7月22日


MITTAN    綿麻ロングパンツ

color      黒   

price      24000+tax 

SIZE      2   /   3

color      紺 

SIZE      2   /   3

今日は朝からどんよりとした重たい雲が街を覆っていて、直接の日差しこそないものの湿度が高く、
蒸し暑さを感じます。こんな日に着たいと思う洋服は、身体と服の間を風が抜けて、肌触りの良い物。
暑さにぼぉっとする頭でも無意識にそういったものを選んでいるような気がします。
MITTANから届いた綿麻ロングパンツは、打ち込みの良い麻55%・綿45%を生地を贅沢に使ったイージーパンツ。
浜松にある古いシャトル機で作製されている生地は適度な張りがあって、全体の55%の割合を麻にする事で
風が気持ち良く抜けて履き心地も軽く、夏の季節に打って付けの素材だと思います。
終日リラックスした気持ちで、過ごしていただけると思います。
ワイドなシルエットは肌に生地がまとわりつくことなく、履いた瞬間に涼しさを感じます。
トップスもカットソーやシャツ1枚を軽く着ることで、ボトムの太さに対してもバランスが取り易く、
パンツが主役になるコーディネートを楽しんでいただけると思います。


ウエストはゴム+紐で調整が可能。
フロントはジップフライで、ポケットの内袋はインドの総柄の生地を組み合わせています。
見えない部分ではありますが、MITTANらしく細部にまで気を使っている事が良く分かります。
自分が着ていて気持ちの良い服の共通点は、裏側、パーツ使い、見えない部分までデザイナーの意図が
しっかりと反映されていて、そういった洋服は必然的に永く愛用している事がほとんどです。


バックスタイルではパッチポケットが左右に付きます。
イージーパンツにしては珍しくインシーム・アウトシーム共に巻き縫いの始末にしていて、縫製が強くなるのは勿論ですが
履き込んでいった際に綺麗にあたりが出てくるのも、他ではあまり見かけない仕様だと思っています。
見た目はワークパンツとイージーパンツの中間くらいの雰囲気なので、ラフに見え過ぎないのも◎
休日のリラックス着として履くのも堪らないですし、旅行に行く際に乗り物内でよくある空調などの温度差問題。
体温調整がし易く、ノンストレスで時間を過ごせるのもイージーパンツならではのメリットだと思います。
普段着としては勿論ですが、僕自身もこれからの季節は出張が多くあるので、″綿麻ロングパンツ″は
特に出番が増えると思いますし、この先も欠かす事の出来ない存在になりそうです。


履き方はジャストサイズよりも、やや大きめのサイズ感でウエストを絞ってバランスを取るのがお勧めです。
素材の特性を活かす意味でも、お尻周りや太腿などぴったり履くよりもシワが適度に残るくらいの余裕があった方が
僕は、雰囲気良く履いていただけると思ってお勧めしています。
唯一の注意点としてウエストがどこまでも伸びますので、パンツに甘えない体型維持が必要かもしれません・・・(笑)
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ3


トップス以上にパンツのお気に入りを見つけるのは難しいと思っています。
ワイドなシルエットですが、裾は少しだけテーパードをかける事によってすっきりとした印象を持たせていて
太いパンツを普段履かないという方にも、絶妙な塩梅に仕上げているので物は試しと思って選んでもらえたら嬉しいです。
何よりも連日の本格的な夏の暑さに、心と体がまいってしまいそうになるのですが、気持ちの良い洋服に袖を通すだけでも
出掛ける時の気分が変わってきますし、季節に応じたお気に入りの1枚を増やしていくのも良いのではないでしょうか。
こんなに気持ちの良いパンツ履いてしまうと「夏」も良いなと思えるかもしれないですね。

PageTOP