1月23日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯18

color      INDIGO KERSEY

price      62000+tax 

SIZE      Ⅰ   /   Ⅱ   /   Ⅲ


STYLE CRAFT WARDROBEから、個人的にも楽しみにしていたコートが入荷をしました。
ざっくりとしたシルエットに見えるのですが、直線と曲線とが交わり、ただただゆったりとさせている訳ではないと
感じさせてくれる不思議なバランスの″COAT♯18″
表地はインディゴで染められたコットン100%のガルゼ素材を使用。凹凸がしっかりとある斜めの畝が特徴の生地で
打ち込みも良く、しっかりとした質感を感じて頂けると思います。
裏地はポリエステルの総裏で、袖通りも良く、これから春に向けて2枚仕立てのコートはとても重宝すると思います。
身頃やアームホールなどもゆったりと設定されているので、厚みのあるセーターを着てもストレスにならないですし
春・秋・冬の3シーズンに対応出来る汎用性の高さもポイントだと思います。
首元がスタンドカラーなので、今時期はタートルネックなモックネックなどのインナーとも好相性で春の冷たい風の
季節はストールとの組み合わせもお勧めです。


フロントの釦は全部で4つ。ポケットは大きなパッチポケットが左右に付きます。
ポケットの形状・大きさ・位置が独特なバランスで、コート自体の表情の豊かさに繋がっています。
コートそのものに雰囲気がありますが、袖を通しただけでは格好良くなり過ぎず、じわじわと後をひくような
魅力がこのコートにはあるように思います。
少しずつ距離を埋めていくような、何度も着用し時間を重ねていく事で、インディゴの色合いもこなれてきて
きっとその時には全てがしっくりと馴染む、とっておきの1枚になっているはずです。


袖はスプリットラグランスリーブを採用。前から見ると肩線があるのですっきりとした見え方になりますが
後側はラグランになっているので、しっかりと可動域を確保しています。
肩周りなどはゆったりとしているのですが、袖口にいくにつれて、ぎゅっと細くなる″STYLE CRAFT WARDROBE″らしい
シルエットを構築しています。他ではあまり見ることのないシルエットなので、最初は少し難しく感じたりもするかも
しれませんが、着ていれば必ず慣れてくるので、そこに踏み込む最初の1歩が重要だと思っています。
店頭でも、STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、一度購入して下さった方がシーズン毎にシャツやジャケット
コートなどを一枚ずつ買い足して下さったり、ゆっくりと着実に好きになって下さる様子も嬉しく感じています。
着心地の良さ、動き易さ、素材感など理由は様々だと思いますが、また欲しいと思わせられる、言葉では表せない
独特な空気を纏う洋服だと僕自身も感じています。


バックスタイルはセンターに深くスリットが入ります。
真冬用の暖かいウール素材やダウンなどのコートも必要不可欠ですが、中に着込んでもストレス無く着れる2枚仕立ての
ある程度厚みがあるコートが、実は着る機会が一番あると思います。
春先は当たり前ですが仕立て1枚のコートが多く出回るので、盛岡のような春の気候が厳しい地域では機能性・デザイン
とがイメージに合致するのが見つからないという相談を受ける事が多くあります。
コート自体はシャツやカットソーなどと違って、瞬間的に出逢うものだと思っているので、その時に思いきって・・・
という覚悟と気持ちが少なからず必要になるのかもしれません。
勇気はいりますが、その分の気持ちの高鳴りや、モヤモヤが晴れるすっきりする感じは春が来る度に思って頂けるはずです。
店頭でイメージに合うものが見つかれば、是非袖を通して頂きたいと思っています。
このコートを着て桜を見たらきっと心と身体のどちらも気持ち良く楽しい時間になるだろうなと勝手に想像してしまいます・・・
春のコートをお探しの方はサイズも全て揃っていますのでお試しください。

PageTOP