9月2日


9月のはじまりは、これぞ「良い季節!」と外を歩かずにはいられないほどの快晴でした。
こんな日がしばらく続けばいいなぁと思いましたが、本日は生憎の曇り空となっています。
急に涼しくなったり、かと思えば、また暑くなったり・・・いったりきたりで、身体も服装も
調子を整えるのが少し難しい時期でもありますが、それでもひとつ、またひとつと届きはじめた
新しい服を見ると自然と高まってくるものがありますね。
シャツ一枚カットソー一枚で過ごせる時期は一瞬で、気付くと通り過ぎてしまっていたりします。
短いからこそ、大切に取りこぼさない様にその時の洋服を楽しんで貰えたら良いなと思います。
届いたばかりのhomspunのストライプのブラウスはまさに一枚で、が丁度いい。

homspun    ノーカラーパフスリーブBL

color       レギュラーストライプ     /     太ストライプ

price       19000+tax

SIZE       M


パリッと力強く張りのある素材タイプライター。
このストライプ地を用いたシャツやブラウスは、もう何度かお店に並んだことのある、とても好きな生地です。
そして毎回デザインは違い、それがちょっとユニークで可愛くて、出逢うたびその都度心を打たれてしまいます。
きゅっと詰まった首元とストンと真っ直ぐな縦長のブラウス。
柄は今回、レギュラーストライプと太ストライプのピッチの異なる二つのストライプ柄を選びました。


このブラウスを選んだ決め手は何と言っても、肩に控えめに添えられたパフスリーブ。
ストライプのさらっと清潔感のある雰囲気と、ほんの少し甘さを感じさせる肩のギャザーや肩の丸み。
肩から少し下がった部分には楕円形に切り替えになっていて、目立たないけれど凝ったデザインが効いています。
あくまでも普段着の服という目線でありながらも、どこか自分の中で高揚感であったり楽しい気分になれる服。
その絶妙なバランス感がhomspunらしいなと思います。


少し長めの着丈にサイドには深くスリットが入っています。
横から見た時にスリットと、前後の裾のカットワークの違いが印象的です。
バックスタイルは首の後ろの真ん中からZIPが付いています。留め具はこのZIP一つのみ。
また背中の中心を縦に真っ直ぐ伸びる縫い合わせ部分もデザインの一つとして効いています。
ワイドパンツやボリュームのあるスカートなど、ボトム次第で見え方も違ってくるとあると思います。
ベーシックなシャツとはまた一味違った、デザインの面白さが際立つ一着です。

homspun    36/2 ウェポンフレアスカート

color       カーキ     /     ネイビー

price       29000+tax

SIZE       F


homspunのボトムと言えばこの素材。と言えるくらい用いられるウエストポイント。
緻密で滑らかな肌触りと、光沢感のある生地なのでカジュアルなボトムでもどこか品があります。
個人的にも同素材を用いたボトムは何本も愛用していますが、とにかく丈夫なのでガシガシ履いてしまいます。
今回はそんなタフな生地をたっぷりと使用したフレアスカートが届いています。
きゅっと締まったウエストからしなやかに揺れ動くボリュームたっぷりの生地に圧倒されてしまいますが
どこか贅沢な気分にもなりますね。また裏地にはWOOL100%のブラックウォッチの生地が張られています。
着てしまえば誰にも見えず気付かれない部分ですが、だからこそ手を抜かない物作りには毎回驚きと感動を覚えます。


この生地の分量ですので、ずしっと微かに重みも感じますが、その重さがまた良いなと思います。
その重みがあることで、動きに合わせてゆったりと優雅に裾が動きますし、美しいシルエットが生れます。
裏地にはチェックが隠れていたり、女性の心を擽る一面を持ちながらも、生地はがしっとタフな素材。
そんな二面性の組み合わせにぐっと惹きこまれてしまうのです。
今時期はシャツやカットソーに合わせて、少し季節が進めばスウェットやニットなどにも合うと思います。
少しだけ先の季節のことを想像しながら、ぜひお試しいただけたらなと思います。

PageTOP