4月5日

 width=
FUJITO   WIDE SLACKS

color     BROWN

price     20000+tax 

SIZE      30    /    32    /    34


昨日の定休日、ちょうど春の選抜甲子園の決勝戦が行われていた。
勝負事だから、当然ながら勝ち負けの二択しかない状況の中でどちらにも勝って欲しいという矛盾した複雑な気持ちが
芽生えてしまい、勝敗が決まりマウンドで選手が抱き合う姿を見て、心にぽっかりと穴が空いてしまった水曜日の休日。
1つの物事に対して、あれだけの情熱を注げる球児の直向きな姿にがっちり胸を打たれてしまいました。
それに加えて、大谷君のホームラン1号・2号。人間の可能性は無限大ですね・・・
自分も含めて頑張れ!!松坂世代!!と、今日はいつも以上に張り切って店頭に立っています(笑)
FUJITOから、タック入りのワイドシルエットのトラウザーが入荷しています。
日頃はデニム・チノ・軍パンをローテーションで穿いていますが、冬場はウール素材のスラックス、春になると綺麗な
シルエットのトラウザーが気になってしまいます。ワーク系ブランドが作る様な、綿ポリのチープな素材でざっくりとした
直線的なアイテムも嫌いではないのですが、それよりも洗練された雰囲気で、今の気分で穿けるものがあればと思っていた
矢先に展示会で出逢った”WIDE SLACKS”
コットンサージを使った綾の織目がはっきりと分かる厚地のトラウザー。
腰回りやわたりなどはゆったりと設定し、膝から下にかけてきつくテーパードをさせたカジュアルでありながらも
何処か綺麗な部分と洗練されたシルエット。お尻周りが窮屈に感じたり、ラインが細く偏り過ぎているのが苦手なので
“WIDE SLACKS”の足し引きの巧さ、無駄をそぎ落としたバランス感に惹かれました。


フロントはワンタック入るデザインで、横に広がり過ぎずに縦型のシルエットを構築。
センタークリースもきっちりと入っているので、着こなしにメリハリが出るのと同時に気分を高揚させてくれます。
毎日クリースをきっちり入れて穿かなくても良いと思いますが、気分を変えたい日やジャケットなどを羽織った日に
一手間加えるだけで、着こなしが変わります。ちょっとした部分の変化を楽しんで頂ければ嬉しいです。
タックイン、タックアウトどちらのスタイルも良いですが、これから気温が上がってシャツを1枚で着れる様に
になればタックインでの着方が断然お勧め。やっぱりシャツはタックインしてこそ・・・という昔ながらの考え方、
言い方なのかもしれませんが、インシャツは出来ないより出来た方が良いと思います。
パンツとシャツのバランスをより考えるきっかけになるかもしれませんし、最初は着慣れないかもしれませんが
タックインし易いカタチのパンツなので、ぜひ挑戦してみてください。
プルオーバーのシャツやミリタリー物のチノシャツ等を合わせると男らしくて格好良いのではないでしょうか。
何を着るかを考える事も勿論大切ですが、僕はそれ以上にどう着るかを考える事に重きを置いた提案や、
お店で在りたいなと常々思っています。


裾の処理もダブルで仕上げているのもポイントですが、見た目のボリュームがかなりあるのでスタイルに合わせて
調整し直しても良いかと。色に関して言えば”BROWN”は新鮮に感じるカラーで同系色を組み合わせたアースカラーでの
着こなしがお勧め。足元は革靴で合せましたが、もう少し季節が進めばビルケンのサンダルなども良いかと思います。

FUJITO   WIDE SLACKS

color     NAVY

price     20000+tax 

SIZE      30    /    32    /    34 SOLD


もう一色は黒にも近い濃紺の”NAVY”をセレクトしました。
ストレートにマリンスタイルをイメージした組み合わせですが、オリーブ色の軍モノジャケット等をを羽織ると
よりまとまりが出でくると思います。サイズ感に関してもワンサイズアップで、わたりをゆったりと出す着方もお勧め。
横に広がりが出過ぎるパンツだとサイズアップをした際にだらしなく見えがちですが、縦にシルエットが出るパンツに
関しては、だらしなさが軽減されるので自分のイメージするシルエットに合うサイズを選んで頂きたいです。
自分の適性サイズをきちんと踏まえた上で、あえて崩したスタイルをしている方は格好良いと思います。
固執し過ぎないという事も洋服を愉しむ上では大切な事の1つではないでしょうか。


パンツを格好よく穿きこなす為には、様々なシルエット・素材感の物をある程度の時間をかけて穿きこんでいく必要
があると思います。その間に体型も変わってきてしまいますし、洋服の着こなしも年齢と共に変化をしてくるはず。
自分の中で軸をしっかりと持つ事と、それに対してぶれながら色々と挑戦していく事が重要に感じています。
トップスも大切ですが、それ以上にパンツの選び方、サイズ感や丈の合わせ方、靴との相性などのバランスを重視する方が
圧倒的に着こなしの幅は増えてくると感じています。
これから徐々にトップスが軽くなり、組み合わせるパンツのバランスも大きく変化するタイミングですので
新しいシルエットや素材感に挑戦してみては如何でしょうか。
最初は上手くいかない事も多いかもしれませんが、そういった経験をする事が何よりも大切です。
ぜひお試しを。

PageTOP