4月11日


FUJITO     COUNTRY JACKET

color       NAVY

price       45000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L


FUJITOの得意分野の1つでもある、仕立ての良いテーラードジャケットが届いています。
今シーズンはコットン35%×ポリエステル65%をミックスした、ぱりっとした表情のホップサックツィードと呼ばれる生地で作製。
この生地自体は春夏の高級スーツなどに用いられる素材で、元々はビールの原料となるホップを入れる為の袋から
その名がつけられています。生地の目はしっかりと詰まっていて、手触りはツィードライクな粗さを感じる質感。
ポリエステルを掛け合わせる事によって通気性が良くなり、夏にはさらさらと風が抜けて気持ち良く着て頂けます。
シャツに革靴で綺麗にオンスタイルの合わせも良いですし、カットソーにスニーカーを組み合わせて肩の力を抜いたジャケットスタイルを
楽しむのもお勧めです。その日の気候や行く場所・逢う人に合わせて着こなしを変えながら、自分なりに思い描く
スタイルを見つけて、落とし込んでいくのもテーラードジャケットの醍醐味だと思います。


フロントのデザインは3パッチポケット、ラペルは基本的には3つ釦段返りの仕様ですが、商品名にもある通りでカントリージャケット
という事でラペルを立てて着用する事も可能。素材の雰囲気は綺麗な印象がありますが、フォーマルな畏まった印象の
ジャケットではないので肩の力を抜いて着るくらいが丁度良いと感じています。
普段穿いているパンツにジャケットを羽織るくらいのニュアンスでイメージしていただけたら着易いかと思います。
少しずつインナーと靴との合わせ方を考えたり、自分の中で幅を持たせたコーディネートを楽しんで貰えたら嬉しいですね。


袖はやや前に振っているクラシックなデザインで、緩やかなカーブを描きます。
総裏仕立てで身頃にはコットンのスレーキ、袖裏はストライプのキュプラが張られていて袖通りも良くFUJITOらしい秀逸なパターンで
作製されているので、袖を通した際の堅苦しいイメージはないと思います。
テーラードジャケットは自分で良くある事ですが、着ていてストレスに感じるとどうしても出番が少なくなってきてしまうので
試着をして頂いて身体に添うようなシルエットと、縫製技術を含めた完成度の高さを実際に体感してお選び頂きたいです。


バックスタイルはサイドベンツ、後姿はクラシックな雰囲気が漂います。
袖口は本切羽の仕様で、釦を1つ外して折り返して着るのも良いと思います。


普段はカジュアルな服装をしていても、たまにはシャツを着て革靴を履いてジャケットを着る日を作るというのも
心と身体が引き締まった気持ちになるので、これからもrasikuでは提案をし続けていきたいと思っています。
丈夫で着易くて洗えて味を出す洋服とは違った良さを感じますし、一辺倒になり過ぎずに色々な服装を楽しむ
感覚や余裕も大切だと感じています。男性には幾つになっても格好良くあって欲しいという気持ちがありますし
せっかく選ぶなら良い物を手にして、それを着て食事をしたり音楽を聴きに行ったり、大切な人に逢ったりする方が
遥かにその時間と空間が楽しめる事が出来るのではないでしょうか。


ジャケットは着慣れていると着慣れないが分かり易くはっきりと出るアイテムですので、自分自身が着たいと思って進んで
手を伸ばさなければいつまで経っても板についてこないです。
僕自身も年齢を重ねるにつれて、リラックス出来る服装が心地良く感じるようになってはきましたが
着る頻度や回数は多くは無くともジャケットを格好良く着熟せるようになりたい・・・という思いが強くあります。
それこそ若い男性には背伸びをしてでも自らの意志で格好良くジャケットを着熟して貰えたらと思います。
何かのきっかけやタイミングでジャケットを日常着として取り入れて貰いたいですし、何処に行くにも人に見られてある程度
恥ずかしくない服装を心掛けてみるというのも洋服を着る上では大切な事ではないのでしょうか。

PageTOP