9月9日


MITTAN    高密度シャツ

color      濃黒   

price      19000+tax 

SIZE      2   /   3   /   4

今日も朝から快晴でシャツやカットソーを1枚で気持ち良く過ごせる季節。
盛岡でこの服装が出来るのは期間がとても短いですが、だからこそ自分のお気に入りを着て街を散歩したり
食事に行ったりする事で、気持ちも身体もリラックスして良い一日が過ごせるような気がしています。
MITTANが静岡県浜松市でオリジナルで生地から作製している高密度シャツは、肉厚でしっかりと
目の詰まったコットン100%の生地を使用。
オリジナルファブリックだからこそ表現出来る、がしっとした質感を感じて頂けると思います。
風を通しにくく保温性にも優れているので、秋の涼しい風が吹いた頃に着るには最適な素材だと言えます。
カラーは、ここ数シーズン気になっている濃黒を選んでみました。白、シャンブレー、ギンガムなどベーシックな
色目をお持ちの方には新鮮に映りそうな黒のシャツ。カジュアルな印象というよりは何処か落ち着きを感じる色目なので、
シャツの着こなしがマンネリしがちな方には、良い変化を与えてくれたり気分転換にもなりそうです。
これからの季節は、足元も革靴が履きやすくなると思いますので、黒のプレーンな革靴と合わせるのがお勧めです。


MITTANのシャツの特徴として、衿の大きさがコンパクトで首回りの設定がゆったりと作られています。
一番上の釦が閉められるのできちんと感が演出出来ます。
袖のカフスも細く作っているので見た目における主張が強すぎず、袖を捲くる際にもさっと出来るのも好みな仕様。
襟が大きくカフスがしっかりと作られているシャツらしいシャツとはまた一味違った良さを感じて頂けるはずです。
釦はラクダの骨を削り出して作られているボーン釦を採用。厚手の生地に負けないくらいのボリュームで付け心地も◎
作り込みの良いシャツですが、見た目はあくまでもプレーンで漂々とした佇まいがMITTANらしさだと感じます。
着ていても強く何かを主張する訳ではなく、あくまでも着る人が主役であり洋服はプラスαの存在で惹きたてる役割を
しっかりと果たしてくれるシャツだと思います。


シルエットは癖がなく、すとんと落ちる様な型なので、ある程度体型もカバー出来ると思います。
サイズ展開は2でS~M 3でM~L 4でL~XLが目安になります。
※身長178CM 体重64キロ 着用サイズ4 ややゆとりを持たせたサイズ感になります。


少し前までは黒い洋服に袖を通す事は少なかったのですが、年齢のせいか気分なのか黒がしっくりくるようになりました。
最近は自分自身の感覚に、より素直になる事で服を選ぶ幅であったり、着こなし方が以前よりもより楽しめるように
なってきているように感じます。いつもの感じも良いですが、例え同じ洋服を着るにしても色使いや小物で違った
アクセントを入れてみたりする事で洋服の広がりを感じる事もあるのではないでしょうか。
黒のシャツはただハンガーに掛かっている状態では重たいイメージに映るかもしれませんが、どう着るかで面白味が増す
アイテムでアイスブルーの色の薄まったデニムを引っ張り出して合わせてみたり、変わらない様で変わっていく
自分なりのスタイルを見つけて貰えたら嬉しいです。

PageTOP