3月31日


今シーズンからお取扱いがスタートする″maillot″
洋服の中心になるベーシックなアイテムを作り続けているブランドで、オリジナルのファブリックを使ったシャツや
ボーダーのカットソーなど、洗いざらしでお洗濯にも強い縫製や素材感の洋服はワードローブには欠かす事が
出来ない存在になってくれると思います。
ファーストシーズンは″maillot″のアイコンとも言えるシャツとボーダーTEEを中心に展開をしています。
「着た瞬間から身体に馴染む」というコンセプトの通り、身頃や袖周りなどストレスを感じにくい
ゆったりとしたパターンで、洗いざらしのふんわりとした質感は心地良く感じられます。
サイズ展開は0から4までの5サイズで、メンズ・レディースに関係なくユニセックスで着用して頂けます。

maillot    SUNSET GINGHAM WORK SHIRTS

color     BLACK

price     14800+tax 

SIZE      0   /   1   /   2   /   3

maillot    SUNSET BIG GINGHAM WORK SHIRTS

color     BLUE×WHITE

SIZE      0   /   1   /   2   /   3

定番で作られているシャツの襟型は2種類で、ラウンドカラーとボタンダウンのタイプがあります。
先ずはラウンドカラー。
小振りな丸衿にチンストラップが付く、オーセンティックなワークシャツからディティールをとったカタチですが
素材をギンガムチェックにのせかえるだけで、男らしい雰囲気から柔らかい印象にがらりと変わる印象を受けます。
ブルーのビックギンガムはこれからの季節に1枚で着た際の存在感が際立つので、どんどん重ね着が出来なくなり
シンプルになりがちな服装の季節に特にお勧めです。色落ちしたデニムやチノなどに足元はデッキシューズなど
ストレートにマリンスタイルを連想させるような着合わせも良いのではないでしょうか。


maillotのシャツで一番の特徴と言えるのはブランド独自で開発しているオリジナルファブリック。
全色コットン70%・リネン30%の混合素材を使用。ブロード程繊細ではなくオックス程強さみたいなものを
感じない素材感で、コットンリネンならではのメリットを最大限に活かした配合であり生地感だと思います。
表面にネップのような凹凸の在る素材感は、張りとコシの強さがあり、何処か懐かしさみたいなものも
袖を通した際に感じてしまいます。
10年以上同じ商品を同じ価格で作り続けいてるブランドで、価値と価格とクオリティにきっと満足して
リピートで他の色やカタチを購入される方が多いシャツだと思います。
rasikuでもシーズン毎に、色のバリエーションを変えながら提案していこうと思っています。


サイズ感は身頃がゆったりとして着丈はすっきりとしている印象を受けます。
年齢を重ねるにつれて、ボックス型のシルエットの洋服を以前よりも好んで着る様になってきました。
洋服を扱う以上、恰好良さも大切にしていますが、自分自身が自然体でいられる服装をしたいと思う気持ちの方が
ここ数年強くなってきました。サイズの選び方や着合わせ次第で如何様にも着熟せるという感覚が
少しずつ出てきたからこそ、昔ほど綺麗なシルエットなどに拘らず、持っている洋服との相性や崩し方で着れるのが
自然体で格好良いなと思えるようになったからだと思います。
僕ら世代(30代後半)くらいの方には、気張らずに肩の力を抜いてリラックスした気持ちで着て貰えたら嬉しいですね。
小さなお子様がいる方でも、生地がしっかりとしているので抱っこなどをしてもちょっとやそっとではクタクタには
ならないので、本人の体型さえキープ出来れば、長く付き合っていける1枚になると思いますよ。
何でも良いという中にも趣味の良い洋服を選ぶというのも大切な要素ではないでしょうか。


背中のギャザーやガゼット、ラウンドした裾の形状などシャツの基本をしっかりと押さえた作り込みで
可動域などもしっかりと確保されていて、ストレスを感じにくいシャツだと思います。
釦などのパーツも薄手の猫目釦が採用されていて、細かな部分にも気を利かせたシャツで着ていくうちに
良さをより実感していただけるはずです。

maillot    SUNSET BD SHIRTS

color     WHITE

price     14800+TAX

SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4

maillot    SUNSET GINGHAM BD SHIRTS

color     BLUE

SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4

maillot    SUNSET BIG GINGHAM BD SHIRTS

color     RED×WHITE

SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4

maillot    SUNSET STRIPE BD SHIRTS

color     YELLOW×BLUE

SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4 

もう一型はボタンダウンのタイプ。
左胸にパッチポケットが付く基本に忠実なカタチですが、トップ釦を留められるくらい首回りがゆったりと設定しています。
重ね着をする際にもBDタイプは使い勝手が良いですし、着回しで考えるとより汎用性が高くなるのではないでしょうか。
着方は基本的にはタックアウトする方がバランス良いように思います。
ミリタリーやワーク系のジャケットやコートなどを羽織って着ると、シャツのはっきりとした色目とマッチしてお勧めです。
赤のギンガムチェックなどは、今まで展開をした事のないはっきりとしたカラーリングだったので1枚着として着れる季節に
挑戦して頂ければと思っています。色に関して言えば、自分が思う似合う・似合わないは、案外着てしまうと慣れる。
という事が良くあるので、着れないより着れた方がきっと着こなしの広がりが出るはずです。


ボタンダウンには大きなコロンとした釦が付き、裾のラウンドもナチュラルな曲線になります。
よりすっきりと癖のないカタチだと思います。デイリーに着るシャツをお探しの方には是非お勧めしたい1枚です。


maillotの洋服は日常着としてのクオリティとパフォーマンスに優れた製品が数多く存在します。
派手さやデザイン性が強く主張するという訳ではなく、ワードローブの中心を支えるような名脇役としてきっと日々の洋服を
楽しませてくれるはずです。気温が上がり、シャツが気持ち良く着れる季節が近づいてきています。
何を手にした良いか分からないという方もいらっしゃると思いますので、先ずは先を急がずにシンプルな自分に合うシャツを
着てみては如何でしょうか。

3月30日

MARCOMONDE 2018SS  ″FRANCE″


世界を旅するMARCOMONDE。今シーズンテーマとなる国は”FRANCE″
BLOGでは久々のMARCOMONDEのご紹介になりますが、ひとつ前の″CANADA″や、前の前の″CALIFORNIA″と
春夏・秋冬、一年中を通してMARCOMONDEの靴下が足元に彩りとワクワクを与えてくれていることが、
自分の中でも定番となっていて、毎回COLLECTIONの立ち上がりを楽しみにして下さる方もいて
わいわいと靴下選びするのも、季節の初めの楽しみだったりします。
テーマとなる国の一つの時代を切り取り、自然や街並み食べ物や人などの景色からインスピレーションを得て
柄や色に落とし込まれる、MARCOMONDEの靴下。
今季は淡いベージュやブラウン、ブルーやグレーのグラデーションに、ピンクやパープルがキーカラーとなって
シースルーやラメのキラキラ、花の刺繍など、一段と心擽られるコレクションになっていますので、
足元から春から夏の装いをイメージして、一足先に色や柄を取り入れてみてはいかがでしょう。

price      2400+TAX


三色のカラーバランスが絶妙なチェック柄。
長さも足首がしっかり隠れるぐらいあって、厚みも程良く、今の時期から穿ける一足です。
チノパンかベージュのスカート・キュロットと革靴に合わせたい。

price      2400+TAX


price      2400+TAX


price      2400+TAX


足の甲の真ん中と、足首の裏から踵にお花の刺繍が。
色は黒と緑の地に、赤い花が際立ちます。生地をたっぷり使ったワンピースとガーリーな靴に。

price      2400+TAX


price      2400+TAX


price      2400+TAX


price      2400+TAX


price      2400+TAX


夏のサンダルにも合わせたい、シースルーのシリーズ。
全部が透けるわけでは無く、ボーダーの縞々やドットの点が透けたり、甲の一部分だけ透けたり。
いやらしくなく、カジュアルにスニーカーと合わせても可愛いので、ぜひ試して頂きたいです。
いつものコレクションとは別で、昨年の春から新たにスタートしたコレクション「New Classic」も
たっぷりと並んでいます。見応えたっぷりのうちに、ぜひお選びくださいね。

定休日のお知らせ


明日28日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

3月27日


今シーズンよりrasikuに並ぶ、SEA SALTの服。
海やリゾートが思い浮かぶようなリラックスしたエッセンスを取り入れながら、素材にはインポートファブリックと
ボタニカルダイなどを用いた鮮やかなカラーリングの布帛アイテムを中心に展開しています。
型数は然程多くありませんが、定番で作られているアイテムを素材を変えながらスタンスを変えずに作り続けている事も
魅力に感じていますし、世の中に合わせずに自分達が良いと思った物を作り続けているブランドは希少にも思います。
素材の持っている雰囲気を最大限に活かす為、シンプルに無理無駄を削ぎ落としたデザインが特徴的で
rasikuではメンズライクなボトムスに合わせて、格好良い女性をイメージしたスタイルをでお勧めしていきたいです。

SEA SALT    SLIPOVERDRESS

color        O.WHITE

price        26000+tax 

SIZE        2 SOLD


フロントのヘンリーネックの様なデザインが目を惹く″SLIPOVERDRESS″
素材は様々選択肢がある中で、生成のシーチングの生地でオーダーをした1枚。
打ち込みが強くて張りがしっかりとある生地感は、1枚で着用した時の存在感と柔らかな色目が春らしく
デニムなども勿論良いですが、あえて同系色のパンツで合わせるのもお勧めです。
膝が隠れるかどうかの丈感で、チュニックとワンピースの丁度間くらいのイメージだと思います。


肩線は身頃に対して直線的な位置に設定をしているので、自然なドロップショルダーになります。
今までrasikuで展開してきたブランドはもう少しゆったりとしたサイズ感とバランスのアイテムが多かったですが、
どちらかと言えばコンパクトなパターンで、すっきりと恰好良く見えるのが″SEA SALT″らしさだと感じています。


何かを象徴するようなディティールなどは一切無く、ミニマムに作られている印象を受けます。
袖口を生地の耳などで使用するなど、細かな部分を見ると拘りを感じるのですが、出来る限りプレーンな仕上がりにする事で
その洋服が持っている表裏のない素朴な良さが引き出されていると思っています。
ルックブックなどがあり世界観が見えたり、圧倒するくらいの作り込みがあるというブランドではなく、良くも悪くも言えば
普通さがポイントで、純粋にどう着るのかを問いかけられているような洋服に感じています。
シンプルという言葉が当てはまりそうですが、自分なりの解釈やサイズ感着方があってこそ格好良く着熟せると思いますし
小物や靴などの合わせ方やバリエーションも重要になってくるかもしれません。


ある意味ごまかしが効かない洋服になってしまうかもしれませんが、素材感であったりシルエットやパターンをダイレクトに
純粋に感じて頂けると思っています。何となくぼんやりとした合わせ方やふんわりした部分はないので、あれこれ足さずに
「素材」そのものを楽しむ服。と言えば分かり易い表現になるのではないでしょうか。
良い意味でまた違った、ストレートで潔い伝わり方のする洋服だと感じています。
他にもインポートファブリックを用いたシャツが届いていますので、是非ご覧頂ければと思っています。

3月26日


veritecoeur    ソンヤコート

color        Beige

price        50000+tax 

SIZE        F SOLD


雪融けの水で、どどどっと勢いと水量の増していた中津川の流れも気付けば穏やかな流れに。
色はまだ深い緑色をしていますが、春の顔をしています。
来店される方も、どことなくふわんと嬉しそうな空気を纏い、時々聞こえてくる鼻歌につい顔が緩みます。
そんな朗らかな気分を一層盛り上げてくれる様な、洋服に出逢っていただけたらなと思います。


veritecoeurから届いた、春のコート″ソンヤコート″
毎度の事ながら、これは勝手に手が動いてついつい条件反射で着てしまうコートだと断言できます。
肩線の無いゆったりと落ち感のあるシルエット。生地は軽やかに、でも、しっかりと中に着込めて
裏地が付くコートは春の装いには何より必要なのではないかなと思っています。
素材にはシルクが使用されていて、少しまったりとしたぬめりのある上質な雰囲気を感じられるものの
あえて艶を抑えてマットな質感に仕上げる事で、畏まり過ぎずデイリーに着られる一着になっています。


ラペルと襟が一体化したようなデザインの首元は、立たせても寝かせてもどちらにしても違和感も無く、
カジュアルながら、どこか落ち着いた印象を残すので、合わせる服にも幅が出せます。
くしゃりと柔らかな生地感に身体が包まれると、颯爽と風に乗ってどこまでも歩き出したくなります。
フロントの釦を留めずにばさりと羽織るだけでも様になりますし、シャツの上からきちんと釦を留めて纏い
綺麗目名パンツと革靴でメンズライクに着合わせるのも素敵。
ちょうど良い位置にポケットが在るので、すっと手を入れて、さくさくと街中を歩く姿が思い浮かびます。


淡く優しい色目のベージュは、サスペンダースカートとカットソーも同系色でまとめて着たくなりました。
もう少し暖かくなったら、タイツを脱いで、色鮮やかな靴下か可愛い柄の靴下を合わせたいです。
着丈もそこまで長すぎないので、スカートやキュロットの裾が覗くぐらいのバランスで着ていただけます。
重ね着がそこまで得意では無くても、なんだか上手に着れてる?と思ってしまう程、組み合わせてみると
首元、袖や裾などなど絶妙なバランスのレイヤードが現れてしまうveritecoeurの服のあれこれ。
単品でも勿論ですが、コーディネートでお楽しみいただくのもお勧めです!

color        Renga

SIZE        F SOLD


全三色の中から、今回一番惹かれたのは、このRenga色でした。
吊られているだけよりも、人が着ている姿を見て先ずいいなぁと思い、少し離れていても何度もふっと
その姿に目に留まる素敵な色。
今まで積極的に取り入れてこなかった色を今季は展開したいなと思っていたので、その気持ちにもぴたりと
ハマり、思わず同色のワンピースもオーダーしてしまいました。コートと重ねて着ると、これがまた良い。
発色の良さが際立つ色というよりも、なんだかあまり見ない独特な、でも落ち着く色目です。
どちらかというと裏地の色がぱきっとしているので、比べると表地の派手さはそこまで感じないと思います。


ある程度ベーシックなコートをお持ちの方にも、新鮮な気分を与えてくれる色だと思いますし、
白や紺・黒のトップスに、チノやデニム、軍パンなどのボトム類とも合い易いので、元の服装を変えずに
気軽にふだんの印象を変える事の出来る一着として、取り入れてみるのも良いと思います。
春の訪れとともに、新しい場所で生活が始まる方や、新しい事を(気持ちの面でも)始める方、
などなどいらっしゃると思います。楽しみの中に、不安や緊張もあったりすると思うのですが、
新しい服を身に纏うことで、何かその人のモチベーションになったり心持ちに良い影響を届ける事ができたら
何よりも嬉しいことだと思います。
先ずは盛りだくさんの店内に足をお運びいただくだけでも、楽しめると思いますので、お出掛けの際には
ぜひふらりとお立ち寄りください。

PageTOP