10月20日


JUJUDHAU   POKECT DRESS

color        DENIM   

price        27500+tax 

SIZE         F


春夏にも展開したJUJUDHAUのデニム地のワンピースがとても好みで、今季もあったらいいなと思っていた秋冬。
デニム生地のワンピースありました。やや濃い色目の厚い生地で、綿100%ですが中に保温性の高いインナーを
着込めば真冬でも十分に着られそうな、しっかりと密度の高い生地です。
手で触れた感触はガシッとゴワっと硬さがあって、試着してみるとガサガサガサッと生地の擦れる音がする。
なんて生地で作ったんだろうかと、ちょっと驚きますが、あまりの生地感に面白くて、笑ってしまいます。
写真ではそこまで伝わらないですが、着始めは特に上半身の動きは決してスムーズにはいきません。
どうぞ覚悟して、というか期待してご試着ください。


首元は少しだけ横に広く開いた、すっきりとしたネックライン。
シンプルなデザインは、インナーにタートルを合わせたりシャツを着たり、アクセサリーや巻き物も
合わせ易く着合わせが楽しめますが、そのままでも十分に綺麗だな思います。
生地の存在感が強いので、あれこれ悩まずワンピースにタイツ、足元は革靴できちんと。
そんな着方も恰好良いのではないかと思います。、
あくまでも日常着として、ガシガシ着たいという方も勿論、レギンスやボトムを合わせてスニーカーや
編み上げブーツなどカジュアルな物と合わせれば、メンズライクな装いに。
ワンピースでも可愛らしくなるのはちょっと苦手という方にも試し易い一着ではないかなと思います。


全てがネパールで現地の職人達によって作られるJUJUDHAUの洋服は、日本の繊細で計算された美しい洋服とは
また違った感覚を与えてくれる洋服です。作る物が雑と言う事では無いのですが、あっけらかんとしていて、
こうした方が楽で良いと思ったから、そうする。感性の働くままに作られる服は人間くさくて良いと思います。
今回のデニム生地は着始めは楽とは言えないかもしれませんが、時折垣間見えるそんな大胆で自由な発想に、
驚いたり楽しくなったり。
どうもあれこれ難しく考えてしまう自分にとっては、心の持ち様が軽やかになる服でもあるなと思います。


ゆったりとした肩幅や身幅は着る人を選ばず、着るとその人の身体に沿ってシルエットが出るようなパターン。
身頃に対して、袖はやや細く設定されていて、全体的に大きくなり過ぎない様にバランスを取っています。
真夏以外の季節はインナーやアウターで温度調節することで、長く着られるワンピースだと思います。
多少重さがありますので、タフさのある生地感が好みの方には、堪らないと思います。

JUJUDHAU   EASY COAT

color        DENIM   

price        26500+tax 

SIZE         F SOLD


フロントに釦などの装飾が一切ない″EAZY COAT”は、毎シーズンrasikuで展開しているカタチの1つ。
しっかりと目の詰まったデニム生地はずっしりとした重量があって、インナーに保温性の高いセーターを合わせて
貰えたら、冬のコートまでの繋ぎの羽織物として重宝すると思います。
ドロップした肩のラインと、生地の重さも手伝ってすとんと落ちるシルエットは見た目が大きくなり過ぎずに
この手のコートにありがちなバランス感とも違った良さを感じて頂けるはずです。


着丈は膝が隠れるくらいの丈感で、ワンピースなどの丈の長いアイテムを合わせる着方も良いですが
個人的にはすっきりとしたインナーとの組み合わせて、格好良く着て貰えたら嬉しいです。


首元はスタンドカラーで、JUJUDHAUが得意とするカタチで巻き物との相性も◎です。
デイリーウェアなので、着たいと思う日に手に取ってざっくりと羽織って貰うコートなので
気を使いすぎずに着れてご自宅でガラガラと洗濯できるのも良さだと感じています。
私達もJUJUDHAUのコートは季節の変わり目に本当に良く着ているので、お試しいただければ嬉しいです。

JUJUDHAU   POKECT JACKET

color        DENIM   

price        25500+tax 

SIZE         F SOLD

同素材シリーズ3つ目は、ボックス型のシルエットが特徴の″POCKET JACKET”
大きめに設定されたハンドウォーマーポケット、こちらも釦などがない削ぎ落としたデザインの羽織物です。
″EAZY COAT”よりも身頃がゆったりとしているので、着用時のストレスがより一層軽減されると思います。
袖丈がやや短いので、インナーの色をちらりと覗かせると良いアクセントになります。
フロントも自分でピンなどを用意して着るのもお勧めです。


首元はゆったりとした空き具合で、着丈はお尻が隠れるくらいの長さに設定をされています。
肩のラインは共通でドロップショルダーになります。
旅行や出張などに行った際に、インナーの厚みを気にせずに着れる羽織り物はとても重宝するので
勿論普段使いが中心になると思うのですが、旅先や出張などの際に気軽に着れる1枚としてもお勧めです。


展示会で、このデニム生地を見た時にここまで厚手の生地はなかなか出逢わないと感じました。
多少の重みを感じるのですが、生地が少しずつ擦れたりして薄くなってきた頃に新品の状態を思い出すのも
洋服の楽しさの1つだったりするので、汚れなどをあまり気にせずにタフに着て貰えたらと思っています。
朝と夕の気温の変化があって、何を着ようか迷ってしまう日にきっと重宝するはずです。
何度も展開しているアイテムですが、やっぱり良いと思えるアイテムです。

PageTOP