2月20日


STUFF    shoulder no.3

color      WASH BLACK   

price      36000+tax 

SIZE      45×42×13


STYLE CRAFTがレザーとはまた異なる視点で提案する、多様な事柄などを包み込む「袋」をコンセプトに作製される
″STUFF″のバッグやポーチは、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインとすっとした佇まいに、キャンバスバッグには
なかなか感じる事の無い、色気すら感じてしまいます。
ブランドオリジナルで作製されるコットンやリネンなどの天然素材の生地は、打ち込みを限界まで強くする事で
ハリとコシの強さが際立ち、表面のパラフィン加工が抜けた頃からが素材の持ち味がより発揮されます。
ショルダーバッグの中で一番大きいサイズ感の″shoulder no.3″は、底のマチが大きく設定されているので
見ため以上に容量が大きく、普段使いから一泊くらいの旅行まで対応可能だと思います。
荷物を入れるとトップの部分が自然に落ち込んで蓋の役割を果たしてくれるという構造は、STYLE CRAFTの
他のバッグにも取り入れられているデザインで、留め具などが無いことでの不便さを気にされる方もいますが
実際に使ってみると、不便さを気にしていた事すら忘れてしまうくらい、静かで研ぎ澄まされた姿かたちに
魅了されてしまうと思います。


ショルダーの長さに特徴があり、あえて斜め掛けが出来るギリギリのバランスに設定をされています。
厚地のコートを着用した際には、身体を通す時に少しだけ窮屈に感じる事があるかもしれませんが
やや高めの位置にバッグが納まることで、サイズに関わらずすとんと落ち着く感覚があります。
使いはじめものうちは形がしっかりしているので、バッグの存在が気になるかもしれませんが、
生地が馴染んでくる頃には、身体のラインに添った気持ちの良い背負い心地になっていると思います。
デザインと機能性、丁度良く2つのバランスがどちらにも偏ることのないよう設計されているバッグで
僕自身も2年くらい愛用していますが、淡々とした中に緻密さがあって使う度に腑に落ちるというのか
ちょっとしたさじ加減の巧さ実感しています。


内側にZIP付きの吊りポケット、逆サイドにも2つに分かれたポケットの合計3つのインナーポケットが付きます。
特に分かれているポケットには長財布がすっと入るので、出し入れがスムーズで重宝しています。


サイズ感や容量からすると、やはり男性にお勧めしたいバッグです。
さっと背負う仕草であったり、中の荷物を取り出す時の1つ1つの動作など、使いやすい方法を自分なりに見つけて
距離を縮めていく過程や、身体とバッグが自然にフィットする感覚などは、時間が積み重なれば一層愛着が増します。
STUFFという名前が示す様に、袋のようにさっと物を詰め込んで、ラフに格好良く背負っていただけたらなと思います。

STUFF    POUCH NO.1     /      NO.2        /         NO.3 

color      WASH BLACK(LINEN PARAFFIN CANVAS)   

price      9000+tax             12000+TAX              15000+TAX

SIZE      25×21                31×27                39×34

STUFF    POUCH NO.1     /      NO.2        

color      DARK NAVY(COTTON×JUTE TWILL)   

price      7000+tax             10000+TAX   

STUFF    POUCH NO.1     /      NO.2        /         NO.3 

color      OFF(COTTON PARAFFIN CANVAS)  

price      6000+tax             8000+TAX              10000+TAX

   


もう一型、こちらも今まで定期的に素材や色を気分で変えながら、サイズを揃えてご紹介しているSTUFFの
ハンドルとZIP付きの ″POUCH NO.1 2 3″
持ち手があることで、ふいに両手を空けたい時には手首に掛けることができ、それでいてマチは無いので嵩張らずに
コンパクトで持ち運びもし易く、ポーチとしての機能を存分に発揮します。
どことなく垢抜けたデザインも魅力で、目的を制限せずに使い道を広げてくれるようでサイズ違いで持ちたくなります。
DARK NAVYのみサイズが欠けていますが、三つそれぞれ異なる素材で、どんな装いに合わせて持とうか考えたり、
行く場所や中に入れる物を想像してバッグを選ぶと言うのも、楽しいかもしれません。


三つの中でも恐らく使い勝手の良さそうなサイズ感のNO,2
財布携帯にプラス@と、持ち歩く荷物が少ない方にもバッグとしても大袈裟にならずに持てると思います。
持ち物が少ないとついポケットに入れてしまいがちですが、ちょっとした物でも、コンパクトなバッグに
入れて持ち歩くだけで、さり気なく装いのアクセントにもなります。
旅行や出張のバッグインバッグとしても、読みたい本を入れたり、手帳や文房具をまとめたり。
場所を取らずに忍び込ませることが出来るので、様々な用途でお使いください。


一番小さなNO.1は、まさにポーチとして必要最低限の化粧品やエチケット用品を入れたりも良いですし
うっかりどこにしまったか忘れてしまう小物、鍵やアクセサリーを一時保管する袋として使ったり。
服装の邪魔をしない、すっきりとした佇まいのバッグなのでギフトにも喜んでいただけると思います。
白のキャンバスバッグを持った瞬間、さらっと爽やかな風が吹き、春がすぐそこまできました。
小物などから、少しずつ春を迎える準備をするのは如何でしょうか。

PageTOP