3月2日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯21

color      INDIGO   

price      53000+tax 

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ   

STYLE CRAFT WARDROBEから今シーズン一押しの新型コートが届いています。
ダブルのコートを連想させる様なフロントは、アシンメトリーなバランスでシングル仕立て。
立てた時と開いた時の見え方の違いが印象的なラペルが付き、シルエットはボックス型の ″COAT♯21″
ゆったりとしながらもメリハリのあるパターンで作製されるのがSTYLE CRAFT WARDROBEらしさであり
一度袖を通すと今までの洋服の着方や合わせ方に、新たなスパイスが加わり深みや面白味が出てくると思います。
ただ着るだけで完成するデザインではなく、どう着るかを考えながら少しずつ距離を縮めていくようなコートで
時間の経過と共に雰囲気の良さと着方が洗練されて、着る人をしっかりと惹きたててくれるはずです。
初めて袖を通す方は少し難しくも感じるかもしれませんが、最初の印象に捉われすぎずに、挑戦して頂けると嬉しいです。
僕も展示会で最初に袖を通した時には、ラペルの使い方が何だか難しいなと感じましたが、時間が経つにつれて
その難しさも良く感じてきて、結局絞り切れずに″INDIGO”と″SAGE”の2色でのオーダーになりました。


″COAT♯21″のディティールで一番の特徴と言えるのは、ラペルの形状とその着方にあると思います。
ラペルをつけてシャツを組み合わせる事でジャケットの様な着方も出来ますし、スタンドにしてコートらしい
雰囲気で着るのも◎です。この絶妙なさじ加減とバランス感がSTYLE CRAFT WARDROBEの得意とする部分で、
着方を決めるけるのではなく、柔軟に自分なりの落とし込み方で着て頂きたいです。
素材は薄手ながらもしっかりと張りのある平織りの生地でコットン100%。
先染めのインディゴ生地で、光の当たり方ではパープルネイビーの様な色目に映ります。
インディゴならではの経年変化も楽しめる素材で、移染も然程心配ないと思いますので白いシャツやクルーネックや
モックネック類のカットソーとの組み合わせは、春の装いには欠かせないスタイルになるのではないでしょうか。


肩はスプリットラグランスリーブを採用。
肩線は付いていますが、後側はラグランになっているので可動域をしっかりと確保した作りになります。
アームもゆったりとしているので、肉厚のスウェットを着ても窮屈さやストレスはありません。
ポケットは叩き付けの大きなポケットが左右に付きます。

内側にも釦が1つ付きます。ダブルのジャケットやコートにある仕様と変わりありません。


バックスタイルはセンターにスリットが入ります。
着丈はお尻がしっかりと隠れるくらいの長すぎないバランスに仕上げています。
コートとジャケットを足して割った様なデザインで、力を抜いて着られる所に良さを感じています。
春コートやジャケットをある程度お持ちの方にも、案外この手の着丈のコートは無いんではないかな?とも
思いますので、お勧めしたい1枚です。

STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯21

color      SAGE   

price      46000+tax 

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /     

もう一色は深みのあるSAGE。
インディゴと比べるとより渋みが増すカラーで、より通好みな感じに映るのではないでしょうか。
オリーブですが、ミリタリー色が強く押し出されずにすっきりと着る事が出来ます。
ネイビーやグレー・ブラックなどがワードローブに多い方には、特に新鮮な見た目に映ると思います。


フロントを開けて着た際にも、広がり過ぎずにすっきりとした着方が出来ます。
春の暖かな日差しを浴びながら、桜の咲く季節にはラフに羽織って街歩きを楽しんでみては如何でしょうか。
シーズン毎に新しいコートを手にする必要はないですが、気持ちを高めてくれる洋服を手にしたり選ぶというのは
感性や感覚を豊かにする手段の1つですし、磨いていかなければ鈍感になっていく一方だと思います。
自分自身も、これは良いと思う服に出逢うとついそればっかりを手に取り着てしまう時もあるのですが、
ふと、しばらく着ていなかった物や、新調した服を着ると、何とも言えない気持ちが湧きあがります。
それぞれタイミングはあると思いますが、新しい感覚を自ら手にしてみる事も冒険ではないですが、
必要な事ではないのかなと、店頭で接客をしていて感じる事が増えた気がします。
PCやスマートフォンから流れてくる情報だけで頭をいっぱいにして頼りにし過ぎるよりも、目の前にある物を
自分の目で見て、向き合う人と出逢うと何だかほっとした気持ちになりますし、嬉しくもなります。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服だけに限らず、袖を通して色々と考えてみる事が洋服を着る楽しさであり
一見難しくも感じるかもしれませんが、少しずつでも自分らしいスタイルに変換をして頂ければ嬉しいです。


今日はまた冬へ逆戻りの一日でたが、明日からまた少しずつ暖かくなるようです。
モコモコのフリースでお店にいましたが、気持ちは徐々に春へと向かっていますし、並んでいる食材なども
少しずつ徐々に変わってきたように思います。rasikuの店内も見応え十分の内容だと思いますので、
是非、週末の2日間に足をお運び頂ければ幸いです。(来週は、5日~9日までお休みいただきます)

PageTOP