12月23日


nisica     フードブルゾン 

color      ブラック

price      45000+tax 

SIZE      1    /    2    /    3    /    4

nisicaが作るフード付きのブルゾンは、アウトドアブランドほどギアのテイストが強すぎず、スポーティーにも
なり過ぎない。日常着として最低限の機能を持たせた独特のバランス感がとても好みです。
デザイナー自身もアウトドアブランドが好きで良く着ていると仰っていましたが、だからこそ自身が作る物は
ギアとしての洋服ではなく、あまりシュッとならない素朴でタフな日常着。nisicaらしい一着だと思います。
ちょっと出掛けるのにも、この手のブルゾンは使い勝手が良く着る機会が多いと思いますし、雨風が防げてそこまで汚れを
気にせずに着られるので、様々な場面で重宝するはずです。
ブルゾン自体に薄くフリースが張られているので、保温性と防寒性が高くインナーは薄手のセーターやスウェットくらいで
十分に冬を過ごせる暖かみがあると思います。着膨れし過ぎない見た目の良さもフードブルゾンの特徴です。


フロントはスナップ釦が6つとZIPで開け閉めが可能。
今時期は寒さが厳しいのでZIPと釦としっかり留めて風の侵入を防ぐのが良いと思いますが、春先まで着れるブルゾンなので
季節が進めば真ん中のスナップ釦だけを閉めて、隙間からインナーを覗かせる着方もお勧めです。
素材は表面がマットな質感でストレッチが効いているポリエステル。GORE-TEXなどの高機能素材ではないですが
ポリエステル素材に良くありがちなチープさなどは全く感じさせません。
表地に光沢がない事と、パーツのスナップボタンを艶消しのマットな質感のものでボディと統一している点も
全体の仕上がりに大きく影響していると思います。こういったさり気ない部分の力の入れ方抜き方、魅せ方も
nisicaの巧さだなと強く感じます。


肩はセットインスリーブを採用しフードは頭がすっぽりと入る大きさに設定。
身頃や腕周りは比較的ゆったりとした作りで裏地も滑りの良い生地が貼られているので着用時のストレスほぼ無いです。
雪が降る土地に住んでいる以上は必要なディティールで、ネック周りの高さも含めて申し分ない作りだと思っています。


ポケットはハンドウォマーポケットと胸にZIPのポケットで3つ。
ハンドウォーマーポケットはインナーにフリースが貼られているので、手を入れてちょっと嬉しくなる仕様。
着丈の長さはお尻がしっかりと隠れるくらいに設定しているので、シャツなどを合わせた際にもテールがはみ出す事無く
インナーを気にせずに着られると思います。また、表にブランドを主張するロゴが一切付かない点もnisicaらしいです。


日常着として毎日でも袖を通したくなるような、ベーシックだけれども少し不思議な空気を纏った服。
お洒落をするというよりも、気持ち良く過ごす為の洋服という感覚がしっくりとくるかもしれません。
気張って人に見せる為に洋服を着るよりも(場合によっては人に魅せる。な時もありますが)、
自分自身が自然体でいられる服の選び方や提案を大切にしていきたいと思いますし、ふっと肩の力を抜いて服を着て
それが様になる様な着方をしたいと僕は思います。
ぜひ、いつものデニムにさらりとnisicaのブルゾンを羽織ってみてください。

PageTOP