5月30日


JUJUDHAU   PATCH UP DRESS

color        STRIPE

price        27000+TAX

SIZE        F


ちょっとでも蒸し暑さを感じたら、迷わず手に取りたくなるjujudahauの服。
先日大阪へ行く時も、一枚新調しました。移動がほぼ駆け足だったのでその時ばかりは汗だくでしたが、
普通に過ごす分にはとても快適で、暑さもそれほど感じなかったので、やはり良いなぁと改めて。
今日は盛岡もどこか空気に重みを感じる様な気候でしたので、丁度良いなと思いjujudhauの服を着ています。
春夏の素材は主にコットン×リネンや、リネン100%で、強くてハリのある生地は比較的長い時期重宝します。
今季の生地で選んだ優しくて渋めなストライプがお気に入りですので、一気に三型ご紹介致しますね。


まず一型目は今までにも何度も並びました、継ぎ接ぎされたデザインが特徴のPACH UP DRESS
これまでは無地での展開が多かったので、ストライプ柄になると特に裾部分での継ぎ接ぎというデザインが活きて
全体の見え方にも表情がより良く伝わってきます。
身頃もゆったりで、生地の分量が割とたっぷりにも拘らず、着るとすっきり見えるという点がとても好みです。
不思議な位置にあるポケットは、手を入れると思わずにやりとしてしまう。

お腹に触れているかのような仕草になるポケットは、案外納まりが良いです。

苦しくならない程度に詰まった首元から、静かに並ぶ力強いボーン釦
釦を留めずに前開きで羽織って着るのも良いと思います。


直線的なシルエットの洋服は人の身体が入る事で、形作られるというのか整うというか。
とても不思議なんですが、緻密に計算されシルエットの美しさが人を活かす様な服とは真逆の、
人が布を活かす服のようにも思ったり。
服だけで見るよりは、実際に着ていただいた方が俄然素敵なPACH UP DRESSです。
今年も並びました。

JUJUDHAU   BOX SHIRTS

color        STRIPE

price        17500+TAX

SIZE        F SOLD


極端に短めな丈のボックス型シルエットは、ワイドパンツやスカートと合わせるのが好み。
前後の着丈の差も、サイドのスリットもざっくり大胆で、むしろ清々しいくらい。
五分丈のゆったり袖も、夏の日差しが強い日には、直接肌に陽があたるよりは涼しく過ごせると思います。


肩周りも身頃も広く、ドロップした肩も着ていて心地良いなと思いますし、この形は意外と細身の方も
しっかり肩がある方でも、それぞれの体型にフィットしてくれるのが良いです。


PACH UP DRESS同様、直線裁ちのシルエットはカジュアルにパンツスタイルにも合いますし、
スカートやノースリーブワンピースなどと組み合わせても、甘くなり過ぎないという両面で、
幅広い使い勝手の良さを感じます。
白いキャンバスのバッグやスニーカーなどを合わせて、爽やかな着こなしをお楽しみ下さい。

JUJUDHAU   SHIRTS TUNIC

color        STRIPE

price        21500+TAX

SIZE        F


三型目は三つのモデルの中でも一番すっきりとしたシルエットのSHIRT TUNIC
すっきりとしてはいるのですが、上下jujudhauを着てしまうと、身体のどこにもストレスの無い
リラックス状態が出来上がり、良いのかな・・・と思ってしまう程の、気楽さが堪りません。
インナーにタンクトップで、肌にはリネンのしゃりしゃりっとした素材の涼やかさが直に伝わってきます。
気持ち良くいられるというのは、心の持ち様にも繋がってくる気がします。


肩は程ほどに緩やかなドロップショルダーで、身頃と袖はすっきり細身に仕上げたシャツタイプのチュニック。
ふわりと広がりのあるシルエットが着慣れない方には、こちらの方がさらりと着易くて良いかもしれません。
細身のパンツやデニムなどと合わせて、緩くなり過ぎずにラフに着ていただけたらと思います。


背中のギャザーが入る事で、前後のギャップも生まれて、美しく柔らかな女性らしい印象を与えてくれます。
先にご紹介した二型とは、また違ったシルエットなので着心地というか身体の感覚も変わります。
決して流行り廃りも無く、jujudhauの服はいつ着ても変わらない良さと、それでいて時々突然おおっとなるような
自由でユニークな発想の服との出逢いもあって、シンプルさと奥深さのどちらも感じさせられるのです。
一年を通して着られるものも多いですが、はじめにも書きましたが、蒸し蒸しっとした気候がやってくると
一段と着たくなる服だと思います。

PageTOP