5月21日


trippen    PAN

color      BLK-BK

price      43000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39

rasikuで3年前に開催したtrippenの展示が行われた際に、数あるラインナップの中で一目惚れをして購入をした″PAN”
綺麗な服装をしたい時に合わせる靴がない・・・と思っていた所に出逢ってしまったのです。
足の甲から踝まで大胆にカットされているので、夏場はサンダル感覚で素足で合わせてみたり、寒くなるとタイツや
ハイソックスを合わせてパンツと靴の隙間にちらっと覗く柄や色がポイントにもなったりして、
使い勝手の良さを感じています。
″PAN”の特徴として″CUP SOLE″と言われる、前と後ろにソールが分離した珍しい構造でコバがなく
すっきりとした印象を受けます。靴を作る際にソールを分離させる事は構造上は不可能ですが、厚い硬い鉄板を
インソールの下に一枚かませる事によって、形状を保ち穿き易さも追求した作りになっています。
履き心地はスニーカーの様に軽くて手軽に履ける感じがします。CLOSEDコレクションと比較するとソールと地面との距離が
近いので長時間歩き回ると少し疲れを感じる事もありますが、それでもしっかりと歩ける革靴だと思います。


アッパーに用いられている革は、trippenの中では足馴染の良い″ワックスレザー″を使用。
植物タンニン鞣しによるレザーは仕上げにワックス加工をする事で、表面に程良い光沢が生まれます。
履きこむ事によって上品な艶が増して、それでいて柔らかな革の履き心地に愛着も一段と湧いてくることと思います。


足首をホールドするストラップはマジックテープで簡単に脱ぎ履きが出来ます。
夏場は気分的に履き易い靴に手が伸びがちになるので、PANは素足で履いてもソックスで合わせてもどちらにも対応出来る
という点もお勧めしたい理由でもあります。
結婚式の二次会やホテルなどで行われるパーティーなどに行く際に、普段使いの靴からフォーマルな場面にも兼用出来る
靴の選択肢はそうは多くないと思いますので、いざそういった場面にも対応の効く靴として一足持つ・・・
というのもひとつ良いのではないでしょうか。


綺麗につま先まで伸びたトゥと曲線的なシルエットが女性らしさをより惹きたててくれます。
カジュアルな服装をした際に、ブラックの革靴は足元を引き締めてくれる役割を果たしてくれて
コーディネート全体を綺麗にまとめてくれます。
肌が見える事で季節感も出せるというのも大事な要素で、涼しさと軽さを演出出来ます。


CUP SOLEの靴はタフに履くというよりは、気分を変えたい時や服装に合わせてであったり、食事に行く際などに履く。
という履き方が向いていると思います。
メインで履く靴、たまにだけれども必要な靴とを使い分けられるようになると、外に出掛ける事がより一層楽しくなりますし
それによって服装にも広がりも出てくると思っています。
ヒールなどが中々履けないという方にも、ちょっと気分が上がるモデルではないかなとも思いますし、
女性らしい華奢な靴をお探しの方に、是非一度お試し頂きたい1足です。

PageTOP