3月24日


nisica      ガンジーシャツ

color       ギンガムチェック 

price       15000+TAX  

SIZE       1    /    2    /    3    /    4

nisicaには定番アイテムとして作り続けられているアイテムが多くありますが、その中でも首元が高めに
立ち上がったガンジーネックは、他ではあまり見かけない独特のバランスと空気感が気に入ってセレクトをしています。
今シーズンはコットン70%・リネン30%を用いた綿麻素材のギンガムチェックとコットン100%の先染めインディゴの
2色を展開。ギンガムチェックはチェックが細かすぎず・大きすぎずで1枚で着た時の存在感が抜群で
何かを重ねて着るというよりも、シャツをメインとしてざっくりとしたコートを羽織るくらいの着方がお勧めです。
ギンガムチェックは可愛らしくも見えてしまいがちな柄ですが、僕自身はボトムスの合わせ方が重要だと感じていて
細身のパンツなどを組み合わせるよりも、ずどんとしたワイドシルエットのパンツで着て頂きたいです。


フロントの釦は、感覚が広めに設定をされていて、一番下の釦は上目に付いているので裾の振れが大きく見えます。
左胸にはパッチポケット、大き目の貝釦がシャツのデザインとしても一役かっています。
独特の抜け感がnisicaらしさでもあるのですが、単純に男らしく見える恰好良さというよりも、柔らかな空気が
着る人を包み込み、個性やキャラを惹き立たせてくれるようなシャツだと感じています。
ある程度年齢を重ねた男性がギンガムチェックを渋く着熟していたら、それは格好良いだろうと思います。


首元が窮屈になり過ぎないのがガンジーネックの特徴。
インナーにはクルーネックやモックネックのカットソーが好相性に思います。
綿麻素材はお洗濯にも強く、着て洗ってを繰り返す事でよりふんわりとした生地感にどんどん変化をしてきます。
日常着としては最適な素材で、旅行などに行く際にも麻が入ることで温度調整がし易く、そこまで天候にも
左右されることなく、1枚でコーディネートが完成するデザインのシャツはきっと重宝をするはずです。


何処か懐かしくも感じるデザインで、これだけ世の中の動きが早くなろうとも昔と変わらずにずっと同じ物を作り続ける
意味や大切さを気付かせてくれる数少ないブランドでもあります。自分自身も年齢を重ねるにつれて洋服の着方をより
意識するようになりました。格好良くなりたいという気持ちは持ち続けていますが、それ以上に気持ち良い肌触りや
動きが制限されにくくリラックス出来るパターン、人が見て不快にならない着こなしなど、nisicaの洋服に袖を通す度に
改めて思う事が多々あります。着る方によって性別や年齢、雰囲気なども其々に異なると思いますので、自分に見合った
着方や合わせ方を見つけて頂けたら嬉しいです。

color       インディゴ 

price       15000+TAX  

SIZE       1    /    2    /    3    /    4

もう一色は先染めのインディゴ。
これからの季節には無くてはならないカラーで、色落ちしたデニムや白のパンツなどに合わせて頂きたいです。
季節感を大事にするというのも洋服の醍醐味。ベーシックな着合わせ、シーズンに合わせた着合わせ、どちらも
楽しめるようになると1枚のシャツに大きな広がりが出て、出掛ける事がより楽しくなってくると思います。


人と洋服との距離を程良く保とうとする感覚がnisicaの洋服にはあると思います。
一見するとベーシックに見えるアイテムも、袖を通すとイメージとは違う感覚や案外エッジが効いていたりして、
良い意味のギャップも心地良かったりします。そういった部分も含めて、自分から洋服に近づいていこうとする意識や
着方が出来るようになってくると、本当の意味でのnisicaらしさが出てくるのではないでしょうか。
僕自身もずっと欲しかったギンガムチェックのガンジーシャツをようやく手にしたので、春の暖かな日差しの中で
シャツをさらりと着られる日を、今か今かと心待ちにしています。

PageTOP