定休日のお知らせ


明日25日(水曜日)は、定休日となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

4月24日


MITTAN    SH-16 ラオスコットンロングシャツ

color       藍×グァバ×イモ

price       37000+tax 

SIZE       2    /    3


数日前の夏を感じるような暑さはどこへやら・・・。一日中、曇り空と雨の花冷えの盛岡。
この先の長い連休にはまた暑くなりそうですが、一日で10℃近い気温差がある気候が続く気がしております。
盛岡に住んで7年目になりますが、これだけ毎日の気温差の大きい地域で過ごしていると、素材や保温性、
用途の違う羽織物を何種類持っていても困らないというか、逆にある程度のバリエーションがないと
対応出来ずに体調を崩してしまったり、ストレスに感じてしまうのではないかと考えてしまいます。
MITTANが作る羽織物は糸の段階からブランド独自で開発。
オリジナルのファブリックを作製して贅沢に使用しているアイテムが多数あります。
今季オーダーしたモデルはラオスで手紡ぎされた糸を草木染で染色。ざっくりとして不均一な糸を手織り機で
じっくりゆっくりと織る事で力強さと柔らかさを併せ持ち、見た目にも色鮮やかなグラデーションが生まれます。
着物などからパターンやインスピレーションを沸かせて作製されているカタチですが、無理と無駄のない
自然に落ち感の出る佇まいはわざとらしい感じが一切なく、背景があるものから作られている事が良く分かります。
男性・女性に関係なく、いつも着ているようなカジュアルな服装に過剰に意識せずにさらりと合わせて頂きたい1枚です。

color       藍×タイコクタン

price       37000+tax 

SIZE       2    /    3


着用しているのは、藍染めした糸と、マクルゥア(タイコクタン)と呼ばれる木の実を潰して抽出される液体で
染色をされた糸(黒とグレーの中間くらいの色合い)で織られた生地で、紺色とグレーが幾重にも重なりあって
生まれる色が特徴。自然光に当たると、色の奥行きをより実感出来ると思います。
生地の厚みは厚すぎず、薄すぎずで、厚手のスウェットを着てもストレスにならないくらいのパターンで作製。
これからは薄手のカットソーやシャツなどの上から、さらりと羽織って頂きたいです。
サイズ感に関しては、ジャストサイズで着るよりも少し生地がふんわりとなるくらい余裕を持たせた着方がお勧めです。


少しずつですが、この手のシルエットのアイテムを男性にも手に取っていただける場面が増えてきたので
嬉しく思っております。どう着れば力が入り過ぎずに、けれども物の力にも負けずにという着方が出来るのか・・・
MITTANの洋服に袖を通す度に思う部分です。
あんまり考え過ぎずに普段の服装にリラックスして着るのが結局一番良かったりします。
着慣れるというのも重要で、少しの違和感や今、全然合っていないと思っても時間が経つにつれて
好きになる可能性もあると思いますので、長い目で見てタイミングで袖を通してみていただきたいです。


肩はラグランスリーブを採用。最近はもっぱらラグランスリーブに心が奪われてしまいます。
可動域をしっかりと確保出来ているので、とにかく動き易く、旅などに着て行くのにもお勧めしたい1枚です。
新幹線や飛行機などの移動中も軽い掛布団みたいな役割を果たしてくれるので、僕自身はとても重宝しています。


首元はショルカラーの様なディティールでボリュームがあり、左右に大き目のパッチポケットが付きます。


後姿がすっきりとしていて、生地の使っている分量に対してのボリュームを感じる事は殆どありません。
手織りならではの空気を多く含んだ生地は、袖を通す度に日常に少しの喜びを感じさせてくれるはずですし、
少しずつ自分のものになっていく過程を楽しんで頂けると思っています。
生地が擦り切れるくらいまで、愛着を持って着続けていって頂きたいと思える素晴らしいコートです。
男性・女性に関係なく、是非袖を通しにいらして下さい。
ゴールデンウィークあたりは半袖のカットソーに羽織ると日差し避けにもなり丁度良いと思います。

4月23日


veritecoeur    プレミアムシャンブレーサスペンダースカート

color        Cream

price        24000+tax 

SIZE        F


週末は、暑すぎるくらいの良い天気と桜のピークと紺スタが見事に重なりまして、たくさんの方が街中に
出られていて、朝から夜まで街が賑わっていました。あまりにもいきなりすぎやしないかと思ってしまう程、
一斉に解放された光景は、どこかゆらゆらして見えて不思議でしたが、今週はすーっと気温も戻ります。
花曇りに、しとしと雨か。
歩けば梅や葉桜・枝垂れ桜の美しい姿や、草花の香りが漂い、足を留めたくなる景色にきっと出逢えますので、
平日ゆっくり紺スタしながら歩かれてみるのも良いかと思います。
移り気な天候に自分達も左右されながら、店内もあれこれ入れ替えたり、着せ替えたりしていますが、
気温上昇と共に、ちょっと涼しげな服にも手が伸びたのではないかと思います。
ふと目に留まったスカートが生地感は今まさに丁度良くて、お出掛けにも着て行きたくなるなぁと感じました。
今季のveritecoeurのCOLLECTIONには、サスペンダースカート・ジャンパースカートなど、きゅっと掴まれる
アイテムが多くあって自然と心も弾みオーダーしました。
店頭にすでに並んでましたが、引っ掛けてあるより着用した方が俄然形が良いので、本日ご紹介です。


取り外し可能な同布のサスペンダー付きスカート。
サスペンダーの長さは前後どちらも二段階で長さ調節ができ、身長問わずに腰の位置が変わる事で、
着用時の印象もちょっと違って楽しいです。
ウエストもゆったり目に設定されているので、インに合わせるトップスが多少厚みがあったとしても、
余裕を持ってタックイン出来ますし、着丈の長いカットソーなど合わせてゆるゆると着るのも良い感じです。
肩ひもは後でクロスさせた姿が個人的には好みですが、両肩にそのまま真っ直ぐ持ってきて留めても良いのと
腰にベルトループも付いているので、肩紐は外してお持ちのベルトを締めて吊らずにスカートのみで
履く事も出来ます。元々のデザインが好きで選んだとしても、気分が変わってしまう事はありますし
そんな時に、シンプルなスカートとしても履けるという点は、単純におおっ!と嬉しくなります。
そこまでアレンジが効くデザインにしている所も、コーディネートが上手なveritecoeurらしいですし
様々な着方を楽しんで欲しいという気持ちが伝わってくる服だなと思います。


生地は先にも書いたように今の気温に丁度良い厚みで、縦にコットン糸・緯糸にはウールとリネンを交互に
打ち込んだ先染めのシャンブレー生地です。ウール感は殆ど無いのですが、しなやかでハリのある生地の中に
ふわっと微かに暖かみを感じさせる、柔らかさと強さを兼ね備えた気持ちの良い素材。
同素材のプルオーバーとセットアップで着ています。
Creamの色目は光の加減で若干透けるので、写真ではインナー用のパンツを合わせていますが、レギンスやタイツ
デニムなどのボトムを重ねても良いですし、veritecoeurからも重ね着を楽しめるペチスカート出ていますので、
淡い色目だからこその着こなしを、探してみていただけたらなと思います。

color        Gry

price        24000+tax 

SIZE        F


色違いのGryはこれから時期でも重くなり過ぎない、適度に明るさを含んだ灰色。
淡くふわっとなり過ぎず、もう少しカジュアルなイメージで着たいという方にはボーダーカットソーや
無地のシャツに、上からパーカや薄手のジャケットやコートなどの羽織を合わせても良いと思います。
タイツと革靴で足元を引き締めれば、グレーの色目とも相まってシックな着こなしにもなりますし、
キャンバススニーカーとスカートのさらっとした何気ないスタイルは飽きずに楽しめます。


サスペンダーが付く事で、ゆったり目ですがウエストのサイズもそこまで気にせずに着られるので、
普段スカートのサイズが中々合わないという方にもお勧めですし、細身の方も、長身の方にも
着る人の体型そのままに、見え方が違ってて良いスカートですので、吊ってみたりベルトをしたり
好きな着方を見つけていただけたら良いなと思います。
よくよく見ると、裾には生地の耳が使われていたり、前面に出てこない隠れた可愛さもポイントです。
普通のスカートとしても履ける、サスペンダースカート。
頻繁に出逢うことはそう無いデザインだと思うので、ぜひお試しくださいね。

4月21日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRCKET ♯1

color       INDIGO 

price       28000+tax 

SIZE       Ⅱ    /    Ⅲ

今日からもりおか 中津川 まち歩き スタンプラリー 略して「紺スタ」がスタートします。
まち歩きには少し暑いくらいの気候で、色々なお店を巡りながら盛岡という街の新たな発見をして頂ければと思います。
rasikuも2年連続で参加をして、スタンプも新調しており満足の仕上がり。そちらはお楽しみという事で。
STYLE CRAFT WARDROBEから今シーズンの新型となるシャツとジャケットを掛け合わせた様なデザインの羽織り物
″SHIRCKET ♯1″が入荷をしています。
展示会で見た際に、コートやジャケットよりも気軽に羽織れて、くるっと丸めて持ち運びがし易いという点と
インナーにカットソーは勿論ですが、ラペルを活かした着方でバンドカラーや小振りな衿のシャツに合わせて
ライトなジャケットとしても代用が出来るので、少し崩したジャケパンスタイルや食事やデートなど行く際にもお勧めです。
今まで在りそうで無い部分をカタチにしたシャケットは、様々な場面で活躍する1枚になると思います。


フロントは3つ釦で主張し過ぎないラペルが付きます。あえてスタンドにして着るのもありだと思います。
左胸にパッチポケットが1つ、裾はゆるやかにラウンドしてバックスタイルにベントなどは一切無く
フラットで直線的なシルエットになります。
袖はシャツカフスの仕様で、ジャケットとシャツのディティールを其々に組み合わせて作製されていて
デザインソースが特にある訳ではないので、何かに例えたり言葉で表現するのが難しい洋服だと思っています。
僕自身も展示会で見て袖を通す事で純粋に着てみたいと思いましたし、ぱりっとしたコットン100%の先染め
インディゴ素材も、ネイビーシャケットの汎用性にぴったりと合う素材だと感じました。


これからゴールデンウィークなどで旅行に出掛ける方が増えてくると思いますが、いつもとは違う雰囲気の良い場所で
食事をするタイミングも出てくると思います。いつもと変わらずにTシャツに短パンやデニムのようなラフな服装も
良いですが気合を入れ過ぎずに、ある程度の身なりをして行くというのも大切な要素だと思います。ちょっとした場面で
″SHIRCKET ♯1″はとても重宝するはずです。僕自身も出張などで遠出をした際に、行った事の無い場所でどんな雰囲気かも
分からない場合に気軽に着れるジャケットを持っていて損はないですし、カットソーにさらりと羽織るだけで
だいぶイメージが変わります。窮屈なシルエットでストレスを感じるジャケットですと着る気持ちも若干薄れるのですが
リラックスした着心地の洋服は、自然に着たいと前向きにな気持ちで手に取れるので、是非一度お試し頂ければ嬉しいです。


気合を入れてお洒落をするというのも必要な部分だと思いますが、程良く力の抜けたバランスでブランドなどに拘らず
洋服を着るのが僕自身の理想でもあり、目指していきたい姿でもあります。STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は
素材の持ち味を最大限に発揮する為のパターンであったり、ストレスの少ない着心地を追求したアイテムが多くあります。
初めて手にする方は、独特のシルエットやパターンに多少の違和感や戸惑う事もあるかもしれないのですが
逆に言えば自分自身が、着熟そうとする幅が広いと言い換える事も出来るかと思います。
ちょっとした空間であったり、人と洋服との距離を保つ事で見えてくるバランスがあると思いますので
今までの洋服に対する着方や考え方などを踏まえながら、新しい感覚や全く違うアプローチを受け入れてみるのも
新鮮に感じたり、気付きがきっとあると思います。是非ご自身のワードローブに加えてみては如何でしょうか。

4月20日


FilMelange  KARG

color       BLACK NAVY  

price       20000+tax 

SIZE       4    /    5

color       BISCUIT 

SIZE       4    /    5


今日は朝から神子田の朝市に参戦。
ばっけ・ばっけ味噌が各店に並び、山菜に野菜、色鮮やかな花など人の出も多く活気がありました。
初めてとなる″みよちゃんラーメン″を食し、朝から素朴な味のラーメンに元気をもらった気がします。
寒さが和らぐと自然と朝から動きたくなり健康的ですね。人の賑わいを感じれるのも嬉しい限りです。
そろそろ、この辺りの商品が気持ち良く着れるシーズンになってきたのではないでしょうか。
FilMelangeから、今シーズンの新作となるベストと作務衣の2型届いています。
僕自身は気温がまだ安定しない気候に、シャツやカットソーだけでは不安になる時に自然と手が伸びるがベストです。
着る人と着ない人が完全に分かれるアイテムですが、着れないより着れた方が洋服を楽しめる幅が増えると思います。
ベストと言っても素材やカタチなど様々ありますが、FilMelangeが作るのはプルオーバータイプのニットベスト。
伸縮性に優れて肌当たりが良くて脱ぎ着がし易く、見た目においても柔らかな印象を与えてくれる1枚。
ニットならではの繊細な糸の風合いや編地も綺麗な印象を与えてくれます。
単純にカットソーに組み合わせるだけで、カジュアルな印象ががらりと変わって紳士的な印象になるので
シャツなどを組み合わせるとより一層雰囲気が良くなるので、色々と試しながら着て頂きたいです。


今回のニットベスト″KARG″は、ポロシャツなどに用いられる事の多い「鹿の子編み」を採用。
鹿の子編みの中でも、目が大きなものを「鬼鹿の子」と呼ぶそうですが、その鬼鹿の子よりも更に大きな編地で
仕立てる事によって、表面に出る陰影を持たせた立体的で奥行きのある生地に仕立てています。
FilMelangeが独自で開発した編地で「閻魔鹿の子」(えんまかのこ)と名付けています。
こうしたユニークなネーミングも遊び心があって、それでいて素材の開発に力を注ぎ込むブランドらしさが
現れているように思います。しっかりと目が詰まっていて型崩れがし難く、鹿の子の特性として通気性にも
優れているので、これからどんどんシンプルになる服装に、ベストはアクセントとしてもお勧めです。
プルオーバーでしか出せない、たふっとした抜け感のあるシルエットも見逃せません。


前身頃と後ろ身頃とを繋ぐ部分は、縦の編地に変えてヴィンテージスウェットのディティールを踏襲した
リバースウィーブの様なイメージにしています。
シルエットは身頃がゆったりとして、着丈はすっきりとした長さに設定。
丈の長いインナーと組み合わせる事で、バランスが保たれて着易い印象になると思います。
着た時に着丈が短いなと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、意図があり狙ったシルエットなので
色々と着合わせながら、自分なりの落としどころを見つけて頂きたいです。


秋冬シーズンにニットベストを展開するメーカーさんはある程度あるのですが、春夏になると殆ど選択肢がないと
言っても過言ではありません。特にコットンニットのアイテムを着られる方は、そう多くない様な気もしてますが
一度着てみると予想以上の使い勝手の良さに気付いていただけるはずです。
コットンニットを着ると見た目が柔らかで落ち着いた印象に映りますし、年齢を重ねるとシルエットなども大切ですが
それ以上に季節に応じた素材感なども気になってしまいます。
街歩きするのにも良い気候になってきましたので、涼しげな素材感のアイテムを身に付けて、満開の桜を横目に
ブラブラとするのも良いのではないでしょうか。

FilMelange  EVARTS

color       SUMI KURO 

price       26000+tax 

SIZE       3

FilMelangeでは初となる作務衣をモチーフにしたジャケットカーディガン。
ややオーバーサイズで作製し、動いた際に生地のドレープが綺麗に出る様にシルエットを構築しています。
素材は化繊を用いずにコットンのみでジャージー組織を編みたて、つるりとした着心地になるように編地を工夫し、
空気を多く含む様な素材に仕上げています。
rasikuでも今まで作務衣タイプのジャケットやカーディガンを展開してきましたが、ジャージー素材では初めて。
和のテイストが出過ぎずに、けれども作務衣らしさは残しつつ、FilMelangeのラフさも絶妙にミックスされています。
休日にお気に入りのシャツやカットソーにさらりと合わせたくなる1枚ではないでしょうか。


前の合わせはなく、生地の重みで自然と落ちる様な雰囲気になります。
力の入っていないリラックスした感じがFilMelangeらしい部分でもあり、それでいてだらしなく見せないのが
カットソーに特化したファッションブランドならではの成せる業。


左右に大き目のパッチポケット、サイドには大胆にスリットが入ります。
カーディガンよりも袖周りがゆったりとしているので、インナーのもたつきも気にせず着れるメリットがあります。
肩落ちのデザインにゆるやかなドレープは、動きにあわせて緩やかに揺れて、素材の気持ち良さにプラスして、
一層、着心地の良さに繋がります。


作務衣は禅寺の僧侶が雑事を行うときに作業着のような役割を果たす為に作られた衣ですが、展示会で見た際に
日本の文化に根付く洋服からインスピレーションを受け、現代の雰囲気に合わせてモダンに仕上げる事で
今までとも違うカットソーの可能性を広げている様にも感じました。
日中は羽織物がいらないくらい気温が上がっていますが、朝夕はまだまだ手放せない状況が続くと思います。
これから半袖などのインナーを着た際にも、生地が肌に直接触れて気持ちがきっと上がる羽織物になるはずです。
サイズ3のみになってしまいましたが、是非一度袖を通して頂ければと思います。

PageTOP