2月26日


trippen    SEED

color      BLK-BK   

price      46000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


以前一度、展開したことのあるモデル″SEED″
ちょうど一年前の春夏でオーダーしていた靴ですが、優しいフォルムと柔らかい革質が穿き易く、
見ため以上に履いた際にデザインが主張し過ぎず、足元がとても綺麗に映るのが印象的でした。
シンプルな中にもさり気なくTRIPPENらしい曲線美が光る靴は、洋服に合わせてカジュアルにも綺麗目にも
履いて頂けるのが良いなと思い、今回欠けていたサイズをフルサイズご用意致しました。
素材は足への馴染みも早い、タンニン鞣しのカーフレザーを使用しています。
タンブル加工を施す事でより柔らかく、履いていて少し余裕が出るくらいまで伸びのある革ですので、
幅広や外反母趾などで普段中々足に合う靴が無かったり、仕方なく大きいサイズを選んでいるという方にも、
極力足が靴の中で正しい位置に納まり、気持ち良く歩くために、お薦めできる素材です。


アッパーには、革の織り目で作られた一本線がゆらりと曲がって入っています。
独創的でありながらエレガントな印象も与えるTRIPPENのデザイン。
そのモデルにもよりますが、自分達としては選ぶ基準としているのが、洋服と組み合わせる事で
全体をきゅっと引き締める役割であったり、服の一部の様に面白味として履けるという事。
なので全てのcollectionの中で見れば、比較的ベーシックで色目も黒が多く偏ってはいますが、
その分、長くそして色んな服装に合わせて、色んな場所へ履いて出掛けて頂けるのではと思います。
踝から踵にかけても、すっきりと緩やかなラインが続きます。
スカートやワンピース、丈の短めのパンツを穿いた時など、足首から靴の境目がとても綺麗に見えます。
冬場はどうしてもミドルカットの靴の出番が多く、靴下も隠れてしまっていたのですが、
靴が変わり靴下が見えてくれると、俄然靴下熱も高まります。
足元のお洒落が楽しくなるのは正にこれからですね。

足へのフィット感がとても良いので、心なしか足の動きも軽やかになる様な気が・・・。
ソールのデザインによっても感覚は違ってきます。
靴紐や、ソール交換、インソールの交換など、自社の工場で一足一足職人が作り上げる靴だからこそ
可能なアフターケア。メンテナンスをする事で、靴は活き活きと長く履き続けられます。
勿論、普段の履き方なども影響する部分はありますが、選んで下さった方がついつい高い頻度で
履いて下さるのは、とても嬉しい事です。
極力長く使用していただける様に、自分達も職人さんとお客様を繋ぐ役割の一端を担えたらと思います。


ウールの綺麗なパンツに、内羽式のスマートな靴は似合います。
トップスにはカジュアルなスウェットを合わせたり、ボーダーカットソーにベストやパーカを合わせたり。
普段着に合わせる場合は、足元と服装のバランスをどこで崩すか考えるのが好きです。
勿論、大事な食事の席や集まりの際には、シャツとジャケットに華やかさでブローチを添えたりして
そんな装いにも合う靴だと思います。


あっという間に過ぎ去ろうとしている2月。そして迎える、3月はどんな月になるでしょうか。
日差しが強まって、日中は道路の雪が融けて、水たまりが跳ねる音が聞こえてきます。
硬く氷の塊になったところを、カンカンと削る音。
人通りの少ない静かな冬とはまた違う、動きを感じる音や光があることで季節が進んでいると感じます。
明日で2月の営業はおしまいです。ぜひお立ち寄りください。

PageTOP