定休日のお知らせ


明日28日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

2月27日


the last flower of the afternoon  翠雨のrain coat

color      カーキ   

price      49500+tax 

SIZE      FREE SOLD


3月にもなると、真冬のコートはそろそろ脱ぎたいなという気持ちが自然と湧いてきます。
気温だけ見れば、まだまだ早い気もするかもしれませんが、春の装いに手を伸ばす事で、
それでけでちょっと、この先訪れる季節が楽しみになるように思います。
the tast flower of the afternoonから届いた、一枚仕立ての馬布コート。
超高密度に織られた馬布に加工を施し、風を通さず軽い撥水性を備えたコートは、タフな素材とは裏腹に
上品なAラインシルエットと、可愛らしいフラットカラー、ぽすんと落ちた肩から花開く様に膨らんだ袖の
ぐっと女心を掴むデザイン。
春コートと言えど、3月4月の盛岡の気候を想像した時に、僅かにショートな袖の長さが一瞬気に掛かったものの
それはすぐに打ち消され、生地とデザインのバランス感が何とも言えず好みだったのでオーダーしました。


ヴィンテージのダスターコートやレインコートをデザインソースに作製されたコートは、店頭にディスプレイした
瞬間から、生地がワシワシっと風格のある表情をしていて、時間の経過を感じる古着の様な佇まい。
深く濃い緑色が落ち着いた印象で、生地・デザイン・色目のバランス感が絶妙なコートだと思います。
冷たい風もしっかり防いでくれる生地なので、中にニットタートルや中肉のセーター、カットソーにカーディガン等
少し暖かい装いをした上から羽織って頂ければ、今からでも着用可能だと思います。
袖口もニットのアームウォーマーを合わせたら可愛いだろうなとか、帽子も色々な形を合わせたりを想像して、
ついつい小物まで欲しくなってしまいます。


脱ぎ着する際に触れる度、にやりとしてしまいそうな釦は水牛のボーン釦。
艶っと光を放ち、釦その物も目に留まりますが、コートの雰囲気を崩さずにむしろ惹き立てる様な
パーツ選びが、毎回楽しみでもある、the last flower of the afternoonのお洋服。


気になる袖の長さは・・・
よっぽど手が長い人じゃなければ六分袖から七分袖ぐらいのイメージでしょうか。
肩幅も袖幅も比較的ゆったりと余裕を持たせているので、少々厚地の物の上からでも羽織れるサイズ感。
ワンピースなどの上に重ねて袖口を見せるのも良いと思いますし、先にも言いましたが、アームウォーマーや
バングルなど小物をワンポイントに装いを愉しめる丈の長さ!と思って着て頂けたら嬉しいです。


肩や背中のさり気ないギャザー。
力強い生地の中に、くど過ぎずふわっと軽やかに甘さが出る様なシルエットに仕上げています。
ですので、メンズライクなスタイルにも違和感無く合いますよ。
春の羽織は少しずつ動き始めました。
シャツを新調したり、持っていない色や柄を足したりされる方も少しずつ。
寒さには油断は禁物ですが、気分は開放的に春を先取りをしてみてはいかがでしょうか。
定休日を挟んで、木曜日よりお待ちしております。

2月26日


trippen    SEED

color      BLK-BK   

price      46000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


以前一度、展開したことのあるモデル″SEED″
ちょうど一年前の春夏でオーダーしていた靴ですが、優しいフォルムと柔らかい革質が穿き易く、
見ため以上に履いた際にデザインが主張し過ぎず、足元がとても綺麗に映るのが印象的でした。
シンプルな中にもさり気なくTRIPPENらしい曲線美が光る靴は、洋服に合わせてカジュアルにも綺麗目にも
履いて頂けるのが良いなと思い、今回欠けていたサイズをフルサイズご用意致しました。
素材は足への馴染みも早い、タンニン鞣しのカーフレザーを使用しています。
タンブル加工を施す事でより柔らかく、履いていて少し余裕が出るくらいまで伸びのある革ですので、
幅広や外反母趾などで普段中々足に合う靴が無かったり、仕方なく大きいサイズを選んでいるという方にも、
極力足が靴の中で正しい位置に納まり、気持ち良く歩くために、お薦めできる素材です。


アッパーには、革の織り目で作られた一本線がゆらりと曲がって入っています。
独創的でありながらエレガントな印象も与えるTRIPPENのデザイン。
そのモデルにもよりますが、自分達としては選ぶ基準としているのが、洋服と組み合わせる事で
全体をきゅっと引き締める役割であったり、服の一部の様に面白味として履けるという事。
なので全てのcollectionの中で見れば、比較的ベーシックで色目も黒が多く偏ってはいますが、
その分、長くそして色んな服装に合わせて、色んな場所へ履いて出掛けて頂けるのではと思います。
踝から踵にかけても、すっきりと緩やかなラインが続きます。
スカートやワンピース、丈の短めのパンツを穿いた時など、足首から靴の境目がとても綺麗に見えます。
冬場はどうしてもミドルカットの靴の出番が多く、靴下も隠れてしまっていたのですが、
靴が変わり靴下が見えてくれると、俄然靴下熱も高まります。
足元のお洒落が楽しくなるのは正にこれからですね。

足へのフィット感がとても良いので、心なしか足の動きも軽やかになる様な気が・・・。
ソールのデザインによっても感覚は違ってきます。
靴紐や、ソール交換、インソールの交換など、自社の工場で一足一足職人が作り上げる靴だからこそ
可能なアフターケア。メンテナンスをする事で、靴は活き活きと長く履き続けられます。
勿論、普段の履き方なども影響する部分はありますが、選んで下さった方がついつい高い頻度で
履いて下さるのは、とても嬉しい事です。
極力長く使用していただける様に、自分達も職人さんとお客様を繋ぐ役割の一端を担えたらと思います。


ウールの綺麗なパンツに、内羽式のスマートな靴は似合います。
トップスにはカジュアルなスウェットを合わせたり、ボーダーカットソーにベストやパーカを合わせたり。
普段着に合わせる場合は、足元と服装のバランスをどこで崩すか考えるのが好きです。
勿論、大事な食事の席や集まりの際には、シャツとジャケットに華やかさでブローチを添えたりして
そんな装いにも合う靴だと思います。


あっという間に過ぎ去ろうとしている2月。そして迎える、3月はどんな月になるでしょうか。
日差しが強まって、日中は道路の雪が融けて、水たまりが跳ねる音が聞こえてきます。
硬く氷の塊になったところを、カンカンと削る音。
人通りの少ない静かな冬とはまた違う、動きを感じる音や光があることで季節が進んでいると感じます。
明日で2月の営業はおしまいです。ぜひお立ち寄りください。

2月25日


STYLE CRAFT  KEY RING L

color        NATURAL(NUME)   

price        12000+tax 

SIZE        4×19

color        GRAY

color        BLACK SOLD

color        OAK SOLD


STYLE CRAFTが作るキーリングやキーホルダーは、手に持った時の革の質感とブランド独自で作られている
真鍮素材のフックの雰囲気が抜群に良く、自分達もとても気に入っていて毎日持ち歩いています。
財布同様、革小物もなんとなく毎日手に触れる身近なものとして、肌触りが良くてパーツまできちんと
気が利いていて、納得できるものを手にして頂きたいと思っています。
誰も見ていない様なちょっとした部分に、その人のセンスであったり無意識的に美的感覚が現れたりするので、
たかがキーホルダーと思わず、ちょっと目を向けてみてもいいのではないかなと思います。
とは言え、洋服などと比べるとどうしても後回しにはなるアイテムですので、これから新しい生活や環境の変化
もしくは季節の区切りでなど・・・気持ちや気分を変える意味で、新しくするのもお勧めです。
季節柄、送別の品などにプレゼントするというのも粋な図らいになるのではないでしょうか。


rasikuでは、このサイズは初めて展開する″KEY RING L″は、円形状に膨らんだボリュームのある金具がポイントで
家の鍵などを複数付けて持つのも良いですし、潔く車の鍵をこれだけに付けるというのもお勧めです。
裏側にギボシが付いているので、革の部分がループになりますので、手で持つと落としてしまったりが気になる方は
バッグなどに取りつける事も可能ですし、何か目印になるものをくっ付けたりしてもいいかもしれません。


とある場所で、色は茶系だったと記憶しているのですが使い込まれた″KEY RING L″に車のキーを付けて、片手に持って
歩いてくる女性を見かけて、その姿がとても格好良く印象的でした。
直ぐに真似したいなと思ってセレクトしたというのはここだけの話(笑)
物としての存在感や魅力も勿論ありますが、気を使わずに日常使い出来るレザーブランドというのが
STYLE CRAFTの良さであり、素材の持ち味を最大限に活かす為の削ぎ落とされたデザインだと思っています。
男性・女性に関係なく持てるデザイン、大きさなので、ご夫婦で共有して持つのもお勧めです。

STYLE CRAFT  KEY HOOK L

color        NATURAL(RAKUDA)   

price        9000+tax 

SIZE        4×19 SOLD

color        BROWN

color        BLACK SOLD


手に納まり易い靴べらのようなデザインの先に、ねじ式のフックが5つ付いた″KEY HOOK L”
今シーズンはシボがキメ細かくて鈍い光沢感のある″RAKUDA”をセレクトしました。
5つのフックがある事で、自宅やオフィスなど鍵を1つに纏められて嵩張らずに持つ事が出来ます。
少しだけ雑多にも見える剥き出しになる鍵の感じが好みで、コンパクトなサイズ感ですが置いておくだけでも
しっかりと存在感があり、毎日の鍵を手にして扉の施錠の瞬間や、帰ってきてぽんっと鍵を置く瞬間の何気ない
動作も気持ち良く出来ると思っています。
キーフックを変えたからといって気持ちに大きな変化はないかもしれませんが、少しずつの変化の積み重ねを
楽しみながら過ごすと、また違った視点で物事を見たり新たなきっかけがあるかもしれません。


自分達が気に入って使っている事もあり、毎シーズン素材と色を変えながら店頭に並べています。
今回は″RAKUDA”をセレクトしましたが、他のレザーと比べてより自然な色味と強さを感じて頂けると思います。
カラーは3色で経年変化を楽しめる色を2つと、落ち着いた雰囲気のブラック、好みに合わせた色を選んで頂きたいです。
男性は特に小物の色を揃える方が多くいらっしゃると思いますので、そんな風な選び方も良いのではないでしょうか。


お財布・ベルト・キーホルダーなど、持ち物や小物への気配りが出来るというのは僕自身は大切な事だと思っています。
ブランドもので揃えれば良いと訳では無く、目で見て触れて、好きで長く時間を過ごして使い込まれたレザーの雰囲気は
伝わってきますし素敵に見える物だと思っています。
STYLE CRAFTが作るキーホールダーも、普段使いするだけでじっくりと味わい深いレザーに変化をしていくので
是非お試し頂ければ嬉しいです。

2月23日


nisica     フードブルゾン

color      ブラック   

price      30000+tax 

SIZE      1    /    2    /    3    /    4 

color      ネイビー 

SIZE      1    /    2    /    3    /    4  SOLD

昨シーズンの春夏にも展開をしたnisicaが作るフード付きのブルゾン。
所謂マウンテンパーカーは、春夏シーズンになると様々なブランドがリリースするアイテムの1つですが
ネック周りの高さとフードの大きさ、光沢の無いマットなナイロン素材などnisicaらしいエッセンスが各所に
踏襲されています。コットンやリネンといった天然素材を中心の洋服を作るブランドだけに、良い意味で全く違った
テイストの様にも感じるのですが、デザイナー自身もアウトドアの洋服が大好きという事で、ラインナップの中に時折
顔を並べる、こういったアイテムにも違和感はなく、むしろその絶妙な落としどころには納得させられます。
アウトドアブランドが作るマウンテンパーカーは、当然ですがギアとしての要素が色濃く出てしまっている物が多く
街着として着る場合には、ファッションとしての落とし込み方や着方を問われると思っています。
アウトドアのイメージそのままで着るのも良いですが、街着として見た時にちょっとオーバーになり過ぎていたり
単に動き易く楽だから着ているというスタイルは、どこかだらしなく見えてしまう点が正直好みではありません。
ブランドを着るのはなくどう着るのかがポイントで、nisicaのフードブルゾンは街着として取り入れ易いと思います。
ボディにブランドを象徴する様なロゴは一切入らず、シンプルに無駄なく、且つ緩やかなデザインやシルエットは
体型や年齢を問わずに幅広く着て頂けるはずです。


すっぽりと首元全体を覆いかぶさるように設定をしたフード、息苦しくならない様に立体的なフォルムが着用時の
ストレスを大きく軽減してくれると共に保温性をしっかりとキープしてくれます。
僕もマウンテンパーカーは好きで色々と試してきましたが、ZIPを閉めた時に首元が窮屈に感じると着る機会が
なくなってしまう事が多かったので、機能性と見た目のバランスのどちらも考慮された作りと言えます。
ポケットは胸ポケットとハンドウォーマーポケットの合計3つ。
ZIPは全て止水になりますので、日常生活の範囲であれば十分過ぎるくらいのスペックです。
ナイロン素材のメリットとしてコンパクトなサイズにして持ち運びが出来るので春先の旅行や出張になどにも
お勧めで、急な雨などにも対応出来る羽織物は持っていて、いざと言う時重宝します。
カラーはどちらも甲乙付け難い″ブラック″と″ネイビー″の2色、サイズはフルサイズでサイズ1から4まで揃えています。
※ブラックの4のみ完売しております。


前丈に比べてテールの長さを出してお尻が隠れるくらいに設定をしています。
自転車など乗られる方には着易く感じるディティールになるのではないでしょうか。


パンツも細身からワイドなシルエットまで対応出来る、懐の深いフードブルゾンだと思います。
M-47やM-65などの6ポケットの太めの男臭いパンツに、足元はキャンバスのスニーカーやビルケンシュトックの
サンダルなども、少し季節が進んで道路に雪が無くなる頃にはイメージがし易くなるのではないでしょうか。
程良い力の入れ方やバランスで作られるnisicaの洋服は、一番は自分自身が気持ち良く過ごす為ではありますが
客観的に着ている姿を見て、シンプルながらも雰囲気の良さや清潔感が自然と伝わる気がしています。
年齢を重ねるにつれて、洋服を着る事が自己満足だけというのは何だか少し寂しいなと思うようになりました。
自己満足の他者貢献ではないですが、洋服を身に付ける事の面白さや大切さを実感出来る方がプラスだと思いますし、
知らず知らずのうちに人を楽しませている事もあったら純粋に嬉しいですしね。
単純に格好を付けて人にみせる為にという訳ではなく、(そういった部分も大事なのかもしれませんが)街を歩いていて、
ふと振り返って見てしまうような、自然で力は抜けているけれど、きちんと気を遣っている洋服の着方が、
僕が理想とする提案の仕方なのかなと思っています。。。
話は脱線してしまいましたが、nisicaのフードブルゾン、とてもお勧めです。
サイズ1はレディースで展開していますので、是非袖を通して頂ければと思います。

PageTOP