく思えたりします。
4月の新しい季節、新しい環境、出逢いも多い時期だと思います。
新しい服や靴、小物はいつだってちょっと気分よくしてくれますし、気持ちだけではなく表情までぴしっと
且つにこやかにしてくれると思います。新しい装いを探しにいらして下さいませ。


COMMONO reproductsのDr. COAT 先月にもご紹介した定番モデルのコートではありますが、
今季のコートはまた素材に一目惚れで、毎回一目惚れさせられるから凄いなと思いますし、ズルイです。
(褒め言葉です。)きっと、このループは止まることが無いのだろうなと感じています。
先日伺った秋冬の展示会でもう既に・・・また出逢ってしまったので。
綿麻で少し不思議な生地感のコート。とても柔らかく着倒した道着のような雰囲気もあるのですが、
微かに麻のしゃりっとした質感も確かにあって、シャツやカットソー一枚の上からさらっと羽織ると気持ち良さそう。
いつものDr.COATよりも着丈が約20cmほど長い設定になっています。
風の強い日があると着丈が長く身体を覆ってくれるコートは間違いなく暖かくて、自分達も歩いて通勤する時は
コートは長めのを選びます。基本的に着丈の長いのが好きと言うのもあるんですが、ここ最近はよりロング丈に夢中。
背丈問わずロング丈のコートで颯爽と歩いている人の姿はふと目で追ってしまいそうなくらい素敵に感じます。


やや斑模様の独特な色味にも惹かれました。
染色方法が特殊で、染色溶液を噴霧して染色をするというもの。
人の手によって染め上げられることで生れる色ムラであったりが、自然に生地の風合いとなって
シンプルなデザインでありながら、凛とした空気を何層にも纏ったコートに仕上がっていると思います。
少しずつ時間を掛けて、色が褪せていき袖口や裾が擦り切れるぐらいまで着古したぐらいに
また一層その物としての深みを感じられる様な、そんな気がしてなりません。


中には中肉のスウェットを一枚挟んでいます。
C1というサイズで、レディスのM・Lぐらい、メンズのSぐらいをイメージしていただけると良いかと思います。
基本的に全体のシルエットは膨らまずすとんっとしたシルエットですので、釦を留めずに前開きで羽織っても
すっきりとしています。男性女性問わずに、着ていただけるコートです。
腰に施されているバックベルトのデティールも、さり気げなくポイントになっています。

コートは春っぽく、中は薄手のセーターかスウェット+ベスト・・など春と冬をミックスさせつつ、ジリジリと春服に移行させています。
悩ましい時期ではありますが、今購入した服は一年か数年後に必ず、あ!これがある!と悩みを救ってくれる一枚になる。
と経験上、そう思っています。
今週末は街中のお店でも様々なイベントが開催されていますので、まずは外へお出掛けしてみては如何でしょうか。

3月30日


JHONSMEDLEY   WHITCHURCH

color       NAVY  

price       33000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L

日中の日差しが春を感じさせるのですが、朝と夜はまだ冬の顔を覗かせる洋服選びが一番難しい季節。
この時期は厚みの違うコートを数種類と保温効果の異なるインナーが無いと自分が気持ち良く過ごせないという事を
ここ3年くらいで学び、コツコツと春物を集めた事でようやく快適に過ごせるようになってきました。
もう少し気温が上がってくると必ず着用するアイテムが首元がVネックでコットン素材のカーディガン。
僕自身はインナーにシャツに合わせるよりもカットソーとの組み合わせが好みで、カットソー1枚だとどうしてもラフなイメージが
出てしまうのですが、上質なカーディガンを羽織る事で少し緊張感を演出出来て印象ががらりと変わります。
素材が持っている繊細さと力強さ、光沢があって品の良さを感じさせてくれる″JHONSMEDLEY″のカーディガンは
何となくブランド名を知っているという方が多いと思いますが、言葉では伝えきれない良さが詰まっています。
春夏シーズンは″シーアイランドコットン″と呼ばれるカシミアのような肌触りの希少なコットンを贅沢に用いています。
一度袖を通すと脱ぐのが嫌になるくらい人間が本来持っている本能がそう反応するくらい素晴らしい素材です。
レディースではここ数シーズン展開をし続けてきましたが、男性にもその価値を感じて貰えたらと思いまして
一番着回しの効くVネックタイプでカラーは″NAVY”のみをセレクトしてみました。サイズは3サイズご用意しております。


コットンニットで気になる点は洗濯を繰り返した際に素材がボソボソになって見た目が悪くなってしまう点。
洗濯機でザブザブ洗う事は出来ませんが、JHONSMEDLEYのセーターは毛玉が出来にくく耐久性にも優れていると
実際に着ていて思います。10年近く着ている物が一枚ありますがそれもまだまだくたっとならずに着用が出来ますし
ガシガシとした味を出すコットン素材とはまた違った洋服の幅を広げてくれる1枚だと感じています。
袖を通すと自然と背筋が伸びて、服に自分自身が置いて行かれないようにしゃきっとせねば!と思ったり、
何ともよい心持ちになれる、服であり存在だと思っています。
良く店頭でお聞きするのが、いつかは憧れの・・・という敷居の高いイメージを持っているという事ですが、
憧れを手にして、何より肌に触れた時の喜びや興奮は、価格以上の価値を与えてくれるんではないかと
自分達は考えますし、目の前に憧れがあるのであればそれを現実として挑戦して貰いたいという気持ちも
少しだけあったりもします。
実際に手に入れて分かる事や見えてくる事は沢山ありますし、洗濯なども自分自身でやってみると
案外難しくなく(勿論気遣いは大事)そういった経験や体験がより洋服に対しての興味に繋がったり
愛着であったり着こなし方などにも反映してくるのではないかと思っています。


カラー″NAVY”はデニム・軍パン・チノなどのオーソドックスなボトムスに対して全てをカバーしてくれる汎用性がポイントで
気温が上がると自然と白いインナーを手に取りたくなるので、ネイビーを合わせる事によって全体が引き締まります。
それと長時間の移動などでクーラーが効き過ぎている場所や空間に持って行くと本当に重宝します。
丸めてバッグに入れておくだけで、色んないざという時に対応出来そうで安心しますし、僕自身も外がいくら
暑くても新幹線や飛行機は涼しすぎる事が多いので出張の際には必ずと言って良い程に鞄に忍ばせる服の1つです。
通常のコットンよりも″シーアイランドコットン″は汗や湿気を吸収する機能に優れているのも特徴で、素材が持ち合わせている
″機能″と″美″にはただただ惹かれてしまいます。


パーツを繋ぐリンキングの処理は手作業の部分が多くあり、熟練した職人により丁寧に1つ1つ綺麗に処理されています。
見た目の美しさと着た時のストレスを感じさせない着心地も大切な要素です。
僕自身もJHONSMEDLEYのニットとFilMelangeのカットソーに一番初めに袖を通した時の感触や気持ちは今でも忘れる事は
ありませんし、洋服をより大切に着ていきたいという気持ちをより強くしてくれた気がします。


日常着としては贅沢になるのかもしれませんが、気持ち良く袖を通せる洋服は心が豊かになるきっかけに
なるはずですし、上質な素材と究極に削ぎ落とされたデザインはワードローブに残り続けていくと思います。
年齢を重ねるにつれてベーシックなアイテムは着こなしも変わってくると思いますので、時間の経過を楽しみながら
着ていただければ嬉しいです。何度見ても良い物はやっぱり良いです。

定休日のお知らせ


明日29日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

3月28日

世界を旅する″MARCOMONDE″
毎シーズンひとつの国のひとつの時代をテーマに、旅先で飛び込んでくる景色や匂い、人やモノとの出逢いや
ハプニングの様なワクワクドキドキする感覚を、靴下をメインとする様々なアイテムに載せて提案し続けています。
rasikuでは基本的にソックスの展開をメインとしていますが、実は洋服やアクセサリー、靴など小物も充実していて
靴下が洋服と靴と組み合わさる事でより世界観が色濃く表現されています。
なので実際展示会へ行くと本当に異国へとワープした気分になるぐらい、マルコモンドが作りだす世界へと
ぐぐっと惹きこまれてしまいます。
自分でも、普段ではそこまで惹かれない色が急に素敵に見えてきたり、思いもよらぬ色と色の
組み合わせがなんとも素敵で可愛くてときめいたり。マルコモンドの靴下を前にすると、自分の中でも
新たな発見が生まれたりするのです。
そんな幅広いラインナップの中から、自分達が提案したいと思う装いのイメージに合う、それでいてほんの
少しスパイスとなる靴下や小物を選んでいます。
季節の始まりは、やはり足元から新しくはじめたいものです。気分転換やほんの細やかでも変化として、
新鮮だったり刺激的に感じる色や柄を取り入れて、来る春・そして夏の装いを楽しんでいただけたらと思います。 

2017SS collection ″CALIFORNIA″

COLOR      GREY     /     KHAKI   

SIZE         2

PRICE       2400+TAX


COLOR      NAVY     /     GREY     /    BROWN   

SIZE         2

PRICE       2400+TAX

COLOR     NAVY     /     PINK    /     KHAKI

SIZE       2

PRICE     2600+TAX

今回のコレクションの中でも一つのポイントとも思えるキーカラーは、くすんだパステルカラー。
ピンク・グリーン・イエローを軸に、様々な色遣いと細やかな柄。同じデザインでも配色によって見え方や印象が異なる。
カリフォルニアの南北に伸びた地形、そして太平洋に沿って続く長い海岸線。内陸を囲む山脈。
独特の地形がもたらす気候も特徴的で、南と北または、海岸部と内陸部での気温や気候の違いは当たり前。
サーフィンをする人がいれば同じ時期に、スキーを楽しむ人もいる。海と山、そして砂浜と砂漠。
豊かな自然に囲まれた生活と、華やかに賑わう都市圏での生活。
今回のコレクションも華やかになり過ぎず、どこかナチュラルで落ち着きのある明るい色をたくさん混在させたものがある
一方で、ラメでキラキラしたものや毎回選ぶ透けるシリーズにはドットやギザギザといったインパクトのある柄を用いたり。
ギャップのあるラインナップは、まさにカリフォルニアの多種多様な姿を表現しています。

COLOR     INDIGO DYE

SIZE       2

PRICE     3400+TAX

COLOR     RED     /    BLUE    /     CHARCOAL

SIZE       2

PRICE     2800+TAX

COLOR     RED     /    BROWN    /     GREEN

SIZE       1

PRICE     2800+TAX

COLOR     WHITE    /    BLACK

SIZE       1

PRICE     2400+TAX

COLOR     WHITE    /    BLUE    /    RED    /    BLACK

SIZE       1

PRICE     2400+TAX

COLOR     WHITE    /    BLACK

SIZE       1

PRICE     2400+TAX

COLOR     GREY    /    BLUE

SIZE       1

PRICE     2400+TAX

COLOR     WHITE  /  BLACK  /  RED  /  BEIGE  /  BLUE

SIZE       1

PRICE     2400+TAX

COLOR     ECRU    /    NAVY    /     NAVY

SIZE       1

PRICE     3200+TAX

キラキラのラメ、透けるモノトーンに赤と青。どれも単体で見ると奇抜に感じるかもしれませんが
個人的にはちょっと普段と違う綺麗な靴を履きたい時ですとか、ヘアスタイルやアクセサリーや小物と服の
全体の雰囲気で選びたくなる時があるのが、それらの靴下だったりするのです。
案外普通に穿いています。
一番下に並んだ★柄や刷毛でなぞったペンキ柄のユニークなモデルは、厚地のコットンでデイリーに使える耐久性のあるタイプ。
スニーカーとデニムの間から、ちらっと柄を分からないぐらいで覗かせて穿くのがいいかなと思っています。
こちらはメンズサイズもあります。入荷して直ぐに男性のお客様がぱっとお選びいただく機会が何度かあり
足元にちょっと遊び心があるのは良いなと、改めて思ったりしています。ギフトにもどうぞ。

営業時間変更のお知らせ


本日26日(日曜日)は私用の為、18時でCLOSEとさせて頂きます。
ご理解、ご了承の程宜しくお願いいたします。

PageTOP