10月16日


the last flower of the afternoon   更待のsmock dress

color      ブラック

price      35500+TAX

SIZE      S     /     M


家を出て川沿いの道を歩き、ある橋の手前で階段を上り、橋の上真ん中まで辿りついたところで
にゅっと橋から頭を出して川を見下ろし、目を凝らす。ここ数日は決まってこのルートで店へと向かう。
橋の上で同じようにしている人が、隣に二、三人いる時もあるのですが、お互い何をしているか分かってる。
今朝はいよいよストーブが必要だと思って、灯油を買いに車で出かけたのですが、自分が立ち止まる箇所より
もう一つ先、下流の橋を渡ったところで、両端に川を見下ろす人、人人。
傍から見ると自分もこう見えるのかと思うと同時に、なんだか朝から和む光景に心があったまる。
鮭が溯上する季節。灯油を買う日々がはじまる。
そして一段と空が澄んで、星が綺麗に見える季節がこれからやってくる。


2018AW 「冬と銀河ステーション」
the last flower of the afternoonより、今季オーダー分すべて届いています。
以前は美しいインディゴと柔らかでさらりとしたガーゼ素材でご紹介した、定番のSmock dressを
今回、別のアイテムで使用していた生地に惹かれ、その素材で作って頂きました。
更にサイズは、SとMの2サイズ展開で。
生地感が変われば、また着た際の身体に伝わる情報も、見た目の印象も全く違って見えます。
フロント部分は四か所、紐で結んで留める仕様。
可愛らしいデザインともとれますが、作業をする時に衣服が汚れても良いようにさらに上に着る、
言わば、上っ張りの様なものがデザインソースとなっています。
ちょっと土っぽさの感じるデザインを素材のイメージに合わせて綺麗に着てみたり、もしくはより
デザインを際立たせるように、デニムやチノでカジュアルに着てみたり。
″衣服に物語を・・・″ そんな素敵なブランドコンセプトの元生まれた服に身を包むのですから、
思いきり創造力を働かせて、自分の好きな着方を楽しんでいただけたらなと思います。


ふっくらと起毛した生地はコットン100%で、厚さは程よく厚みがあって今時期のアウターとしても、
活躍すると思います。肌触りも良く、ほんの少し硬さも感じる生地は、見た目よりも頼もしく感じます。
しっかりとした生地が表現する独特な膨らみやギャザーのシワ、紐を結んだリボンのカタチもはっきりと。
袖口カフスがきゅっと細めなのですが、それ故の袖の形が特に好きです。
ドロップした肩線から入るギャザーも良くて、横から見たり後ろから見たりと、うっとりです。


一気に風が冷たくなり、綿素材のものでは若干冷えるようになってきましたが、セーターはまだ早い?
と悩む今日この頃。起毛した綿は軽くて温かくて今、まさに丁度良いです。
あとは首回りをちょっと温めて。そうすれば、冬の手前までは快適に過ごせると思います。
今日の気分でスカートも靴も黒でまとめましたが、きりっとした黒には、インナーでも小物でも
ちょっと色や柄を入れてみたりするの好きです。普段からそこまで色遣いは多くないのですが
どこかちょっとアクセントになるように、分からない程度にそっと色を添えると気分が良いです。
暗めの色が自然と多くなってきた店内も、どこか色があるとぐっと華やぎます。
ちょっと個性的で、でも機能性のあるスモックドレス。ぜひお試しください。

10月15日


nisica    ガンジーネックカーディガン

color     ブラウン              /                ブラック  

price      20000+tax 

SIZE      1   /   2   /   3   /   4       1   /   2   /   3   /   4   

nisicaの秋冬デリバリーがスタートしています。
秋冬なのでウール素材を中心にセレクトしていますが、しっかりと目が詰まっていて保温性が高いものばかりですので
冬の気候条件の厳しい北東北でも重宝すると思います。
毎シーズン、素材を変えながらリリースされ続けている″ガンジーネックカーディガン″
独自のエッセンスで作られる製品は、何処か抜け感があるけれど柔らかくなり過ぎない趣味の良い洋服だと感じています。
洋服と人との距離が保たれていて、着る人の個性が際立つ様な雰囲気で、空の箱を渡す位の感覚と作り手が言うように
着る人が其々に個性を出して貰えれば・・・という物作りの信念が、僕自身も年齢を重ねる程に本質的な部分を少しだけ
理解出来るようになってきたように感じています。外見的な格好良さは大切だと思うのですが、内側から出てくる雰囲気や
生き方なども含めての洋服選びも重要ではないでしょうか。


首元に特徴がある″ガンジーネック″はnisicaが得意とするカタチの1つで、立ち襟でワイドに開いた衿元は、
インナーにシャツを合わせた際の襟の見え方がとても好みです。
クルーネックとスタンドカラーを合わせた様なデザインは、独特のバランス感を生み出しています。
保温性に優れているので冬場はインナーとして、今時期はジャケット代わりとして春先まで着用出来るので
何を着ようか迷った時に手元にあると出番が増える1枚になると思います。


フロントはマットな質感のスナップ釦を採用しています。
ポケットが無いデザインという事もあって、見え方がよりすっきりとした印象に映ります。


カラーは着用している″BROWN”と″BLACK”の2色展開。
″BROWN”は今シーズン、気分的に着てみたいと思った色目で暗くなりがちな秋冬の着こなしに良いアクセントを
与えてくれると思います。デニムや黒いパンツと合わせるのがお勧めです。

nisica    ガンジーカットソー

color     ブラウン              /                ブラック  

price      16000+tax 

SIZE      1   /   2   /   3   /   4       1   /   2   /   3   /   4 

春夏シーズンに引き続き展開している″ガンジーカットソー″
素材はカーディガンと同様にウール素材を用いたものをご用意いたしました。
インナーにシャツを合わせて着るのも良いですし、すっきりと首元のデザインを活かした着方も◎
着丈が短めに設定をされているので、ジャストサイズよりも少しゆったりとしたサイズ感がお勧めです。


セーターよりも気兼ねなく着れて、お洗濯が簡単に出来るのもメリットの1つです。
型崩れも殆どない素材ですので、小さなお子様がいらっしゃる方にも気分良く着て頂けるのではないでしょうか。


ガンジーネックタイプはシャツ・カットソー・カーディガンと3種類、毎シーズンリリースされ続けています。
一癖あるデザインがnisicaらしくもあり、着ると癖になるアイテムだと思っています。
そろそろウールに手が伸びる気温と気候になってきましたので、セーター以外の選択肢としてお勧めしたい1枚です。
nisicaのシャツとダブルボタンのシャツジャケットも入荷していますので、是非店頭でご覧ください。

10月14日


TATAMIZE   TRIM WORK JACKET

color        BROWN CORD   

price        24000+tax 

SIZE        S   /   M   /   L   

TATAMIZEはこの2017年秋冬から、TATAMIZEというひとつのブランドを3つのラインに分けました。
あくまでもTATAMIZEの中にある3つのライン。
今まで、そしてこれからもずっと作り続けていきたいと思う″TATAMIZE″
そして、次々と芽吹く様に湧き出てくる感覚的な、新しく楽しい「何か」を提案するライン″SIMME″
それともう1つが、TATAMIZEの帽子もそうであるように、「量産」という背景から落とし込まれたライン”TRIM”
どのラインに関してもデザイナーが変わる訳ではないので、大きく何かが変わるというよりも作り手の想いがより
ダイレクトに伝わるようになったと僕自身は思っています。


″TRIM″は作業着やルームウェア、その他洋服にまつわる小物などを提案するラインとして作製しています。
作業効率を優先し、合理性を求めて考え作られている洋服なので凝った縫製技術などはありませんが
その物として存在感のあるシルエットであったり、偶然にも生まれる絶妙なバランス感が良かったりもします。
袖を通しただけでは身体に添わず何処か浮いたような感覚や野暮ったさが出たり、他人任せでは着熟せない、
悶々としながらもあーでもない、こーでもないと着方を考える楽しさとでも言うのでしょうか、
僕の中では、古着を着る時の様な気持ちでワクワクして、心地良く感じたりもします。
TRIM WORK JACKETはフロントのデザインも特徴的で、釦ではなく紐で結んでシルエットを調整。
簡単に脱ぎ着出来る仕様は、何処の国のものかも分からないような無作為的な作業服に映ります。
ジャケットとカーディガンの間を着る様な、はたまたニットや薄手のジャケットの上に纏う様な。
街着でも部屋着でも、どちらでも使える洋服。
ちょっと肌寒い日や、何を着るのかを考えたくない日に、デニムを穿いてさっと手に取って羽織る。。
くたくたっとさせて、それくらいラフに着てもらうのが合うと思います。


素材はコットン100%の細畝コーディロイで、表面は滑らかな質感で柔らかさを感じます。
春夏・秋冬のシーズンレスな素材感なので、季節の変わり目には特に重宝しそうです。
アームホールもゆったりしていますので、セーターを着込んでも窮屈になる事はありませんし
薄手のカットソーやシャツを着た際にも、程よくあまる空間が面白いシルエットを生み出します。
作り込みがしっかりとされた洋服、雑多な縫製や歪なシルエットだけれども雰囲気の良い洋服、どちらも其々に良さがあって
どちらも分け隔てなくフラットに着れる方が、着こなしの幅は広がりますし着る感覚も磨かれていくと思います。
整った格好良い服とはまた違う、面白味を感じてもらえたら嬉しいです。


衿元はスタンドカラー、ポケットは全部で3つ。
フロントの紐は結んでも、そのまま垂らしてカーディガンの様に着ても良いと思います。
TATAMIZEを代表するWORK CAPにも言える事ですが、幅広い体型をカバーする様なシルエットやサイズ感を
その人がその時の自分なりの気分で着る過程や、年を重ねるとともに生じる変化を楽しんで着てください。
似合う似合わないは勿論在りますが、感性や感覚の部分を打ち消し過ぎるのも物事が面白くなくなって
しまいそうなので、自分の感覚に抗わずに挑戦してみていただけたらなと思います。
同素材のWORK CAPも届いていますので、ユニフォームの様に揃いで着てみるのも如何でしょうか。

10月12日


JUJUDHAU   SWEAT CARDIGAN

color        THICK L.GRAY   

price        18000+tax 

SIZE         F


シャツやワンピース、ややたっぷりとしたシルエットのボトム。
jujudahauの服でよく並ぶのは、そういったアイテムが多いですが、時折気分で選ぶスウェットアイテム。
今回はさっといつでも手に取って羽織れるようなカーディガンとパーカの二つをご用意いたしました。
他のブランドでもカーディガンとパーカといった類のものをセレクトしてはいますが、所謂のそれとはまた
少し違ったニュアンスの二つが届いています。
ふぁっと肩から力が抜ける様な、良い意味で大雑把なデザインがとてもjujudhauらしいなと思います。


深いVネックラインに、釦は一つ。
余裕がありすぎるくらいのゆったりとした身幅に、正面には四角いポケットが左右に並びます。
生地は厚すぎず中肉で、肌寒さ感じるようになってきつつも、陽が出ているとなんだか暑い。
そんな今時期に丁度いい塩梅の羽織物ではないかと思います。
内側は起毛していてるので、ふわっと優しく暖かく身体を包み込みます。


肩の位置も落ちていて、全体的にルーズなシルエットだからこその面白さがあります。
ジャストサイズではないの洋服の着方も、あって良いと思うのです。その人なりの着方。
ワンピースなどの上からばさっと羽織ったり、デニムやチノなどラフなスタイルにはぴったりの
カーディガンは、贅沢かもしれませんが部屋着として気持ち良く休日を過ごしていただくための一枚。
という選び方も良いかも。と思ったりしています。

JUJUDHAU   EAZY PARKA

color        THICK L.GRAY   

price        15000+tax 

SIZE         F


同じ生地を用いたこちらは、見ての通りフード付きで、前は開いたままのまさに簡単に羽織れるパーカ。
カーディガンよりも、もう少しカジュアルな印象になるフードタイプは中にシャツを合わせてみました。
タートルやボーダーカットソーなども良いなと思ったのですが、インナーに何を着合わせるかで、
また雰囲気が変わってきますね。ストライプのボタンダウンシャツは多少見た目も引き締まる感じがします。


身幅も袖幅もゆったり、肩周りも動き易くて楽に着られます。
デザインも素っ気ないぐらいシンプルですが、それが何だか心地よく感じます。
袖と裾には切り替えがあって、そしてあまり物も入らなそうな浅めのポケットが細やかなデザイン。


留め具が無いので、前開き部分は動きによってひらひらと動きます。
それが落ち着かなかったり、気になる方はお好みのピンなどで留めるのも良いですし、
ボタンとループを付けてみたり、工夫してお好きに着てもらえたら嬉しいです。
個人的には留め具が無いことでの不便さも無く、単純に脱ぎ着が楽で良いなぁと感じます。
jujudahauのスウェットは久しぶりの入荷です。
普通ともちょっと違う、ゆったりとした着心地の良いカーディガンとパーカ。是非ご覧ください。

定休日のお知らせ


BLOGお休みしてしまっていましたが、この一週間はとにかく面白い方々と面白い方が作る素晴らしい物や
仕事っぷりに触れて、思考が停止しかけていました・・・
其々みな色んな場所で頑張っている。自分達もこの場所でもっともっと出来る事あるなと燃えています。
その間、入荷も続々とあったので、また木曜日からコツコツBLOGも書き進めていきます。


明日11日(水曜日)は定休日となっております。
また木曜日に、よろしくお願い致します。

PageTOP