10月22日


FilMelange   BRAD

color       CHARCOAL BLACK   

price       40000+tax 

SIZE        3    /    4 SOLD

FilMelangeの秋冬に登場する素材の中で、贅沢にメリノウールを用いて作製されている天然素材100%のフリース。
ウールなので保温性もさる事ながら、極上とも言える着心地は化学繊維とは一味違った良さを実感して頂けると思います。
様々なハイテク素材が日々進化をしながら世の中に出てきていますが、天然素材に拘り続けるブランドだからこそ出来る
クオリティの高さに加えて、遊び心を利かせたデザインは懐かしさと洋服の面白さを純粋に感じて頂けるはずです。
定番で展開されているフルジップタイプのベスト、フロントがスナップ釦でざっくりとしたサイズ感のプルオーバータイプ
の2種類を選びました。カラーはシックな配色が″CHARCOAL BLACK″のみの展開になります。


首元と胸の切り替えしが印象的なジップベストは、インナーとしての役割と今時期はアウターベストとしても重宝します。
切り替えしで使われている素材もイギリスのドネガルツィードを合わせて、重厚感のある仕上がりになっていると思います。
ドネガルツィードは世界4大ツィードの1つで、打ち込みのしっかりとした生地感と複雑に織りあうネップ感が特徴。
ZIPは艶消しのBLACKでボディの色と統一、「F」と「M」のロゴが入ったオリジナルZIPが付くのも◎です。


ポケットはハンドウォマーポケットと胸に付いたZIP付きのポケットの合計3つ。
冬場は首元は一番上まで閉めて、風を通しにくいオーバーコートを羽織ってタートルネックの様なイメージで着るのも
好きな着方で、体幹がしっかりと暖められていると想像以上に寒さを感じにくくなると思います。
タスマニアで採取されたファインメリノウールは軽くて暖かな素材ですが、肌あたりも柔らかでウール特有の
ざらつく感じなどは皆無です。一度着ると病み付きになって手放す事の出来ない素晴らしい素材だと思います。


ハンドウォマーポケット、身頃裏には気持ちの良いコットン素材が張られています。
見えない部分にまで贅沢な素材を用いて拘りを持って作られる製品は、何気なく着ていても時間が経つにつれて
1つ1つのディティール、作りの良さを実感して頂けるはずです。


フリースと聞くと化学繊維をイメージしがちですが、天然素材に拘りを続けているブランドだからこそ出来る最高峰の
フリース素材だと感じますし、普遍的でクラシックなデザインは歳を重ねても古臭くならずに着て頂けると思います。
FilMelangeらしくファッション性、道具としての役割、着心地、3つをバランス良く取り入れたベストに仕上がっています。

FilMelange   BRANDON

color       CHARCOAL BLACK   

price       55000+tax 

SIZE        3    /    4

同素材でもう1型、フロントがスナップ釦でプルオーバータイプのスタンドパーカー。
被りというのがポイントで、プルオーバーにしか出せないバランス感がとても好みです。
特にパンツとの繋ぎ目の部分が前開きと違ってスッキリとした見え方になるので、脱ぎ着の手間を差し引いても
それ以上に惹かれるデザイン性と恰好良さがあると思います。


保温性はベストでも書いた通りしっかりとした暖かさをキープ出来ますので、アウターとして着ていただけますし
車移動の多い方などにお勧めです。真冬の寒さが厳しい時などは、オーバーコートやマウンテンパーカーなどを重ねて
冷たい風をシャットアウトして頂ければ、保温効果が更に高まると思います。
ざっくりとしたシルエットで作られているので、中にそれなりに厚手のものを着てもストレスはありません。
フラップ付きのポケットと首元をドネガルツィードで切替しています。
遊び心のあるデザインを最高級の素材で作製してしまうブランドの懐の深さを感じてしまいます。
洋服の面白さと言う面においても″BRANDON″は、一際目を惹きますし、絶妙な落とし所で攻めるので
まいった・・と悔しさと嬉しさが同時に湧き出てくる、そんな気持ちになったりします。


大きく設定されたフードも特徴の1つで、立体的なシルエットを生み出します。


自分自身が心地よいと感じる洋服に袖を通すだけで、それだけでその1日が楽しめたり気分があがったりする事は
素晴らしい事だと思います。FilMelangeの物作りは着る喜びを感じるものが沢山あって、決して安価ではないですし
様々あるカットソーブランドの中でも高価な部類に入ると思っています。
ただ値段以上に、着れば着る程に、素材のポテンシャルが引きだされるような感覚になりますし、くたくたになって
最後は部屋着として、着尽くしてもらいたいという考えにも共感してしまいます。
今まで着ていたフリースの概念を変えてくれる1枚になると思いますので、是非店頭で袖を通して頂ければと思っています。

PageTOP