営業時間についてのお知らせ


明日11月11日(土曜日)は、17時までの営業とさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。

11月10日


STYLE CRAFT WARDROBE   JACKET♯3

color      INDIGO KERSEY

price      46000+tax

SIZE         /      /    SOLD


STYLE CRAFT WARDROBEから素材を変えながらリリースされ続けているジャケットとパンツのセットアップ。
今シーズンは濃く染まったインディゴのカルゼを用いたものを選びました。
カルゼは聞きなれない生地だと思いますが、霜降り調で綾織の斜めの畝の組織というのが大まかな定義になります。
今回使われている生地は畝がはっきりとしたコットン100%のインディゴで、太畝のコーディロイのような厚みがあって
着心地も抜群に良いです。ジャケットには総裏地が付きますので、ふっくらとした表情になりインナーの合わせ方で
3シーズン対応可能だと思います。パンツも同素材でご用意していますので、セットアップでの着用もお勧めです。


身頃に一切の絞りのないジャケットはインナーのごろつきや干渉が少ないので、カバーオールの様な感覚で着る事が
出来ると思います。ラペルはスタンドで着ても良いと思いますし、写真の様に折り返して着るのも◎
自由度があるジャケットは着用の仕方一つ変えるだけでも、違った顔を見せられると思いますので、ジャケットだからと
着方に捉われすぎずに、自分なりの落としどころを見つけて着て貰えたらと思います。


ラペルは折り返しても小ぶりな大きさに設定、ポケットは左右にパッチポケットが1つずつになります。
袖には釦が1つでバックスタイルは両サイドにスリットが入ります。
硬くなり過ぎないけれども真直ぐな筋がしっかり通っていると感じられる表情が″STYLE CRAFT WARDROBE″の
良さであり支持されている部分だと感じています。
ある程度年齢を重ねて、落ち着いた服装をしたいという方にリラックスして着て貰えたら素敵だと思います。


カタチがしっかりとある洋服、そうではなく自分から洋服に合わせていく洋服。
どちらにも其々の良さがあって、折角であれば同じ目線でどちらも着れる方が洋服の広がりが出ると感じています。
僕自身は自分から合わせていくような洋服にどうしても目がいってしまうので、偏った品揃えになりがちなのですが
着合わせてみると、案外しっくりとくる事もあると思いますので是非挑戦して貰えたらと思っています。
新しい感覚を手に入れる経験というのは、自分の価値観を広げてくれるきっかけになる可能性もあるので
固執し過ぎないように、柔軟な姿勢でこれからも洋服を楽しんでいたいものです。
今シーズンの生地もとてもお勧めです。ジャケットはサイズ2(M~L)のみですが是非袖を通して頂ければと思います。

STYLE CRAFT WARDROBE   PANTS♯5

color      INDIGO KERSEY

price      26000+tax

SIZE     Ⅰ   /   Ⅱ   /   Ⅲ


同素材を用いた″PANTS♯5″
ウエストからわたりにかけてはゆったりとした設定で、膝から裾にかけてきつくテーパードさせた独特のシルエット。
リーバイス606をデザインモチーフに、ウエストをぎゅっと絞る事で生れる絶妙なバランス感と面白さがあります。
ベルトループの位置が工夫されているので、シワの入り方が自然で変に生地が偏ったりする事はありません。
フロントはボタンフライで、バックスタイルはパッチポケットが左右に付きます。
ハンガーに掛かっている状態ですウエストの大きなパンツにしか見えないのですが、足を通すと想像とは違う膨らみや
シルエットに、今までにない感覚を覚えると思います。
ベーシックなパンツにマンネリをしてしまった方などには、是非お勧めしたい1本です。


パンツのシルエットに関しては、前側に大きく膨らむシルエットを作っていて後ろはフラットなカタチになります。
膝から下にかけては、かなりきついテーパードをしていますので裾が綺麗におさまります。
ルーズなバランスの中に、綺麗な部分を挿しこんでいるパンツだと思います。
ここまでのバランスのパンツは見る事が少ないと思いますので、是非挑戦をして頂ければと思っています。
僕自身もSTYLE CRAFT WARDROBEのパンツを穿きだしてからは、ウエストのサイズに対する概念が180度
がらりと変わりましたし、こういったパンツを穿けると、今までと全く違う洋服の着方も楽しめるはずです。
どうしても決まった着こなしが楽ですが、自分達が出来るちょっとした事で、いつもと違ってなんか良いって
思ってもらえる洋服の面白味を知ってもらえたら嬉しいです。


毎日袖を通す洋服。
どんな洋服に袖を通すかは自分次第ですし、ちょっとした気持ちの変化であったり、年齢的な部分や体型の変化など
その時々で起こる少しの変化に気付いて、受け入れてを楽しめるくらいの余裕があれば良いなと感じています。
もう何シーズンも同じ商品を展開していますが、いつも違う気持ちで見ている気がしますし、見ている角度や
その時の着方が変わるのが何と言っても洋服の楽しさ。
同じ物を長くコツコツ売り続けられるお店が良いお店だと、誰かが言っていたような気がします・・・
今なら、何となくその気持ちが分かる様な、まだまだだなぁという思いです。
STYLE CRAFT WARDROBEが作るセットアップ。今シーズンの物もとてもお勧めです。

PageTOP