4月21日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRCKET ♯1

color       INDIGO 

price       28000+tax 

SIZE       Ⅱ    /    Ⅲ

今日からもりおか 中津川 まち歩き スタンプラリー 略して「紺スタ」がスタートします。
まち歩きには少し暑いくらいの気候で、色々なお店を巡りながら盛岡という街の新たな発見をして頂ければと思います。
rasikuも2年連続で参加をして、スタンプも新調しており満足の仕上がり。そちらはお楽しみという事で。
STYLE CRAFT WARDROBEから今シーズンの新型となるシャツとジャケットを掛け合わせた様なデザインの羽織り物
″SHIRCKET ♯1″が入荷をしています。
展示会で見た際に、コートやジャケットよりも気軽に羽織れて、くるっと丸めて持ち運びがし易いという点と
インナーにカットソーは勿論ですが、ラペルを活かした着方でバンドカラーや小振りな衿のシャツに合わせて
ライトなジャケットとしても代用が出来るので、少し崩したジャケパンスタイルや食事やデートなど行く際にもお勧めです。
今まで在りそうで無い部分をカタチにしたシャケットは、様々な場面で活躍する1枚になると思います。


フロントは3つ釦で主張し過ぎないラペルが付きます。あえてスタンドにして着るのもありだと思います。
左胸にパッチポケットが1つ、裾はゆるやかにラウンドしてバックスタイルにベントなどは一切無く
フラットで直線的なシルエットになります。
袖はシャツカフスの仕様で、ジャケットとシャツのディティールを其々に組み合わせて作製されていて
デザインソースが特にある訳ではないので、何かに例えたり言葉で表現するのが難しい洋服だと思っています。
僕自身も展示会で見て袖を通す事で純粋に着てみたいと思いましたし、ぱりっとしたコットン100%の先染め
インディゴ素材も、ネイビーシャケットの汎用性にぴったりと合う素材だと感じました。


これからゴールデンウィークなどで旅行に出掛ける方が増えてくると思いますが、いつもとは違う雰囲気の良い場所で
食事をするタイミングも出てくると思います。いつもと変わらずにTシャツに短パンやデニムのようなラフな服装も
良いですが気合を入れ過ぎずに、ある程度の身なりをして行くというのも大切な要素だと思います。ちょっとした場面で
″SHIRCKET ♯1″はとても重宝するはずです。僕自身も出張などで遠出をした際に、行った事の無い場所でどんな雰囲気かも
分からない場合に気軽に着れるジャケットを持っていて損はないですし、カットソーにさらりと羽織るだけで
だいぶイメージが変わります。窮屈なシルエットでストレスを感じるジャケットですと着る気持ちも若干薄れるのですが
リラックスした着心地の洋服は、自然に着たいと前向きにな気持ちで手に取れるので、是非一度お試し頂ければ嬉しいです。


気合を入れてお洒落をするというのも必要な部分だと思いますが、程良く力の抜けたバランスでブランドなどに拘らず
洋服を着るのが僕自身の理想でもあり、目指していきたい姿でもあります。STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は
素材の持ち味を最大限に発揮する為のパターンであったり、ストレスの少ない着心地を追求したアイテムが多くあります。
初めて手にする方は、独特のシルエットやパターンに多少の違和感や戸惑う事もあるかもしれないのですが
逆に言えば自分自身が、着熟そうとする幅が広いと言い換える事も出来るかと思います。
ちょっとした空間であったり、人と洋服との距離を保つ事で見えてくるバランスがあると思いますので
今までの洋服に対する着方や考え方などを踏まえながら、新しい感覚や全く違うアプローチを受け入れてみるのも
新鮮に感じたり、気付きがきっとあると思います。是非ご自身のワードローブに加えてみては如何でしょうか。

PageTOP